夏バテの原因と対策!暑いナツの猛暑を乗り切る為の方法はコレ!

暑い時期は、身体を上手くコントロールして乗り切りたいものです。しかし、高温多湿の夏の負担に身体が耐え切れず、夏バテの状態になる危険性はあります。

今年は、夏バテをしないで快適な夏を過ごすために、夏バテの防止を心がけましょう。夏バテとは何か、夏バテの体験談、夏バテの原因、対策などにつきまして紹介します。

夏バテとは?

夏バテ対策
人の体は、温度や湿度の変化に対応して、体温を一定に保とうとしますが、特に日本の夏のような高温・多湿な状態では、必要以上のエネルギーを消費して大きな負担を強いられます。

大抵は、夏の負担に耐えられるのですが、負担が大きすぎたり負担が続いたりすると、身体が暑さに対応しきれなくなり、熱が出たりだるくなって胃腸の働きが弱くなってきます。

この無理が続き身体が不調になった状態を夏バテと呼びます。

夏バテの体験談

毎年のように夏バテをしていたが、生活習慣を改善した方からの体験談です。

小学生からスポーツをしていますが、夏は暑いので飲み物ばかり飲んで、食事が取れなくなり夏バテしていました。何度か熱中症も経験したので、生活を見直すことにしました。

一番の、飲み物ばかりを大量に飲むことを見直し、一口含んでからゆっくり飲む癖をつけるようにしました。また、ペットボトルなどの大きな入れ物を、小さな入れ物に変えました。これで少量を飲むようになりましたが、脱水症状が起きないように気をつけています。

次に、食事をしっかり取るようにしました。ソーメンやアイスなどの冷たいものを、味を変えて時間をかけて温かいもの変えました。

肉や野菜や魚など、栄養価を考えた食事をとり、徐々に初期時の量が増えていきました。夏バテの自覚が薄れ、運動も頑張れるようになりました。

夏バテの典型的な例ですので、参考にして頂きたいと思います。

原因

夏バテは色々な原因がからみ合って起きるのですが、3つ大きな原因があると言われます。1つは、自律神経の失調があります。暑くなると、人の体は、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しようとしますが、この体温調節は自律神経の働きです。

ただ、暑い周囲の環境から冷房の効いた部屋に入った場合、身体はすぐには変化に対応できず、すぐに態勢を切り替えることは出来ません。熱を出す必要のない環境で熱を放出して、あわてて態勢を切り替えることになります。この変化を日に何度も繰り返すと、自律神経に負担がかかり疲れてしまい、めまいや食欲不振、頭痛などを引き起こします。

2つ目は、水分不足です。軽作業でも日に2・3リットルの汗をかくと言われますので、水分を補給して身体の中から汗により熱を放出しなければ、頭痛、嘔吐、下痢等がおきます。

3つ目は、胃腸の働きの悪化です。暑くなり体の温度も高くなると、胃腸への血流が少なくなり、汗をかくと体内の塩分も不足して胃酸も減り、胃腸の働きが悪くなります。

夏バテ解消法を教えて!(動画)

対策

夏バテの対策は、食事と水分補給、室温調整と睡眠です。まず食事ですが、ビタミン・ミネラルを十分に補給することが大切です。

特にビタミンB1は、糖をエネルギーに変換する栄養で、乳酸などの疲労物質を取り除く働きがあります。夏は、エネルギーを多く消費するので、ビタミンB1も多く必要となります。

ビタミンB1は、豚肉、豆類、ごま、レバー、にんにくなどに多く含まれています。水分補給は、常温か温かいくらいの飲み物をこまめに飲み、ジュースなど糖分の多いものを控え、胃に急な刺激を与えないことと、喉が乾きやすいものは飲まないことが大切です。

温度調整は、室内と外の温度差が大きくならないようにして、自律神経の乱れを抑えます。室内と外の温度差が5度以内を目安に、エアコンなどを調整します。除湿も効果的です。

睡眠は、暑いことを解消する冷えピタを貼るとか、氷枕をタオルでまいて使います。また、温度差5度の範囲を目安に、エアコンをつけっぱなしの睡眠問題も問題ありません。

まとめ

対策夏バテ
夏バテは、夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因してあらわれるいろいろな症状です。暑気あたりとか暑さ負けと呼ばれることもある夏特有の体調不良です。

食事を工夫して食欲が衰えないようにすることや、水分はこまめに少量を補給するとか、室内の温度を調整するようにして、十分な睡眠を心がけることが大切です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ