由比ヶ浜花火大会!2015年の日程と時間は?穴場スポットも紹介!

昭和24年から続いている、今年で第67回を迎える鎌倉の花火大会は、由比ヶ浜海岸と材木座海岸で行われます。鎌倉花火大会の呼び物は、沖合を走る花火船から投げ入れられる水中花火です。

その他にも、有名な花火業者の花火や花火玉購入者のメッセージとともに打ち上げる「サポーター花火」など、話題が多い花火大会で、総数で約2500発が打ち上げられる予定です。

Sponsored Links

日程・時間

由比ヶ浜花火大会 2015年
由比ヶ浜花火大会は、例年ですと、7月23日に開催されています。今年の開催も、7月23日、木曜日に実施される見込みです。

休みの日ではないので、それほど混まないと思っていると、思わぬ混雑や渋滞に巻き込まれる恐れがありますので、用心が必要です。

花火が打ち上げられる時間は、19時20分から20時10分の間の50分位の予定です。

規模

見物客は、毎年15万人以上が集まり、鎌倉では一番のイベントになっています。例年の打ち上げ花火の数は2500発以上で、例年の打ち上げ時間は50分位ですので、今年も例年の規模で実施されると思います。

他では見られない水中花火や、打ち上げる花火を購入することにより、花火観覧席がもらえたり、パンフレットに名前が記載されたり、花火玉のレプリカがもらえたりする、「サポーター花火」という独特の制度もがあり、人気があります。

有料観覧席はあるの?料金やチケット入手方法

由比ヶ浜花火大会は、毎年有料席が500席準備されています。このチケットは、税込み5500円で、全席が指定席になっています。

席の希望などは出来ませんが、特等席で観ることが出来て、場所取りに難儀することがありませんので、おすすめです。チケットは鎌倉市の観光協会公式ポータルサイト「鎌倉INFO」からネット注文か電話で注文出来ます。

見どころ

由比ヶ浜花火大会は、海岸で行われ障害となるものが無いので、海上に上がる大パノラマのような、空いっぱいの花火の姿を見ることが出来ます。

見どころは、船から海上に投げ入れられる珍しい水中花火で、水面に花が咲いたような光景が見られますが、その他にも様々な花火を楽しむことが出来て、バラエティーに富んでいます。昼は鎌倉観光を楽しんで、夜は花火というプランも宜しいと思います。

2013 鎌倉花火大会(動画)

会場へのアクセス

鎌倉花火大会の開催は由比ヶ浜海岸・材木座海岸で行われ、最寄りの駅はJR横須賀線の鎌倉駅から15分くらいの所になります。

江ノ島電鉄の由比ヶ浜駅か、和田塚駅より徒歩で5分位なので近い距離
です。

ただ、例年由比ヶ浜駅・和田塚駅は非常に混雑するので、電車が来ても乗れない可能性があります。ですから、最初からJR鎌倉駅に向かい、そこで電車を待つのが良いと思います。

Sponsored Links

場所取りにおすすめのスポット

花火会場は由比ヶ浜ですが、由比ヶ浜の西側に歩いて行くと人が少なくなってきます。花火の打ち上げ場所からは少し遠くなりますが、会場付近の混雑から逃れることが出来ます。最寄り駅は由比ヶ浜駅の隣の長谷駅となり、帰宅の際も由比ヶ浜よりは混まないのでおすすめの穴場であり、安心です。

材木座海岸を東に歩いて行くと、やはり人が少なくなってきますので、穴場です。披露山公園は、披露山の山頂が100m足らずの少し高くなっている場所にあり、花火を楽しめる穴場スポットです。

リビエラ逗子マリーナや大崎公園、披露山公園は、かなり離れていて、車がないと遠すぎるので、あまり評判が良くないようです。

まとめ

2015年 由比ヶ浜花火大会
由比ガ浜花火大会は、由比ガ浜海岸・材木座海岸という海岸で開催されるので、ロマンチックな雰囲気が漂い、カップルで楽しむことも出来る、美しい花火大会です。

水中花火という、独特の海上の花火が見ものであり、また「サポーター花火」による打ち上げ花火の購入という試みも、面白いと思います。

都会の喧騒を離れて、広々した由比ヶ浜海岸・材木座海岸で、海岸の花火を楽しむことも、楽しいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ