犬の夏バテと症状と対策!何も言えないからこそ飼い主が守る!

年々高温・多湿になっていく日本の夏。人間である私達でさえ、毎年夏バテに悩まされてしまいますよね。いつもは元気なワンちゃんも、気が付けば舌を出してグッタリ…なんて事も多いはず。

現在は室内で飼育されている家庭が大半なので、冷房があるからと安心している方も多いかもしれませんが、実はこの安心が犬の夏バテを悪化させてしまうかもしれないのです。

ワンちゃんは体調が悪くなったとしても自分で伝えることは出来ません。飼い主である、あなたが犬の夏バテを正しく理解することが大切なワンちゃんの命を守るキーポイントです。

Sponsored Links

犬の夏バテとは?

犬の夏バテ
犬は舌を出してハアハアと呼吸する行為「パンティング」で、体温の調節をしている。という事はワンちゃんを飼っている方はご存知の方も多いかと思います。

しかし、人間ですら室内で熱中症になりやすいのですから、毛皮を身につけているワンちゃんは人間の何倍も過酷な状況で過ごしていると言えるのです。

さらに、犬は皮膚から汗を出すことが出来ません。呼吸のみで体温調整をしているので体内に熱が篭りやすく、食欲の減退や体のダルさという一般的な夏バテの症状だけでなく、常に内臓が高熱にさらされるため、多臓器不全を引き起こすリスクが高いのが犬の夏バテを軽く見てはいけない理由なのです。

症状

では、犬の夏バテを見抜くにはどうしたら良いのでしょうか。ポイントは呼吸と目の変化にあります。犬の夏バテの初期症状として現れやすいのが「舌を突き出した、浅く速い呼吸」。

特に呼吸の間隔が「ハッハッハッ」と速く、よだれが流れ出すようであれば既に夏バテであると考えられます。

この状態が進行すると、尿の量が減り、色の濃い尿をするようになります。また、目の充血が見られるようになるのもワンちゃんがすでに脱水状態になっているサインです。

さらに、夏バテが悪化すると体のけいれんが始まり、嘔吐も見られるようになった場合は重症化しています。すぐにでも動物病院で診察をしてもらいましょう。

老犬介護 ペット用冷却マットを作ってみました。

Sponsored Links

対策

ワンちゃんを夏バテから守る対策は「室温を下げる」他にもいろいろな対策が必要です。自分のワンちゃんに合った対策をしっかりと見極めて、ベストな夏バテ対策をしてあげましょう。

エアコンと扇風機を併用して室温を下げる。
真夏の室温を下げるのにクーラーは必須ですが、クーラーからの冷風を直接浴びるのが苦手なワンちゃんは意外と多いです。温度設定を下げ過ぎずに28~25℃程度に設定して、扇風機などを併用してあげると、ワンちゃんは自分の好みの温度がする場所を見つけて自由に移動できます。

ひんやりグッズを活用する。
ペットショップなどで購入できる、クールマットやアルミプレート、すのこなどのひんやりグッズを置いてあげましょう。犬はお腹を土などの地面にぴったりをつけて体を冷やすという習性を持っているので、エアコンが苦手なワンちゃんにもおすすめです。

直射日光を遮る
クーラーやひんやりグッスで夏バテ対策を取っても、お部屋に直射日光が差し込む部分はピンポイントで急激に温度が上昇します。犬用のトイレやケージ、お気に入りのベッドやクッションがある場所に直射日光が当たる時間がある場合、短時間でもワンちゃんが熱中症になる可能性があります。ワンちゃんのいる室内では、遮光カーテンなどを活用して直射日光の進入を防ぎましょう。

お留守番の時もエアコンはつけたままで。
飼い主さんや、その家族が全員外出をし、お部屋にワンちゃんが一人でお留守番するときも、エアコンや扇風機はつけたままで外出しましょう。電気代がもったいないからと言って、エアコンを切ってしまうと室温はどんどん上昇、ほんの数時間でもお部屋が蒸し風呂状態になってしまいます。
特に真夏のドライブには注意が必要。狭い車の中では、車内温度が50度近くまで上がることもあり、たった数分間の車内のお留守番でも熱中症にかかるケースが後を絶ちません。大切なワンちゃんの為にもエアコンはつけたままでの外出がおすすめです。

まとめ

夏バテ犬
犬は体温調節が苦手な動物です。言葉で不調を伝えることが出来ないこともあって、真夏の犬の夏バテは重症化してから慌てて動物病院に駆け込む飼い主さんが多く見られます。人間が我慢できる暑さでも、犬にとっては過酷な暑さかもしれません。

日頃から愛犬の呼吸のリズムがいつもより速くなっていないか、よだれの量が増えていないか、尿の色に変化がないか、など目で確認できる小さな初期症状を見逃さないようにしましょう。

また、クーラーやひんやりグッズを併用するなどの複数の夏バテ対策を同時に行うことで、万が一、停電などでクーラーが使えなくなった場合や、予定より外出が長引いた場合でもワンちゃんが安心して涼める場所を確保してあげるとより安心です。

悲しいことに、熱中症や夏バテで命を落としてしまうワンちゃんもいます。早めの対策で大切なワンちゃんを夏バテから守りましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ