納豆の栄養と効果は?毎日食べた方が良いの?健康な体を目指す!

納豆は、体に良い栄養価の高い食べ物として、日常的に食べられている食品です。

納豆とはどのようなものか、納豆の栄養や効果について、毎日食べた方が良いのかなどにつきまして紹介します。


Sponsored Links



納豆とは?

納豆 栄養
納豆は、大豆を納豆菌により発酵させたものです。

納豆の減量の大豆は、栄養価の高いバランスの良い食品ですが、畑のお肉と言われるほどタンパク質が豊富で、タンパク質もアミノ酸のバランスが良い良質のタンパク質です。

大豆は、そのままでは消化しにくいので、タンパク質が体内に吸収されるのは7割弱くらいですが、納豆になることにより消化することが向上して、タンパク質の消化吸収も9割ほどに上昇するのです。

また、発酵して納豆になることにより、含有するビタミンやミネラルも増加します。大豆食品は、豆乳や豆腐、おからなどもありますが、納豆は大豆食品の中でも最も優れた食品と言えます。

納豆の栄養

納豆の栄養は、納豆に含まれる栄養素によります。最も一般的な栄養素は納豆キナーゼで、ナットウキナーゼは、納豆にしかない酵素です。ナットウキナーゼの効果は、ガンを抑制する力があり、血液をサラサラにする効果もあります。

納豆ムチンは、納豆のネバネバのことで、山芋と同じものです。正式な名前は、グルタミン酸ポリペプチドと呼ばれていて、肌の若返り効果や、潤いのある肌にする効果があります。

納豆は、食物繊維が100g中に7g含有しており、ほうれん草が3.5gであることと比較すると、倍の植物繊維が含まれていることになります。

納豆に含まれるレシチンは、便秘や肥満解消に効果があり、脳の働きを上げて記憶力の低下を防ぎます。また、細胞の働きを活発にして、肌をきれいにします。

納豆が含むビタミン類も、血行を良くすることや、丈夫な骨をつくることで、健康な体作りや美容効果が期待できます。

納豆を10倍楽しむためのセット!

納豆の効果

日本人の長寿の秘密が食にあることは知られていますが、特に日本で産出される豆類の加工食品が、長寿とも関連があるのではないかと言われています。

豆類の加工といえば、納豆は大豆の加工品として昔から日本人の食卓になくてはならない食べ物で、栄養面では勿論ですが、脂肪の吸収を抑えるダイエット効果や、高血圧の予防、コレステロールの低下などの効果なども期待できます。

また、納豆は長寿や健康に欠かせない食べ物であるばかりでなく、ドライアイや乾燥肌やニキビなどの改善という美肌効果や脳の活性化などに非常に有効な働きをすると言われています。


Sponsored Links

毎日食べた方が良いの?

納豆に含まれる納豆キナーゼは、効果が持続するのが8時間から12時間と言われていますので、出来れば毎日、朝食や夕食で食べるのが効果的です。

また、納豆に含まれるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあるとされています。納豆は熱に弱いので、生で食べるのが、体に良い効果が期待できると思います。

納豆を選ぶのは、時間が立ってくると納豆菌は生きているので発光が進んでしまいますので、なるべく納豆の製造年月日が新しいものを選ぶことがよろしいと思います。

納豆は、時間が経つと変色して健康に効果的なネバネバも無くなってきますので、購入後は早めに食べることが良いと思います

ただ、まとめて大量に購入した場合は、冷凍保存をして、食べる時に自然解凍すると、購入の時と同じような味の納豆が食べられます。

納豆が嫌いな人も多いと思いますが、料理や組み合わせを考えれば、食べられるかもしれません。例えば、納豆にマヨネーズを入れて、ネバネバを無くしてなめらかな味にするとか、納豆と玉子を組み合わせるとか、納豆にキムチを加えるとか、色々工夫すれば、栄養価の高い納豆を食べられるようになるかもしれません。

まとめ

納豆 効果
納豆は、日本人の食べ物の中でも、特に優れた働きを有していると言えます。

日本人の長寿とも関係していると言われるほど、納豆の効果は折り紙つきになっておりますので、納豆が嫌いな人も、食べ方を工夫して食べるようにして、日本が世界に誇る納豆の効果を試してみることをおすすめします。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ