犬熱中症の原因と症状はコレ!対策を調べて大切な家族を守る!

春から初夏にかけて、日射しがまぶしくなって来る季節。ワンちゃんと一緒にお出かけする機会も増えてくると思います。

しかし、人間よりも体温の高い犬にとって真夏はもちろん春でも熱中症のリスクが高いということをご存知ですか?

犬にとって熱中症は命に関わる危険な病気です。大切な家族であるワンちゃんと元気に夏を乗り越えるためにも、正しい熱中症対策をしっかりと学びましょう。

Sponsored Links

犬の熱中症とは?

犬熱中症
体の大部分を毛に覆われ、平熱が人間より高めの犬ですが、人間と違って汗による体温調節が得意ではありません。犬が汗をかく部分は肉球の裏のみで、主に呼吸で体温を調節します。

しかし、近年の日本の気温の上昇で呼吸だけでの体温調整が間に合わずに、犬の体温が急激に上昇し、脱水症状や体調不良を引き起こしてしまうケースが急増しているのです。

原因

犬の熱中症の原因の多くが、冷房がない環境や密閉した空間に長時間閉じ込められたことによる、急激な体温上昇です。

常に呼吸で体温の調節を行っている犬は人間より暑さに弱く、冷房のない室内や直射日光のあたる屋外ではどんなに呼吸をがんばっても体温調節が間に合わず、ほんの数十分でも脱水症状になってしまいます。

特に真夏のドライブでの犬の熱中症例は多く、車内に取り残されたワンちゃんが亡くなってしまう悲しい事故も発生していますので、車の中でワンちゃんだけのお留守番は極力さけるようにしたいものです。

Sponsored Links

症状

犬の熱中症の初期症状として現れやすいのが、呼吸の変化です。

  • いつもより呼吸のペースが速く呼吸が荒い。
  • 口を大きく開けて舌をだらりと出して呼吸をしている。
  • よだれがたくさん出ている。

などの症状が見られる場合は体温調整がうまく出来ていない合図ですので、水を口元に運んで飲ませる、犬の脇や足の付け根を氷嚢などを当てて冷やす。等の応急処置をしながら、呼吸が落ち着くまで様子を見ましょう。

さらに症状が進んでしまった場合、嘔吐やけいれん、ぐったりして声をかけても反応がない。などの症状が見れます。

この症状が現れている場合はすぐに動物病院で処置を行う必要があります。病院に搬送するまでの間は、無理に水を飲ませようとせずに、犬の脇やお腹に水をかけたり、氷嚢などで当てて体の冷やしながら、一刻でも早く獣医師の診察を受けましょう。

犬/夏/外での飼い方/熱中症対策コールドミスト

対策

大切なワンちゃんを熱中症から守るためには、どんな対策をすればよいでしょうか。

室内犬の場合、特に注意したいのが留守中の環境と食事です。
飼い主が外出するときは冷房のスイッチを切ったり、タイマー設定などを使って出かける方も多いと思います。しかし、冷房を切った室内の温度と湿度は急激に上昇します。室内犬の熱中症が重症化するケースのほとんどが、飼い主の留守中の室内で発生しています。電気代の節約も気になるところですが、大切な愛犬を命の危険から守るためにも、夏の外出時でもエアコンをかけたままでの外出をおすすめします。また、毎日の食事にウエットフードを取り入れて、食事から水分をたくさん摂れるようにしておくと脱水症状を起こしにくくなります。

屋外犬の場合、犬の行動範囲に日よけなどを設置して、直射日光から逃れるスペースをつくることが必要です。また犬の足元がコンクリートやアスファルトの場合は、すのこなどの敷物を用意して、地面からの熱に直接触れない工夫をしてあげましょう。飲み水が屋外にのみある場合は、定期的に水を取り替えて新鮮な水をいつでも飲めるようにしましょう。そして、特別な理由がある場合を除き、夏場だけでも、室内や玄関先などに避難させてあげるのも良いでしょう。

まとめ

熱中症 犬
人間よりも体温が高い犬は熱中症にかかりやすく、また犬の熱中症を防ぐためには飼い主であるあなたの気付きが重要。

また、小型犬や老犬などは特に暑さで体力を消耗しやすく、脱水症状にもなりやすいので注意が必要です。

エアコンやペット用のひんやりグッズなどで犬の体温の上昇を防ぐこと。毎日の食事にウェットフードを取り入れて、水分補給をしてあげること。などに加え、ワンちゃんの呼吸の状態をしっかり観察して、大切な愛犬の命を熱中症から守りましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ