足臭いの原因は?夏に向けて靴の中が蒸れる!対策も紹介!

梅雨の季節は湿気が多くなり、家の中にはかびやダニが発生しやすくなりますし、身に付ける衣類も湿気を含み蒸れやすくなります。

足臭いの原因は、汗と細菌に関係があります。足の裏は、他の体の部分に比較するとおよそ3倍以上の汗腺があり、大量の汗をかくと言われており、汗と細菌の発生に要注意です。

今回は、臭いの原因、靴の中が蒸れる理由、靴と足の臭いの関係、対策について紹介します。

Sponsored Links

臭いの原因

足臭い
足の臭いの主な原因は、足に繁殖してしまったバクテリアなどの雑菌です。

足は、汗をかくと、靴や靴下の中が蒸れます。この時の汗や皮膚の角質がそのまま放置されると、雑菌が増えてきて、古い角質などの成分を分解する時に嫌な臭いを生じさせるのです。

臭いを防止するには、日頃から足を清潔に保つことが必要ですが、清潔にしていても、緊張や不安、興奮やストレスなど、精神的な発汗で蒸れてしまう場合もあります。

足の臭いが気になる季節

靴の中が蒸れる理由

足のムレを防ぐことで重要なのは、靴下の選び方です。

靴下は、足に直接触れるので、なるべく蒸れにくい綿とシルク、ウール等天然素材の繊維との混紡製品を選ぶことが必要です。

綿100%の靴下は、吸収性には優れていますが、汗を発散する性質が低くムレやすい傾向があります。吸収・発散性が良い、混紡の製品がおすすめになります。

また、ストッキングを履く時は、デオドラント効果のあるものを選んで、外出先で日に2・3回程履き替えれば、靴の中の湿度を下げ、防臭効果を期待できます。

靴と足の臭いの関係

靴は、密閉性が高く、特にブーツは通気性が悪く、高温多湿になり蒸れやすくなります。一足の靴を毎日履くことは、汗と雑菌を溜め続けることになり、臭いの原因になります。

普段履く靴を3足以上準備して、毎日履き替えて、履かない日は風通しの良い場所で陰干しをすることで、汗は渇き蒸れが解消されて、雑菌・臭いの防止になります。

また、汗を吸収する中敷きを入れることも有効です。特に、速乾性に優れているヘチマでできているものや、抗菌加工や緑茶成分が含まれるインソールを使用すると効果的です。

中敷きも靴と同様に、3枚以上用意して、日々変えて使用するのが宜しいと思います。市販されている脱臭剤を靴の中に入れるのも効果が期待できます。

Sponsored Links

対策

まず足洗いですが、清潔さを保つことが対策の一番ですが、保湿成分が多いボディーシャンプーなどを使わずに、殺菌効果の高い固形石鹸、または素足専用シャンプーを使うことがおすすめです。次に、足の雑菌によって足の臭いの素になる古い角質を手で落とします。

熱めのお湯に酢を一杯入れて足湯をします。これで、血行促進になり、雑菌を抑えます。家では出来るだけ素足で過ごし、足の蒸れを防ぎ臭いや水虫の発生を避けられます。

次に靴についてですが、天然の革靴は、合成の革靴に比べて通気性が良いのでおすすめです。靴は、メンテナンスが大事で、脱いだら消臭・殺菌スプレーをしてシュードライを入れます。

靴を3足以上持ち、1日履いたら2日休ませてメンテナンスを行うのが良いと思います。下駄箱を、活性炭や生石灰を使用しての消臭と乾燥を行います。

まとめ

足匂い男
足を洗う時はボディーシャンプーではなく固形の石鹸を使うこと、靴は合成ではなく天然の革製の靴を使用することなどが、足の臭いの予防に繋がります。

足の角質を手できれいに落とすことも、雑菌の発生を防ぐことに繋がります。また、靴を3足以上準備して、毎日変えることでメンテナンスを行うことが出来ます。

今まで使用してきた自然の足の洗剤や革製の靴を使用することや、靴を毎日変えてメンテナスをすることが足の臭いの予防になるということは、意外に簡単だが、こまめに足の臭いの防止に努める意識が非常に大切だということだと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ