ほたる鑑賞の時期はいつ?ホタルの種類や現れる時間帯とスポットは?

5月が近づいてきましたが、5月の下旬あたりからはホタルの鑑賞の時期になってきます。暗闇に幻想的な光を放ち、夏の夜に疲れた心を癒してくれるホタルの鑑賞は、子供は勿論ですが大人にとっても懐かしく楽しいものです。

ホタルについて、鑑賞の時期、鑑賞に適した時間、人気スポットなどについて紹介します。

ほたるとは?

ほたる鑑賞の時期
ほたるは、コウチョウ目ホタル科に分類される発光する昆虫で、世界で約2000種類いると言われており、日本ではゲンジボタル、ヘイケボタルなど、約40種類が活動しています。

幼虫時代を水中ですごす水生ホタルと陸上の湿地ですごす陸生ホタルがいます。日本の代表的なほたるは、5月から6月に孵化するゲンジボタルを指すことが多いのですが、ほたるが本来熱帯を主な分布域とする昆虫であるだけに、本土より南西諸島に多くの種類がいます。

日本では、ゲンジボタルの成虫が初夏に生まれるので、夏の風物詩とされていますが、朝鮮半島、中国、対馬に分布するアキマドボタルは秋に成虫が生まれ、西表島のイリオモテボタルは、真冬に発光します。

ほたる鑑賞の時期

ほたる鑑賞の時期は、ゲンジボタルは5月から7月頃が見頃と言われていて、ヘイケボタルは6月から8月頃が見頃と言われているようです。

関東で、ほたる鑑賞が出来る場所と、鑑賞の時期について紹介します。

東京では、稲城市のよみうりランドが例年6月の中旬から下旬にかけて、「ほたるの宵」を開催しています。また、渋谷区ふれあい植物センターでは、6月の下旬に「ほたるの夕べ」というほたるの鑑賞会を行っています。

神奈川の湯河原万葉公園では、毎年6月上旬から下旬には、ほたるを見ることが出来、ほたるの宴も開催されます。

埼玉の東武動物公園では、「ほたリウム」というホタル観賞空間があり、本物のホタルが1万匹ほど飼育されていて、年間を通してほたるが鑑賞できるスペースがあります。

鑑賞をする良好な時間帯

鑑賞に良い時間は、第1のピークが夜の7時から9時くらいで、雨上がりなどで湿度が高く風のないなどの条件が整った時に活動すると言われています。

次のピークは夜の11時頃で、第3のピークは真夜中の1時から2時頃と言われています。ただ、夜の11時頃とか真夜中の1時から2時は、ほたるを見る時間帯としては、遅すぎる時間ですので、一般の人が鑑賞するには適さないと思います。

夜の7時頃から9時頃の時間帯が鑑賞に最も適した時間帯で、月明かりがなく曇っていて蒸し暑い夜に巡りあえば、ほたるの飛ぶ姿を鑑賞出来ることと思います。

清水洞の上公園ほたる鑑賞会2013

ホタル観賞の人気スポット

箱根ホテル小涌園は、ホテル内の日本庭園の小川付近で、6月の中旬から7月の上旬はゲンジボタル、7月上旬から中旬はヘイケボタルが鑑賞できおすすめです。見頃の時間は、19時半から21時頃です。アクセスは、車の場合は東名厚木ICから小田原厚木道路箱根口IC経由で20分、電車の場合はJR東海道線小田原駅から箱根登山バスで45分です。

松尾峡ほたる童謡公園は、長野県上伊那郡にあり、6月の中旬から下旬にゲンジボタルが乱舞する姿を鑑賞できる、ほたるの名所として知られたスポットです。アクセスは、車は中央道伊北ICから20分、電車はJR中央本線辰野駅から15分です。

修善寺温泉赤蛙公園は、静岡県の修善寺にあり、桂川沿いの緑の多い公園です。5月の下旬から6月上旬までほたるの夕べが開催されゲンジボタルが見られます。アクセスは、伊豆箱根鉄道修善寺駅より伊豆箱根バス8分で、修善寺温泉下車です。

まとめ

ホタルの種類
昔は日常的に見ることが出来たほたるですが、最近では限られたところでしか鑑賞できなくなりました。

日本の初夏の風物詩として、ほたるを鑑賞する情景を、もう一度広い地域で蘇らせたいと思いますが、今でも鑑賞できる所はありますので、一度行ってみるのも宜しいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ