お中元の時期とマナー!関西と関東は違うので注意が必要!

お中元とは、半年間のお礼としてお世話になった方に贈るものです。

親戚(特にお世話になってない場合は不要)や両親(遠隔地で生活している場合は「気にかけている」ことの証という意味も込めて)、会社の上司など、特にお世話になったことに感謝して贈答する慣習です。

表面的には知ってる事もありますが、お中元の時期とマナーそして関西と関東の違いなどお中元について知らない事もあるので今後の為に調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

お中元の時期に関西と関東で違いがある?

お中元の時期とマナー
お中元とは、半年間のお礼としてお世話になった方に贈るものです。親戚(特にお世話になってない場合は不要)や両親(遠隔地で生活している場合は「気にかけている」ことの証という意味も込めて)、会社の上司など、特にお世話になったことに感謝して贈答する慣習です。

お中元を贈答する時期というのは、地方によって風習が異なりますが、ザックリと関東・関西というくくりでみますと、関東では6月中旬から7月上旬、関西では7月中旬から8月中旬が標準です。お中元は上半期の区切りとして、その間にお世話になったお礼として贈るということに関しては、関東・関西ともに同じ意味です。贈答時期が違うのは、関東では上半期を新暦(現在の暦では1月~6月)としているのに対して、関西では旧暦(現在の暦では2月~7月)に準じているからのようです。

これは良い・悪いの問題ではなく、ただ単に風習の違いによるものですので、あまり気にする必要はありません。受け取った側がその時期を見て「この人は関東出身、この人は関西出身だな」と思う程度です。

デパートなどでは、早い時期からお客さんを囲い込むために早々とお中元コーナーを作りますので、その影響で時期が早まっているのかもしれません。

ここで、お中元の贈答時期に違いがあることがご理解いただけたと思いますので、その土地柄、贈答先別に時期選定をしていただけたらと思います。例えば、関西に住む関東出身の人、またその反対の人もいると思います。相手に合わせてお中元の贈答時期を調整してあげると、気配りという点で、他の人よりも印象がアップするかもしれません。

マナーの違い

マナーとしては、前述したとおり関東圏・関西圏で贈答時期が違うという点にまず配慮することと、できれば直接お届けし、日頃のお礼と併せて行うのがベターです。

ですが、仕事の都合がつかないとか、遠方のため直接伺うことができないということは、往々にしてよくあることです。このような場合は、デパートなどの店舗、あるいはネットショップから直接配送されることになります。その場合は、先方にお中元が届く頃合いをみて、お礼状を出しましょう。内容は、日頃の感謝の気持ちとお中元の品物と、どこから、いつ頃届くのかを書いておくと良いでしょう。

なお、職場の上司にお中元を贈る場合は、会社としてルールがあるケースがあるので、それとなく周りの人に聞いてからのほうが無難です。また、仲人さんは一般的に3年贈ればあとは必要ありません。その後も引き続き親密な交流がある場合は継続しても良いでしょう。

お相手が喪中というケースも、日頃の感謝の印ですのでお中元を贈るのは問題ありません。ただし、初七日が明ける前は避けましょう。

次に、お中元を受け取った場合ですが、先述したとおり、お中元は日頃の感謝の気持ちですので、お返しの贈答品は不要です。贈答した側がかえって恐縮してしまいますので、お中元が届いたことと感謝の言葉を添えたお礼状を出すとよいでしょう。

Sponsored Links

お中元でおすすめの品

お中元でおすすめの品物というのは特にありません。基本的にはもらった方が喜ぶものがいちばんのおすすめ品です。最近の傾向としては健康に配慮した食品が多く選ばれているようです。化学物質無添加のハム・ソーセージ、ワイン等ですね。また、季節感のあるものも喜ばれます。素麺セット、ビール等ですね。

お中元は贈った相手、時期、品物・金額をメモしておくと、翌年以降のお中元選びの参考になります。毎年贈ることになりそうな場合は、メモしておきましょう。また、毎年同じものというのも、逆にインパクトがあります。「そろそろ、届くかな?」と期待していたところに、期待通りに届くというのも嬉しいものです。その前に喜んでもらえているか、確認しておく必要がありますが…。

お中元によくある質問をまとめた動画です。

まとめ

お中元は上半期のお礼として、お世話になった人に贈るものです。日頃の感謝の気持ちを込めて、相手が喜ぶ顔を想像しながら贈答品を選びましょう。なお、贈答時期は関東・関西で違うので、注意が必要です。関東は6月下旬から7月上旬、関西はその1ヶ月遅れと覚えておきましょう。

お中元も含めて、人にものを贈るというのは、意外と難しいものです。ですので、自分が相手の立場になって、商品・贈答時期を選ぶのがおすすめです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ