子供が熱中症!予防と対策は?症状を徹底解説!

梅雨だと言うのに毎日暑いですよね?
雨が降って日差しがなくても梅雨独自の
暑さを感じますよね~

暑い時に最も注意しなければいけないのが、
熱中症対策ですよね~

大人の場合自己の判断でいくらでも対策素を
する事が、可能ですが、子供の場合自己判断が、
上手にできません。

我が家の娘もほっておくといつまでも
遊び続けるのです。

親がしっかり熱中症について理解をして
子供を守るのは、重要ですよね!

子供の熱中症対策について徹底的に調べ上げて
子供を守りたいと思います。

Sponsored Links

熱中症の症状は?

子供熱中症対策

熱中症の症状を見落とすと大変な事に
なってしまいます。

何故かと言うと熱中症は、
重症の場合最悪死亡してしまう例が、
多いからです。

真夏日や猛暑日の次の日は、悲しい
ニュースが多いのはご存じですよね?

重症の場合は、体が全く動かなくなり
本当に起きる事ができなくなるとの事です。

実際に重度の熱中症を経験をした
クライアントの従業員さんが話を
してくれました。

熱中症が重傷の場合最悪死亡する事もある

こんな事からも熱中症対策は重要ですよね!

熱中症の症状は3段階に分かれる

熱中症は、症状の程度が3段階に分かれます。

熱中症の症状は、軽症・中等症・重症の3段階に分かれる

熱中症の症状を段階で理解する事によって
万一子供が、熱中症になった場合でも早い
対応が、可能になります。

熱中症で最も重要なのは、症状が出た場合の
早い対応が重要です。

それでは順を追って調べて行きましょう!

軽症

軽症の症状は、

◆ めまい・失神・立ちくらみ
◆ 気分が悪くなる・ボーっとする
◆ 筋肉痛・筋肉の硬直・筋肉のこむら返り
◆ 大量の発汗・汗が止まらなくなる

などがあります。

暑い日はめまいとか立ちくらみを感じる事も
あると思いますが、これって熱中症の軽症に
なるのでこんな症状が出ても我慢していると
更に悪化してしまうので注意が必要です。

中等症

中等症の症状は、

◆ 頭痛、気分の不快
◆ 吐き気・嘔吐
◆ 倦怠感・虚脱感・体のだるさ
◆ 意識がおかしく感じる

などです。

軽症に比べて更に悪化すると上記の
症状になります。嘔吐をした時等は、
かなり悪化している状態です。

速やかに対策をして行く事を
おすすめします。

重症

重症状態は次の通りですが、ここまで行く前に
絶対に対策して下さい。

◆ 意識障害
◆ 体がひきつける、けいれん
◆ 手足の運動障害、真直ぐに歩けない・走れない
◆ 高体温、体が熱い

などです。

重症の症状が出た場合は、素人判断は、
絶対に危険です。速やかに救急車
呼びましょう!

Sponsored Links

熱中症対策

◆ 暑くなる日は注意をする(天気予報を見て予測をする)
◆ 水分をこまめに補給
◆ 帽子をかぶって遊ぶ
◆ 長時間炎天下の中で遊ばせない
◆ 常に子供の様子を見ている
◆ おかしいと思ったら病院へ行く

私達家族は、外で遊ぶのが大好きです。

夏は海周辺で遊ぶ事が多いですが、上記対策の
水分をこまめにとり必ず帽子をかぶる事そして
長時間炎天下の中で遊ばない事
を心掛ける事に
より熱中症の軽症になった事もありません。

ある程度子供の様子を見ながら遊んでいれば、
熱中症は、心配ないと思っております。

最後に

子供熱中症対策まとめ

どんな病気でも考え方は、同じですが、
やっぱり病気にならない予防と対策が、
重要ですよね?

我が家の娘を見ていてもそうてすが、
子供って遊ぶ事に対しての集中力は、
本当に凄いと思います。

一旦遊び始めるとほっておくと永遠に
遊び続けてしまいます。

炎天下の中長時間遊んでいると熱中症の
リスクが高くなりますよね?

だからこそ親がしっかり子供の様子を
見ている事が重要です。

逆にこれさえしっかりやっていれば、
熱中症は、全く恐くありません。

子供の熱中症をしっかり理解して
楽しい夏のレジャーをしましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ