夏風邪の症状は?早く治す効果ある食べ物はコレ!

冷房の効いた室内と、うだるような暑さの炎天下を行ったり来たりしているうちに、なんとなくダルいし熱っぽい…。

夏風邪はなかなか治りにくくて、やっかいなものです。とりあえず市販の風邪薬を飲んで安静にしておけば、そのうち治るだろうと甘くみがちな夏風邪ですが、夏風邪は冬にひく風邪と治し方が違うって、ご存知ですか?

夏風邪の治し方で鍵を握るのは実は「食事」なんです。夏風邪の回復に有効な食べ物を知っておけば、いざと言うときにきっとあなたの健康に役立ちます!

夏風邪の症状

夏風邪症状
夏風邪の症状は冬に引く風邪と症状が違うので、風邪なのか夏バテなのか判断がつきにくいものです。毎年さまざまなタイプの夏風邪が流行しますが、特徴的な症状は「必ずお腹を壊す」という点。

冷たいものを摂り過ぎてしまいがちな季節なので、お腹が冷えて一時的に調子が悪いと勘違いしがちですが、一週間以上下痢が続いている場合や、なんとなく吐き気が続く場合は、夏風邪の原因「アデノウイルス」を中心とした下痢を引き起こすウイルスに感染していると言えるでしょう。

夏場に長引く下痢や腹痛、食後に吐き気が起こるなどの症状が出た時には夏風邪にかかっていると判断しましょう。

夏風邪を治す効果ある食べ物

夏風邪を治すために大切なこと、それはお腹に発生したウイルスを体外に出してしまうこと。そして、ウイルスに打ち勝つ体力を取り戻すこと。

しかし、ただでさえ暑さで体力を消耗している真夏に免疫力を回復するため、肉や魚を食べようと思っても、お腹の調子が悪い時には重い食事はキツイものです。

そんな夏風邪を引いた時に回復を早めてくれるオススメの食べ物が「ネギ」と「ニラ」。
ネギやニラの辛味成分であるアリインは人の体に入ると強力な殺菌作用を発揮するので、腸内のウイルスにも効果が期待できますし、喉の痛みや炎症も和らぎます。さらに胃液の分泌を増やす効果もあるので、ネギやニラはまさに夏風邪にぴったりの食べ物なのです。

ただし、生のネギやニラは一度に大量に食べると消化不良をおこしてしまいますので、必ず火を通した調理方法で食べましょう。体を温める効果のある生姜とも相性の良い食材ですので、水分補給も兼ねて、温かいスープやお粥に生姜とたっぷりネギを入れたものも良いでしょう。

マクロビで風邪対策!のどが痛いときはネギ湿布

食べ物以外で効率良く治す方法

夏バテで食欲のない場合に効率よく夏風邪を治したいという方おすすめなのが、とにかく睡眠をしっかりと取ること。

睡眠は疲労回復の基本です。しかし社会人や子育てが忙しいという方はなかなかゆっくりと寝ることが出来ませんよね。

そんな時には寝る前に栄養ドリンクをお湯割りにして飲むと体力の回復が早まります。栄養ドリンクは味が濃くて飲みにくいという人は、レモン味のドリンクで割って飲むとレモンに含まれるビタミンCが疲労回復に役立つので、一石二鳥。さらに寝るときにマスクをすると冷房による喉の乾燥を防ぐことが出来ますので、せきや喉が痛む時にはマスクを着用して眠ることも効果的です。

微熱を伴う夏風邪の場合は、体を温めすぎると余計に体力を消耗してしまいますので、無理な長風呂や布団や毛布のかけ過ぎにも注意しましょう。

まとめ

夏風邪効果ニラ
特に胃腸にダメージがきやすい夏風邪を治すためには、とにかく体力の回復を早めて、ウイルスに負けない免疫力をつけることが大切。

食欲の無い夏でも消化の良いお粥やおじやに、夏風邪ウイルスへの殺菌効果の高い「ネギ」や「ニラ」を使えば、さらに効率よく夏風邪ウイルスを体外に追いだすことも出来ます。

毎日の食事に意識的にネギやニラを使ったメニューを取り入れることで、夏風邪知らずの元気な胃腸をキープしましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ