熱中症対策!食べ物で大きく変わる現実!食生活はこれ!

「熱中症」は今や、日本の夏に発生する身体の障害のトップを飾るものになってしまいました。

「夏日」の気温が予想されるあたりから患者さんが出始め、「真夏日」の気温になると、毎日多くの人が救急車で搬送され、時には死亡者まで出てしまう恐ろしいものです。

今年の夏は、発生者を一人でも減らすために、今から対策を練っておきましょう。


Sponsored Links



熱中症とは?

熱中症対策
それでは、どのような状態を「熱中症」というのか、調べてみます。

熱中症とは、とても暑い環境で発生する健康障害の総称で「熱疲労」「熱失神」「熱けいれん」「熱射病」に分けられます。それぞれの特徴を挙げてみます。

熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかなくて脱水症状になり、集中力や判断力の低下、頭痛、嘔吐や全身的な倦怠感を覚える。

熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、そのため脳血流が減少して、顔面蒼白になり、めまいや、一時的な失神を起こす。

熱けいれん
大量に汗をかいた時に、水だけを補給して血中のナトリウム濃度が低下した時に足や腕、腹部の筋肉に痛みを伴うけいれんが起こる。

熱射病
体温の上昇のため、中枢機能に異常をきたして、応答が鈍い、言動がおかしい、意識が無いなどの意識障害がみられたり、ショック状態になることもある。どの症状をみても、迅速な手当てをしないと、重篤な状態になりかねない症状です。

効果のある食べ物

では、熱中症を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか。

一番に言われるのは「水分補給」ですが、熱中症を起こさないためとはいえ、大量の水分をいつも摂る、というのはつらいものがあります。特に運動前などは、たくさんの水分を摂ると、お腹がタプンタプンして、運動どころではなくなります。

そこで、今回は熱中症予防にもなる食べ物を紹介しましょう。

まずは「スイカ」。日本の夏には欠かせない食材のスイカですが、言うまでもなくスイカの水分量は90%以上と非常に豊富で、甘み(糖分)もあります。そのうえ、カリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラル成分も含まれており、少し塩を加えて食べると、天然のスポーツドリンクが出来上がります。

次に「梅干し」。これは、スポーツをされる方はご存知でしょう。夏の合宿などで「梅干しを一つずつ食べろ!」と言われた事がある方も多いのでは。食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムを含んでいますので、1粒を水500mlぐらいで食べると、生理食塩水の数分の1の濃度になり効果があります。

次に「牛乳」。30分程度のウォーキングの後にコップ1杯の牛乳を飲むことを続けることにより、血液量が増加するので、強い身体を作ることが出来、熱中症予防にもなります。

最後に「冷たいみそ汁」。汗と一緒に失われた塩分の補給に、体液と塩分濃度が近いみそ汁が最適だということがわかってきました。熱いままでもいいですが、冷ましておくと、火照った身体にのどごしのいい飲み物になります。


Sponsored Links

食生活の重要性

熱中症予防に適した食べ物をあげてみると、日本で昔から食されていた食材がたくさんあることに気がつかれましたか?

昔の人々は、医学的に証明されていなくても、このような食材を摂ることが、暑い夏を乗り切る方法だと、体験的にわかっていたのですね。

ですが、こういう食材を摂っているから、対策は万全、というわけではありません。「熱中症」の一番の敵は「暑さ」ですから、この「暑さ」に対する身体の抵抗力を日頃の生活の中でつけておくのも大切なことです。

暑いからといって、冷房の効いた部屋の中で冷たいジュースやアイスなどを食べてばかりいると、身体のバランスが崩れてしまい、暑さに対する抵抗力が低下してしまいます。

水分ばかりとり、それでお腹を膨らませているような食生活だと、血液中のミネラルバランスが最初から崩れており、ちょっと炎天下を歩いただけで気分が悪くなってしまい兼ねません。

何よりも朝、昼、晩の三食、栄養バランスのとれた食事をすることが、熱中症予防の最たるものだと思います。

まとめ

対策熱中症
最近は、年々、夏日、真夏日の日数が増え、ますます熱中症を発症するリスクが増えているような気がします。

ある説によると、人の身体が外気温に慣れるのには一週間ほどかかるそうで、ですから、暑くなったからと言って、すぐにクーラーをつけるのではなく、しばらくその気温で我慢していると、次第に慣れて、耐えられるようになるそうです。

文明の利器に頼らず、適切な食生活と、暑さに身体を慣らすことで、今年の夏を乗り切ってみませんか。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ