連続真夏日!気温上昇で熱中症対策!猛暑日との違いは?

毎日暑いが続いておりますよね?
まだ6月が始まったばかりなのに
気温上昇で異常な暑さですよね?

急な気温上昇でここ数日間連続で
真夏日を記録しております。

先日もニュースにて熱中症で
お亡くなりになった人が、いたと
テレビで放送されてましたよね!

真夏日が原因で熱中症になる事が、
多いので調べて行きますね!

Sponsored Links

真夏日とは?

真夏日と猛暑日の違い

とても暑いを真夏日と言いますが、
定義を知ってますか?

真夏日は、1日の最高気温が、
30℃を超えた日の事をいいます。

更に1日の最高気温を35℃を超えると
猛暑日になります。

このように真夏日と猛暑日の定義は、
当日の最高気温で変わります。

又1つ新しい知識が身に着いたので
子供に聞かれてもこれで安心ですね!

熱中症対策

私の仕事は、外回りも多く昨日は、
かなり暑さを感じましたよ!

カバンの中には、ミネラルウォーターを
凍らせて入れてまめに水分補給をして
なるべく日陰を歩いてます。

あとハンカチではなく小さいタオルを
持っていると大変便利です。

こんな感じで私自身仕事の時は、対策してますが、
一般的には、どんな熱中症対策があるのでしょうか?

5つのポイント

・暑くなる日は注意をする
・水分をこまめに補給
・『おかしい』と思ったら病院へ行く
・周りの人にも気配りをする
・高齢者の方は上手にエアコンを使う

こうやって5つのポイントを見ると
結構簡単に熱中症対策ができすよね?

この5つのポイントを守る事により
熱中症のリスクを簡単に軽減する事が、
可能になりますよね!

水分をこまめにとるのが最も重要で
ここを外さず日陰を心掛ければ
ほぼ対策ができてしまいます。

実際にお亡くなりになる方もいる
熱中症ですが、意外に簡単対策
できるんですよ!

5つのポイントを頭に入れて対策を
して行きましょう!

Sponsored Links

最後に

熱中症対策

連日真夏日・猛暑日のニュースが、
テレビで放送されております。

驚いたのは、北海道で猛暑日36.5℃
ニュースです。

フェーン現象によるもので北海道で
この気温は、驚くしかありませんね!

北海道で熱中症対策?と思う方もいると
思いますが、道内では、熱中症への注意を
呼びかけているようです。

日本列島全体で暑い日が続きますが、
熱中症対策5つのポイントを心掛け
対策をして行きましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ