足のつる原因は?病気の可能性はあるの?対策を知り不安を解消!

気持ちよく眠っている時、自宅でゆっくりくつろいでいる時、突然足の裏やふくらはぎがつってしまうことがあります。

激しいスポーツや筋肉を酷使している訳ではないのに、急にやってくる足がつるという症状は実は体から送られてくる、あるサインなのです。


Sponsored Links



足のつる原因

足のつる原因
足がつるとは「自分の意思とは関係なく足の筋肉がけいれんする」ことをいい、一般的には「こむらがえり」と呼ばれたりする症状です。

足がつる原因は「筋肉の疲労」「ミネラルの不足」「脱水のよる血流の低下」だと考えられます。

筋肉の疲労による足のつりは、主にジョギングやサッカーなどの足を多く使うスポーツ中に、筋肉に疲労物質が溜まり、脳と筋肉の神経の連携が取れなくなって起こるけいれんです。

ミネラル不足が原因の足のつりは、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどの筋肉の収縮に必要なミネラル分が体内に不足しているため、筋肉の収縮がうまく行えずに硬直してしまうために発生します。

脱水による血流低下によって起こる、足のつりは体内の水分量が減った結果、血のめぐりが悪くなってしまい体温が下がってしまうことによって、筋肉が固く緊張してしまうことが原因です。

以上の3つが足のつる原因ですが、いずれの場合も足の筋肉が緊張して硬直、けいれんする現象で、寝ている時やリラックス中によく起こるのは、眠っている時は足の筋肉がゆるんでおり、それに加えて足の血流が悪くなるためだと思われます。

こむら返り予防のストレッチ体操 膝曲げふくらはぎストレッチ

病気の可能性はあるの?

さきほど、足がつる原因として筋肉の疲労やミネラル不足をあげましたが、頻繁に足がつるという症状の裏には病気の可能性が隠れていることもあるのです。

特に注意したいのが「脳梗塞」や「糖尿病」などの病気のシグナルとして足がつっているケース。

ふくらはぎがつったり、足の指がこわばるような足のつりが何度も起きている場合は「手足のしびれや喉の渇き」といった異変を感じていないかをチェックしましょう。

足のつりと手足のしびれや喉の渇きが日常的に起こっている場合は「脳梗塞」や「糖尿病」の疑いがあります。

また、普段から腰痛がある方は「椎間板ヘルニア」による神経の圧迫による血流の低下で足がつっている可能性も。

その他にも「血圧を下げる降圧剤」を服用している方にも足がつりやすい傾向がありますので、思い当たる点があった場合はで、確認の意味も含めて医療機関の受診をおすすめします。


Sponsored Links

予防・対策

寝ている時にに足がつるのは、せっかくの睡眠が妨げられて辛いものです。では睡眠中の足のつりを減らすためにはどんな対策があるでしょうか。

足のつる原因の多くは疲労の蓄積によるものです。つまり疲労を溜めないことが足のつりを防ぐ最大の対策となります。

日頃からの運動不足で足の筋肉が低下しているという方は、徒歩の移動を増やして、ふくらはぎの筋肉を使ってあげる、足首をゆっくり伸ばすストレッチを行うなど、筋肉を動かす機会を増やすことも効果的。

また、食事の際にミネラルを補給するメニューを意識的に摂取することも大切。

筋肉の収縮に必要なミネラル分カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどを多く含む食材、わかめやアーモンド、かぼちゃ、小魚などを日常的に摂るなどして食生活で足がつることを予防できます。

しかし、それでも足がつってしまった場合は、ひきつっている部分を手のひらでそっと温めたり、ゆっくりとさすって患部を温め、痛みが少し楽になって来たら、ゆっくりとつま先を頭のあるほうへ傾けるように伸ばしたり、足の指をつかんで、時間をかけて緊張した筋肉をほぐしましょう。

まとめ

原因 足のつる
いつも突然に襲ってくる「足のつり」ですが、それは自分の体からのSOSでもあります。

あまりの激痛に慌ててしまいがちですが、痙攣している筋肉を温めて、ゆっくりと筋肉の緊張をほぐした後は、生活の乱れや病気のシグナルを発見する良いチャンスと考えて、最近の生活や健康についてしっかりと見直してみましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ