神宮外苑花火大会!2015年の日程と時間は?穴場スポットも紹介!

神宮外苑花火大会は、毎年8月に東京の明治神宮外苑で開かれる花火大会です、

日刊スポーツ新聞社が主催者で、東京三大花火の1つです。会場や日程、規模や有料観覧席、見どころや会場へのアクセス、おすすめの穴場スポットなどを紹介します。

Sponsored Links

神宮外苑花火大会詳細

神宮外苑花火大会
神宮外苑花火大会の日程は、公式の開催日の発表が日刊スポーツ紙面やホームページで、5月下旬にあります。神宮球場のヤクルト戦との兼ね合いや、東京湾花火大会の日程と重なると警備の問題がありますので、今のところ8月1日、2日の土日になりそうな気配です。

開催当日が荒天の場合は翌日に順延となり、翌日も荒天の場合は中止となります。

時間は、19時30分頃から20時30分頃までとなっております。会場は明治神宮外苑で、花火の打ち上げ場所は神宮第二球場になります。

規模

打ち上げの花火は、例年約10,000発ですが、2009年以降は12,000発が打ち上げられています。毎年、4会場で15万人前後が来場しますが、神宮外苑周辺の花火見物客は、100万人前後に達する大規模な大会です。神宮外苑周辺1km以内の住宅やマンションからも観覧することが出来ます。

花火以外のアトラクションとして、各会場に花火前は大物ゲストが出演して、ライブパフォーマンスが繰り広げられます。J-POPやアイドル、歌謡曲、演歌など幅広く行われます。

有料観覧席情報情報

神宮外苑花火大会の座席が用意される会場は、国立競技場、神宮球場、軟式野球場、秩父宮ラグビー場などの計6箇所です。座席のチケットは、3,500円の価格からの販売が予定されています。

昨年は、神宮球場で、アリーナ席が6,500円、スタンド席も6,500円でした。

秩父宮ラグビージウは、スタンドSS席が5,500円でした。

神宮外苑絵画館前で、みやび席(ペア席)がフード・ドリンク・テンピュールクッション付きで50,000円、わびさび席が5人までドリンク付きで40,000円で、上等席が5人までで30,000円でした。

東京体育館敷地内は、バルコニーシートがフード・ドリンク付4人までで60,000円、

ワイワイシートや屋外広場指定席が5,000円、屋外広場ガーデン席がフード・ドリンク付6人までで54,000円でした。

国立西テニスコートは、ワクワクドキドキシートが5,500円でした。

見どころ

明治神宮鎮座60週年記念に1980年に始まった神宮外苑花火大会は、年々人気がまして、今や100万人の人出が見込まれる東京三大花火大会になりました。

1万2千発の花火が神宮球場他の色々な会場から楽しむことが出来ることも見どころです。次々と打ち上げられる花火に圧倒されて、クライマックスのスターマインがみものです。

まら、ライブが楽しめる会場、古典芸能が聴ける会場、出店が多い、グルメが味わえるエリアなど、目的別に会場を選べることも魅力です。

神宮外苑花火大会2013

会場へのアクセス

神宮外苑花火大会のアクセスは、最寄りの駅が、JRは千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅となり、東京メトロは外苑前駅、青山一丁目駅で、都営大江戸線は、国立競技場駅になります。

当日は混雑が予想されますので、早めの行動が望ましく、また15時に開場して花火前のライブが行われたりしますので、余裕を持って会場に向かったほうが良いと思います。

Sponsored Links

場所取り穴場おすすめスポット

明治公園は、会場に近く、迫力のある花火が楽しめる穴場のスポットです。

日本青年館ホテルの周辺は、明治公園の隣でおすすめのスポットです。

東京タワーの展望台は、東京タワーからの眺めと花火が同時に楽しめます。

伊藤忠ビルや青山一丁目交差点付近は秩父宮ラグビー場の隣で、花火が楽しめます。

千駄ヶ谷駅ホームは、花火が終わった時の移動が楽なおすすめのスポットです。

恵比寿ガーデン天望レストランで、食事をしながら花火を楽しむのもおすすめです。

まとめ

神宮外苑花火大会2015
神宮外苑花火大会は、東京の中心で開催される華やかな花火大会です。都心で花火の華麗な光景を堪能した後は、渋谷に出るのも便利ですし、新宿に出るのも便利です。

お酒を傾けながら余韻を楽しむのも都会の花火ならではの楽しみです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ