猫に夏バテはあるの?症状と対策を調べ大切な家族を守ろう!

猫の祖先は古代エジプト発祥だから、暑さに強い。猫は涼しい場所を見つける天才。猫を飼っている方や動物好きの方なら、誰でも一度は耳にしたことがあるマメ知識です。

しかし、猫が犬などに比べて暑さに強いことは事実なのですが、意外と知られていないのが「猫が湿度に弱い」と言う事。

特に日本のように真夏が高温多湿な国では、さすがのねこちゃんも熱中症にかかったり。夏バテをしてしまうのです。猫が夏バテをする理由は、犬などの夏バテとはちょっと事情が違ってきます。

そこで、湿度が高い日本の夏をねこちゃんと一緒に健やかに乗り越える対策をご紹介します。

猫の夏バテとは?

1011234156895551
猫には汗腺が少なく、汗をかいての体温調節が出来ません。そのため、夏場は自らの毛を減らして涼しさを確保します。

そのほかにも極力、体を動かさないようにして、運動による体温上昇を防いだり、体温の元となる食事の量を減らしたりと猫なりに本能で夏バテ対策をしているのです。

ところが、日本の夏は猫の苦手な湿度が高いため、この食事の量を減らすことが原因で余計に体力が落ちてしまい、猫の夏バテを引き起こしてしまうのです。

症状

猫の夏バテの場合、外見でわかる症状が出ている時にはすでに重度の熱中症になっている可能性が高く、夏バテ初期の症状に早めに気付くことが大切です。

猫の夏バテの初期症状は行動の変化に現れやすく「寝る場所を何度も変えるためにウロつく」「食欲がガクッと落ちる」「肉球や足の付け目がいつもより熱っぽい」など、ねこちゃんの行動をよく観察している必要がありますので、普段と違う動きや食事の量を事前にしっかり把握しておきましょう。

さらに症状が進むと「犬のようにハアハアと舌を出して呼吸する」「よだれが出る」「歩く時ふらついている」「肉球や耳が熱い」など、目に見える変化は深刻な熱中症や脱水症状にかかっている合図。特に猫の熱中症は時間が経過するごとに命の危険に繋がりますので、急いで動物病院に連れて行きましょう。

ひんやりクール猫鍋

対策

エアコンは「除湿重視」で
気温の高さより「湿気が苦手」な猫のいる室内でクーラーを使用する際は「除湿モード」で運転しましょう。
猫は冷やしすぎを嫌う傾向があり、冷房設定でお部屋を冷やすと冷風を避けて、物陰に隠れたまま篭ってしまいます。猫にとっての快適なエアコン設定は「除湿運転で28~26度」です。
また、押入れなどに入ってしまう癖があるねこちゃんの場合、うっかり扉を閉めたままにした結果、押入れ内が高温・多湿になり熱中症を起こしてしまう危険性も高いので、押入れやクローゼットの扉をちょっとだけ開けて、冷房の風が入るようにしておきましょう。

飲み水を置く場所を増やす
本来、猫は普段からあまり水分をとらない動物ですが、その結果脱水症状になりやすくなってしまいます。
そんな時は、飲み水の容器の数を増やし、家のあちこちに飲み水を置いてみましょう。すると猫はいつもと違う場所にある飲み水に興味を持ち、自然と水を飲む回数が多くなるのです。

いつもの食事にウェットフードをプラス
猫は夏になると体力消耗を防ぐため、自ら食事の量を減らします。しかし、夏バテの予防に栄養価の高い食事は欠かせません。
そんな時はいつもの食事に缶詰やパウチ、スープタイプのウェットフードをプラスしましょう。最近のウェットフードは香りが良く、猫の嗜好性を研究したフードが多く手に入るので、食欲が無いねこちゃんでも喜んで食べるフードが見つかるでしょう。

ひんやりグッズはしっかり選ぶ
ペットのひんやりグッズには、冷却ジェルタイプ、アルミプレートタイプ、大理石タイプなど、さまざまな種類が販売されていますが特に猫の場合、ジェルタイプのマットなどに爪を引っ掛けてしまい、マット内の冷却用ジェルが外に漏れ出してしまう例がよく見られます。漏れ出たジェルでお部屋が汚れたり、ねこちゃんがジェルを舐めてしまう危険性もあるので、ひんやりグッズを購入する際はジェルタイプ以外のひんやりグッズを選ぶと良いでしょう。

まとめ

夏バテ猫
暑さに比較的強いと言われる猫も、湿度は大の苦手。特に湿度が高い日本では簡単に夏バテをしてしまいます。猫の夏バテ対策は温度より「湿度を下げる」ことを重視。クーラーは除湿運転が基本です。

また、夏場の猫は食事の量が減ってしまうので、いつもと違うフードを用意したり、水分がたっぷりの猫用スープを試してみたりして、ねこちゃんが楽しんで水分と栄養を取れるように飼い主が工夫してあげましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ