蚊対策は虫よけスプレーが良いの?刺されない為の5箇条!

3月になり温かい日も多くなって来ましたが、温かくなると蚊が出現れる時期になりますよね!蚊に刺される事が苦手で娘達もまだ幼い為に我が家では、色々な蚊対策をしております。

特に虫よけスプレーにはこだわりがあり昨年まで色々な虫よけスプレーを使って一番効果がある虫よけスプレーが見つかりました。

蚊の対策と虫よけスプレーについて紹介をして行きます。

Sponsored Links

蚊に刺されない為の5箇条!

蚊対策は虫よけスプレー

  • 外出時は必ず虫よけスプレーを使う
  • おでかけカトリスを腰に付けて外出
  • 露出部分を減らす服選び
  • 玄関や窓の近くに蚊取り器を設置し侵入を防ぐ
  • 蚊に刺されたらムヒをすぐに塗る(外出時持参)

我が家では、上記5箇条を心掛けて蚊の対策をしておりますが、外出時の露出部分に関しては、どちらかと言うと露出する服の方が好きなので徹底されておりません。

やっぱり蚊が出現する夏の時期は、なるべく涼しい服装が良いですね?そんな時に役立つのが、虫よけスプレーとお出かけカトリスの最強アイテムなのです。

おすすめ虫よけスプレー

ムシペールα
商品名 ムシペールα
希望小売価格 842円(本体価格780円)
医薬品分類 第2類医薬品
内容量 60mL

今まで蚊が発生する時期に色々な虫よけスプレーを使って来ましたが、付けると蚊に刺される事は、少なくなりますが、刺されるのが現状でした。

そして昨年の盆踊りの時家族で盆踊りに行く際にムシペールαをつけたところ他の虫よけスプレーより効果があり下の娘だけが1ヶ所蚊に刺されただけだったので効果ありと判断出来ました。

ムシペールαに効果がある理由

医薬品の虫よけは、虫よけ成分ディートを12%配合する事が可能ですが、医薬部外品は10%までしか配合できません。

医薬品の虫よけと医薬部外品の大きな違いは、有効成分のディートの配合濃度が違う事でこの違いは、 効き目の強さと持続性は虫よけ成分濃度に比例するので虫よけ成分濃度が、高い医薬品の方が優れた虫よけ効果を持っている事からムシペールαの方が他の医薬部外品の虫よけに比べて効果があるのです。

Sponsored Links

蚊対策外出時最強アイテムセットはこれだ!
  • ムシペールα
  • おでかけカトリス
  • 液体ムヒS2a

外出時にこの3つのアイテムを持参する事で蚊の対策はバッチリになります。蚊に刺されない対策をムシペールα・おでかけカトリスで刺された場合は、液体ムヒS2aで対応をします。

ムシペールα+おでかけカトリスのセットで蚊に刺されるリスクも大幅に低減されるので特に山遊びをする時は、ダブルで使う事により更に効果を発揮します。

最後に

今回紹介をしました蚊に刺されない為の5箇条と外出時の蚊対策3つのアイテムを使う事により蚊の対策は、バッチリです。

蚊に刺される事がこんなにも嫌いになってのが、若い頃伊豆の海に遊びに行き夜の海の家に忍び込み女子と遊んでいる時に蚊にさされた事が原因です。

伊豆の蚊は、生きが良く刺されると痛さで蚊にさされた事がすぐにわかるほどの恐ろしい痛さだった事を今でもはっきりと記憶に残っております。

蚊に刺されるのは、本当に嫌な事ですよね?夏に向けて蚊対策をしっかり行い楽しいレジャーにしましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ