部屋の臭いを消す方法!煙草の消臭に効果あるのはコレ!

分煙や嫌煙ムードが世間に広がり始めて久しいですが、やはり喫煙する方はいらっしゃいます。喫煙者の身体に煙草の臭いがまとわりついているのは、本人さんに外に出て行ってもらえばすみますが、問題なのは室内で喫煙したせいで、部屋にこびりついた臭い。

特に外から帰ってきて玄関を開けた途端に、ムッと鼻をつく臭いには耐えられませんね。さて、どうしたらこのような臭いを消すことができるでしょうか。


Sponsored Links



臭いの原因

部屋の臭いを消す方法
まずは、「くさい!」と思ってしまう煙草の臭いの原因を探ってみましょう。それは、煙草に悪臭の元となる成分が含まれているからです。

ひとつ目は、アンモニアです。アンモニアとは、言わずと知れた尿の臭いの成分。あまり掃除がされていないような公衆トイレなどが臭いのは、この成分のせいです。ニコチンの吸収を増大させるために含まれています。

ふたつ目は、哺乳類の糞便から抽出されるスカトールという成分です。抽出するものが、悪臭を放つものですので、「どうしてこんな物を?」と思われるでしょうが、低い濃度ではお花の香りのようになり、意外でしょうが、たくさんの香水や香料にも添加されています。煙草の場合も香料として添加されています。

これらの臭いが、室内で喫煙することにより、だんだんと付着して濃度を増し、悪臭となってしまうのです。

臭いを消す方法

では、このような臭いを消すにはどのような方法があるのでしょうか。

みなさんは部屋が臭いと思うと、すぐに消臭スプレーを使われるでしょうが、これは一時しのぎにしか過ぎません。やはり臭いは「元から絶たなきゃダメ!」ということです。

まずは、煙草の臭いが染みついたカーテンなどの布製品を洗濯することです。これで、だいぶ臭いは減りますが、洗えない物に付いた臭いが問題ですね。

そのためには、染みついた臭いを吸着させる物を使うことが必要となってきます。

デパートの地下のお茶屋さんの近くを通った時に、茶葉のいい香りを感じたことがありませんか?それを、我が家にも実現してみましょう。

一気に香りをたてたいときは、フライパンに乾煎りの要領で、茶葉を広げて弱火にかけます。茶葉がほうじ茶のように茶色くなってくると、あのお茶の香りが強くなってきます。このフライパンを持って部屋の中を歩き回ると、お茶の消臭効果と煎った茶葉の香りで部屋が満たされます。

また、日常的にはアロマポットを使うこともお勧めです。アロマオイルを垂らす部分に茶葉を広げて、ろうそくを付けます。

茶葉の香りがかすかに漂い、煙草の臭いが気にならなくなります。茶葉は、賞味期限切れのものや湿気がきたものでもかまいません。

また、ハッカ油も効果的です。2,3滴のハッカ油を垂らした洗面器いっぱいの水に浸したタオルを硬く絞って、家具やソファなどを拭いてみましょう。淡いメンソールの香りが煙草の臭いを消し、室内をさわやかにしてくれます。

いろいろ、火を着けたり、拭いたりするのが面倒くさい、という方にお勧めなのは、お酢を入れたボウルを部屋の隅に置いておくことです。数時間後には、部屋の臭いが消えてしまいます。また、観葉植物を置いておくのもOKです。観葉植物には、有機物の臭いを分解する作用がありますので、脱臭効果のあるインテリアとして最適です。

臭いの解消効果

これまで、どのように臭いを消していくか、ということに重点を置いてきましたが、実は悪臭を消す、ということは、心身のリフレッシュにもつながります。茶葉を煎ったときなどのいい香りは、心を落ち着かせ、免疫機能や自律神経などを活性化させます。そのため、身体のリズムが整えられたりするのです。アロマセラピーがその典型ですね。

逆に、嫌な臭いは、イライラして集中力がなくなったり、ひどい場合は頭痛や吐き気を引き起こしたりしますので、やはり、煙草の臭いなどの悪臭は、すみやかに消臭することが大切でしょう。


Sponsored Links

体験談

実は、私の夫も喫煙者、いえヘビースモーカーです。ですから、一時期は室内や車の中が「げぇっ!」というぐらい臭うこともありました。そのたびに、消臭剤を置いたり、消臭スプレー撒いたりしましたが、あまり効果が無く、我慢をしていた覚えがあります。

ですが、世間の情勢につれて職場でも分煙が始まったことで、本人にも自覚ができたのか、室内では吸わなくなり、室内の臭いも自然に薄れてきました。

でも、やはり、本人の身体に染みついた臭いはどうしようもないですよね。そんな時に教えていただいたのが、茶香炉です。もらったまま賞味期限切れになった茶葉がたくさんあったこともあって、一日中たいています。お陰様で、いい香りに囲まれて、気持ちも穏やかに過ごせています。

まとめ

煙草部屋の臭いを消す
煙草の臭いにかかわらず、嫌な臭いは、気分を不快にするばかりだけではなく、体調不良にもつながることがあるので、まめに消臭することが大切です。

ちょっとした工夫で、いい香りに包まれて、心豊かに過ごせることは、素晴らしいことですね。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ