東京湾花火大会!2015年の日程と時間は?穴場スポットも紹介!

東京湾花火大会(東京湾大華火祭)は、東京ベイエリアで、レインボーブリッジを臨む東京湾に打ち上げられ、年々にぎわいを見せています。

会場の場所や日程、規模や有料観覧席、見どころや会場へのアクセス、おすすめスポットなどを紹介します。

Sponsored Links

東京湾花火大会詳細

東京湾花火大会
日程は、毎年8月の第二土曜日に開催されていますので、今年も8月8日(土)の19時頃から20時20分頃の予定です。

荒天の場合は、翌日の8月9日(日)に順延されますが、翌日も荒天の場合は中止です。会場は、東京都中央区晴海、東京港晴海ふ頭沖海上及び晴海ふ頭公園の予定です。観覧の海上は、中央区率晴海運動場及びその周辺の予定です。

規模

打ち上げる花火は、約12,000発の予定で、来場者数は約70万人と予想されます。

無料席は、晴海の主会場は約5万人分が用意される予定ですが、入場整理券が必要です。晴海第二海上は、約3万人分が用意される予定ですが、やはり入場整理券が必要です。応募は、中央区HP特設サイト「東京湾大華火祭」からの応募可、はがきでの応募となり、抽選によって決まります。募集は、6月中旬頃から7月中旬頃の予定です。

豊海運動公園会場は、約8,000人分が用意される予定で、事由に入場できます。ただし、満席になり次第終了して、入場規制があります。

有料観覧席情報

有料席は、晴海協賛会場は約5万人分が用意される予定で、一口7,000円です。

日の出会場は、約3,150人分が用意される予定で、一口7,000円の予定です。

豊洲第一会場は、約4,000人分が用意される予定で、一口5,000円の予定です。

詳しくは、「中央区HP特設サイト」もしくは「チケットぴあ」にてお調べ下さい。「東京湾大華火祭」の公式な概要は、まだ発表されておりませんが、6月頃に詳細が決定すると思いますので、その時は中央区のサイトで確認をして下さい。

見どころ

東京湾花火大会の見どころは、都心で最大サイズの尺五寸玉10発になります。その他、尺玉が100発も打ち上げられ、迫力のある花火が楽しめます。

名人の花火師の芸術的な花火も打ち上げられるので、じっくり鑑賞できます。また、キャラクター型の独創的な花火や、工夫の跡が見られる斬新な花火も多いので、家族揃って見ることが出来ます。

東京湾大華火祭 潮風公園

会場へのアクセス

花火の打ち上げ会場は、晴海ふ頭講演ですが、会場への最寄り駅は、都営大江戸線の勝どき駅、東京メトロ有楽町線・大江戸線の月島駅、東京メトロ有楽町線の豊洲駅になります。

花火の会場までは、都営大江戸線勝どき駅から歩いて15分位です。

東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅から歩いて20分位です。

東京メトロ有楽町線の豊洲駅から歩いて20分位です。

花火大会会場の最寄り駅は狭いために、毎年かなりの混雑になり、待ち合わせで会えない人も多く出ているので、最寄り駅の構内で待ち合わせるのは避けたほうが無難です。最寄り駅の勝どき駅と月島駅では、大会当日出入口や周辺歩道の交通規制も実施予定です。

Sponsored Links

場所取りにおすすめ穴場スポット

東京湾花火大会は、毎年多くの来場者で混み合いますので、出来るだけ穴場のスポットで鑑賞したいものです。

お台場のビーチは、花火の下の部分が見難い点はありますが、大型の花火は楽しめますし、雰囲気も良いのでおすすめです。まだ混雑しない4時から5時頃に場所を確保しておくと安心です。

辰巳桜橋は、会場から遠くになりますが、ゆっくり落ち着いて見られるおすすめの穴場です。

有明スポーツセンターは、ベンチがある展望廊下で花火が見られるおすすめの穴場です。

潮風公園北側は、レインボーブリッジ越しに花火が鑑賞できるおすすめのスポットです。

まとめ

東京湾大華火祭
東京湾花火大会は、お台場の賑わいと連動するように、年々華やかさを増してきて、今や隅田川花火大会に匹敵する花火大会となっています。

レインボーブリッジを臨む抜群のロケーションで、独創的な花火を堪能したいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ