虫除けハーブに効果はあるの?蚊の対策は体へやさしいが重要!

虫除けハーブに効果はあるのでしょうか?先日友達と虫除けハーブについて話題になりその友達の話によると虫除けハーブに効果ありと自信を持っておりました。

本当に効果はあるの?と思う方も多いと思いますし私としても虫除けハーブについて知りたいとの気持ちが大きくなりましたので虫除けハーブについて調べて行きます。

Sponsored Links

虫除けハーブとは?

虫除けハーブ
寒さが緩み暖かくなってくると、私たちを悩ませるのが虫、特に人に害を及ぼす蚊などの害虫の出現です。その退治のために必要となるのが、虫除け剤や殺虫剤。最近は携行できるものも販売されていて便利な反面、「ずっと体の傍に置いていて、その成分は大丈夫?」という疑問もわいてきます。

そこで最近注目されてきているのが「虫除けハーブ」。安眠を誘ったり、料理の香りを引き立てる効果のあるハーブに、虫除け効果もある事に、みんなの目が注がれています。では、どのような効果があるのかみてみましょう。

効果(体にやさしい理由)

 
ハーブにはたくさんの種類があり、それぞれ独特な香りを持っていますが、その香りの成分の中に害虫が嫌う成分(忌避成分)が含まれているものがあり、これをうまく活用すると、天然の虫除け剤になります。「天然」ということが、体にやさしい、一番の理由ですね。

その代表と言われるのが「ゼラニウム」です。網戸を使う習慣のあまり無いヨーロッパでは、ゼラニウムを窓辺に置いて虫除けに使っています。ゼラニウムの中でも「ハーブゼラニウム」という品種は、蚊が嫌がる成分を遺伝子レベルで加えたもので、自然界のものよりもさらに蚊に効果があるそうです。

また「レモングラス」などの柑橘系の香りにも害虫の忌避効果があり、虫除けだけではなく、消毒力もあり、空気中の細菌や呼吸器の感染にも効果があると言われています。

さらに、日本でいう「ハッカ」の香りを出す「ペパーミント」にも忌避成分の含有量が多いそうです。

購入

さて、そのように虫除け効果抜群のハーブですが、どこで購入すればよいのでしょうか?基本的に植物なので、園芸店などで購入できるでしょう。

「植物を育てるのは、ちょっと…」と言われる方は、ハーブ専門店に行くと、ドライハーブやエッセンシャルオイルなどが売られており、その中に虫除け効果もあるものもあります。

Sponsored Links

栽培方法

ハーブは全体として強い植物で、あまり手を掛けなくても育ってくれます。でもやはり植物なので、植物を育てる初心者の方は、種を蒔いて育てるよりも、園芸店などからポット苗を買ってくる方が、失敗せずにいいと思います。その際の注意する点をいくつかあげておきましょう。

  • 葉や茎の色つやはよいか。
  • 茎が太く、しまりよく、間延びしていないか。
  • わき芽と葉が多く、つぼみもついているか。

などで、少しつまんで香りを確かめてみるのも、一つの方法です。苗を購入した後は、ポットより1,2サイズ大きめの素焼の鉢などに植え替えると、根の発育が良くなり、大きく成長します。

ハーブの病気や害虫は、早期発見や予防が大切です。早めに害虫を駆除したり、病気になった葉を摘むことで、広がるのを予防できます。

植える場所や、鉢を置く場所は、基本的に日当りのいい場所が好まれますが、寒さや暑さに弱いものもありますので、それぞれ気をつけることが大切です。


ちなみに先ほど紹介した「ゼラニウム」は、花が雨に当たると弱ってしまうので、日当りの良い軒下に置き、極端に寒い時や暑い時は、カバーを掛けたり室内に入れたりしましょう。「レモングラス」は熱帯性の植物なので寒さに弱く、霜に当てると枯れてしまうので、霜に当てない工夫が必要です。「ペパーミント」は逆に耐寒性があるので、冬に氷点下にならない地域では露地植えでも大丈夫です。

まとめ

ハーブ虫除け
最近では、地球規模の温暖化傾向により、今までいなかったような害虫が発生したり、長い期間、発生し続けたりすることが、問題となってきています。それに対して、科学的薬剤をどんどん使っていくことには、自然環境のバランスを崩したりする可能性もあるので、やはり抵抗がありますね。

まずは、害虫を発生させない環境作り、そして発生した場合は、人に近づかせない手立てが必要になってくると思います。

地球温暖化阻止の一端を担う「植物栽培」をしながら「虫除け効果」が期待できるハーブを育てることは、環境にもそして、薬剤を使わないことで、体にもやさしい、と一石二鳥にも三鳥にもなります。

今年の夏、あなたも「虫除けハーブ」を試してみませんか?

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ