天神祭花火!2015年の日程と時間は?穴場スポットも紹介!

大阪の天神祭は、天暦5年開始で、1000年以上の歴史があり、神田祭、祇園祭と並んで日本三大祭に数えられています。この天神祭の最後に行われるのが、天神祭奉納花火です。

2015年の天神祭花火の会場や日程・時間、規模、有料観覧席、見どころ、アクセス、おすすめのスポットなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

天神祭花火詳細

天神祭花火
天神祭の2015年のスケジュールは、7月24日(金)が宵宮で宵宮祭などが行われます。7月25日(土)が本宮で、夏大祭、神霊移御、陸渡御、船渡御、奉納花火となっています。

従いまして、天神祭花火の開催日時は、2015年7月25日(土)で、19時から21時頃の約1時間の予定になっています。荒天の場合は中止になり、順延の予定はありません。

打ち上げ場所は2か所あり、メインとなる1か所が大阪市北区の毛馬桜之宮公園グランドで、もう1か所は文字の仕掛け花火がメインとなる会場の、造幣局横の川崎公園です。

問い合わせは、大阪天満宮(TEL 06-6353-0025)です。

規模

打ち上げ花火は4,000発から5,000発程度を打ち上げる予定です。

来場者は、120万人から130万人くらいで、大混雑が予想されます。

一発5,000円の協賛で、個人で奉納花火を上げることが出来ます。

有料観覧席情報

有料席はありませんが、船渡御という有料船で、花火を鑑賞することが出来ます。

船渡御は、供奉船や御迎船など100艚以上が行列を組んで大川をさかのぼりますが、その中に、金弊船という我々一般の人が乗れる船があります。この金弊船で花火を鑑賞することが出来ます。予約は、トーヨートラベル(株)他で行えまして、金額は35,000円です。

お弁当(鰻弁当)、飲み物、講社の半纏、祝箸がセットになっており、乗船中の飲み物(生ビール、ソフトドリンク)は飲み放題です。

見どころ

街をお神輿で練り歩く陸渡御と、水の都の大阪を100席の船で巡る船渡御が両方行われますが、100隻の船団の篝火と花火のコラボレーションも、迫力があり見どころです。

オープニングの花火は、梅の名所の大阪天満宮のオリジナル花火の紅梅で、天神様の菅原道真公にちなんで打ち上げられます。祭のオープニングに相応しく、空に赤々と輝きます。

協賛企業の名前入りの文字花火も見どころです。最大で10文字までの仕掛け花火で、スポンサーの企業名などが夜空に浮かびます。

天神祭船渡御&奉納花火2014

会場へのアクセス

会場への最寄り駅は、JR桜之宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ歩いて5分位です。京阪鉄道天満橋駅からは、歩いて5分から10分位です。大阪市営地下鉄天満橋駅からは、歩いて5分から10分位です。

Sponsored Links

場所取りにおすすめのスポット

天神祭花火の穴場の一番目は、打ち上げ会場の大川にかかる各橋がおすすめとなります。

源八橋は、会場近くで花火が楽しめるスポットです。

都島橋は、遠くなりますが、大阪城と共に花火が楽しめる穴場です。

桜宮橋付近は、桜之宮公園と川崎公園の2箇所の打ち上げポイントがどちらも見られる人気の穴場でおすすめのスポットです。

大阪アメニティーパークタワータワー(OAP)付近は、打ち上げ場所が近く迫力のある花火が見られるおすすめの穴場スポットです。

有料になりますが、大川のほとりの帝国ホテルは、特別席で花火と船渡御が見られます。

まとめ

穴場 天神祭花火
大阪の天神祭花火は、大都市であるがゆえに、約130万人という多くの人出が見込まれ、桁外れの見物客が会場を埋め尽くします。

陸と川で繰り広げられる陸渡御と船渡御は、天神祭に特有のもので、他では見られない特徴となっています。それが、天神祭花火と一体となってコラボする光景は、真夏の強烈な印象となることだと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ