ウォーキングの効果は?運動不足解消で評価される理由はコレ!

ウォーキング効果は、テレビの特集番組や雑誌などで取り上げられ注目度が年々高くなって来て人気の運動の1つでもあります。

日々忙しくしている中でスポーツジムに行ったりするのは、難しい方でもウォーキングに関しては、思い立ったらすぐ始められる最大のメリットがあります。

今回は、運動不足解消で大変評価の高いウォーキングの効果について調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

ウォーキングとは?

ウォーキング効果
「王様が散歩してたら急に驚いた!“ウォー・キング!”」はい、ここまで。三遊亭楽太郎(現円楽さん)のダジャレでした。みごとにスベッた感も拭えませんが、何ごともなかったようにすすめさせていただきます。

というわけでウォーキングとは「歩く」ということで、誰でも簡単に始めることができる、手軽な運動の一種です。ゆっくり長く歩く人もいれば、早足で歩いて行く人もいます。毎朝、サイクリングロードを自転車で通勤していますが、いろんな人をみかけます。

キャップ、サングラス、首にタオル、スパッツ&専用シューズに万歩計、フル装備でこれからマラソンでもするのかと思われるような方がいれば、ジャージにサンダルでのんびり周りの草花を眺めながら歩いている人もいます。ここ数年ではスキーのストックを両手に持ち、大きく腕を振って杖をつきながら歩く“ノルディックウォーキング”を楽しむ人が増えてきたように思います。

ウォーキングの効果

普段、運動には無縁の人でも、身体にかかる負荷が自身の体重だけですので、簡単に始められるのが最大のメリットです。自分の体調と体力に合わせて、ウォーキングの距離を変え運動量をコントロールできるところもいいですね。

ウォーキングと通常の散歩の違いは、運動として行っているかどうかにあります。目標の距離、時間、歩数など運動量をコントロールし、健康増進・維持を行うのがウォーキングです。最近はウォーキング専用の服装・シューズも販売されており、散歩からウォーキングへシフトしてきているようです。

基本的には、自分のペースで歩くだけですので、歩きやすい服装と普段使用しているスニーカーなどで十分です。特別な用具を用意しなくても始められるのが、ウォーキングです。

ウォーキングのおすすめ時間帯は?

ウォーキングに適した時間帯は、ウォーキングの目的とその人の生活習慣で多少違いがあります。基本的には、ウォーキングはどの時間帯に行っても消費カロリーなどの運動量は変わりません。

朝型の生活習慣が身についている方は早朝に行えばいいですし、早起きが苦手な方は仕事や家事が終わった後に行えばいいのです。

ただし、それぞれに注意したい点がいくつかあります。

早朝ウォーキングのほとんどの人は、朝食前に行っています。空腹(低血糖)状態で運動を始めることになりますので、ウォーキング中に立ちくらみやめまいのような貧血症状を起こす場合があります。予防のため、にウォーキング前には、バナナや吸収のよいゼリー状カロリー食品で、エネルギー補給をしておきましょう。

夜のウォーキングは、ダイエット効果が高いです。脂肪は、夜間の睡眠中に身体に付きます。夕食後にウォーキングすることで、余分なエネルギーが消費されるので、脂肪の蓄積防止に効果があります。ただし、寝る直前に運動すると交感神経の活動が活発になり、寝付きが悪くなる傾向があります。ウォーキングは就寝時間の2時間前までに終わらせるようにしましょう。

なお、朝・夜共通の注意点として、十分なウォーミングアップがあります。歩くだけと言っても、硬いアスファルトやコンクリート舗装上なので、足首・膝・腰にかかる負担は意外と大きいものです。特に、寝起きに行うときには、十分にストレッチ運動で身体をほぐしてから、ウォーキングを行ってください。

Sponsored Links

運動不足解消で評価される理由

時間に追われる現代人は、まとまった運動をする時間がありません。若いころにスポーツ経験がある人ほど、一度その競技から離れ運動不足になると、再開のための準備に時間と体力を消耗するため、ますます運動不足になるという、「負の連鎖」にはまってしまいます。 

その点、手軽に始められるウォーキングは、運動再開のための1ステップにもなりますし、ウォーキング自体で運動不足が解消されます。身体を動かすことで、日々の緊張感から開放されストレス解消になりますし、適度な疲れが心地よい睡眠のもとになります。

ウォーキングは、有酸素運動ですので、体内に蓄積した余分な脂肪を燃焼させる、高いダイエット効果があります。腹式呼吸を行うことで、相乗効果が期待できます。またウォーキングの距離や歩数などを決めて行うと、目標達成感も味わえます。

ウォーキング時の正しい目線と呼吸法

まとめ

効果ウォーキング
動きやすい服装と歩きやすい靴さえあれば、いつでも、どこでも始められるウォーキングは、心と身体を健全に保つ素晴らしい運動です。戸外の空気に触れることで、四季の移り変わりも体感できます。

「継続は力なり」です。ハードな運動をたまに行うよりも、軽い運動を続ける方が、健康的です。慣れてきたら、少しずつ負荷を増やすことで、筋力アップ・ダイエットにも効果があります。運動不足を感じたら、まずはウォーキングから始めてみませんか?

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ