夏バテ解消の食べ物はコレ!暑い夏は食事で克服!

夏は冷たいものが美味しい季節、ビールはもちろん、冷やし中華につけ麺、冷製パスタなど夏ならではの限定メニューも見逃せませんよね。

しかし、しっかりと食事を摂って、睡眠時間も充分なはずなのに夏真っ盛りなシーズンに入ると、どうしても体がだるく、疲れが抜けない、いわゆる「夏バテ」になってしまうのは何故でしょう?

夏バテ症状

夏バテ解消法
夏バテの症状で代表的なものは「だるさ・倦怠感」「腹痛・下痢」「食欲不振」の3つ。

どの症状も暑さによる自律神経の乱れが大きな原因で、特に屋外と室内の気温差によって体力を消耗することでさまざまな不調を呼び起こします。

屋外での高温で体に溜まった熱を放出するために、人の体は汗をかいて体温を下げようとします。しかし建物の中に入ると一気に室温が下がり、体感温度が急降下してしまいます。

こういった、急激な体感温度の変化を繰り返すうちに体の体温調整をコントロールする自律神経が混乱し、いつも以上に体力を消耗しつづけてしまうのです。また、自律神経が混乱すると消化器系の機能も低下しやすく、栄養の吸収率も落ちてしまいます。

こういった自律神経の不調が続くことによって、疲れがとれないうえに疲労回復に必要な栄養が充分に摂れないという悪循環が夏バテの長引く原因でもあるのです。

夏バテ防止に!簡単♪赤しそジュースの作り方

夏バテ解消の食べ物

夏バテ解消のキーポイントは「体力の回復」と「栄養価の高い食事」。

ただでさえ、食欲が無くさっぱりとした食べ物を好みがちな夏バテですが、栄養価の高い食べ物と調理方法に工夫をすれば、効率がよく夏バテ解消につながる食事ができます。

夏バテ解消に効く食事に取り入れたい栄養素が「ビタミンB1,B2」そして「クエン酸」。これらの栄養素は消化を助ける効果と疲労回復に効くので、夏バテ解消には欠かせない食材なのです。

ビタミンB1,B2を多く含む食べ物は「豚肉」「枝豆」「玄米」「レバー」。

クエン酸を多く含む食べ物は「梅干」「レモン」「お酢」など。

特に豚肉は梅干やレモンとの相性も良いので、豚しゃぶなどのつけダレに梅干やレモン入りのドレッシングを合わせるなどの工夫で、食欲がなくても箸が進みやすいメニューでおすすめです。

また、たくさんのスパイスが入っている「カレー」も夏バテ解消にぴったりの食べ物。カレーに含まれるスパイスには食欲を増し、消化促進の効果もありますので、豚肉入りカレーはまさに夏バテ解消の為のメニューなのです。

食べ物以外の解消法

しかし、夏バテになってしまうと、どうしても食欲のわかない時もあります。そんな時には「湯船」で夏バテを解消しましょう。

夏はどうしてもシャワーで済ませがちですが、ただでさえ冷房で冷えた体はシャワー程度の短時間の入浴では芯から温まることはありません。夏バテの原因は自律神経の乱れですが、ぬるめのお湯を張った湯船にゆっくりつかることで、自律神経の乱れがほぐれ、同時に体の緊張もほぐれてリラックスモードに。

さらに、全身の血行も良くなることで胃腸の血流もアップして、食欲の回復にも繋がるのです。ただし、真夏の入浴はのぼせやすくなりますので、ぬるめのお湯で半身浴をするなど無理をしない方法で入りましょう。

また、真夏の熱帯夜で睡眠不足な時にもゆっくりと湯船につかって、体の緊張をほぐすと寝苦しい夜でも気持ちよく眠れるでしょう。

まとめ

解消法夏バテ
夏は疲れがたまりやすく、どんなに気をつけていても夏バテになりやすい季節。特に残暑が厳しい夏の終わりになると、たまりに溜まった疲れがドッとでてしまいがちです。

しかし、毎日の食事に疲労回復効果の高い食材を取り入れたり、帰宅後には湯船につかってゆっくりと入浴する。という習慣を身に付けていれば、自然と免疫力を維持でき、辛い夏バテを回避できます。

特に体力維持にかかせない食事は夏バテ解消の基本です。食事のメインには豚肉やレバー、サイドメニューには梅干やお酢などの酸っぱいクエン酸の入った食べ物を意識して選んで、夏バテを予防しましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ