部屋の臭いを消す方法!猫の消臭に効果あるのはコレ!

猫などの動物の臭いは、飼い主はあまり気にならないと思いますが、外からの訪問者はかなり気にする人もおります。臭いの原因や臭いを消す方法、臭い解消の効果、体験談などを紹介します。


Sponsored Links



臭いの原因

猫 部屋 匂い
部屋の臭いの原因は、ペットの猫の体臭とトイレの臭いが考えられます。
特に、これからやってくる梅雨の季節は、気温や湿度が高くなり、臭いを作る微生物の活動も活発になるので、臭いがきつくなります。

微生物は、気温が30度前後で、湿度が70%以上になると活動が活発になり増殖します。

梅雨の時期や夏場は、気温や湿度が微生物の動きが活発になる条件に合っているために、臭いが強くなるのです。
雨の日などは、窓を締め切るので、臭いが一段と強烈になります。

動物の体の臭いは、皮脂腺とアポクリン汗腺から出る分泌物が微生物により分解されることで生じます。皮脂腺やアポクリン汗腺は、尾のつけ根や肛門、足の裏や耳などに多くあり、この部分の手入れをすることが、臭いを防止するためには大事です。

猫のトイレは、臭いの大きな要因です。猫の尿は、老廃物が詰まった濃縮尿で、臭いが強く、糞も肉食動物特有の強烈な臭がします。排泄物の処理を怠ると、微生物が尿や便を分解して、アンモニア等の嫌な臭いを発生させ、強烈な臭いが部屋に充満する原因になります。

臭いを消す方法

猫は、自分で毛を舐めたりして清潔にしているので、体臭の少ない動物ですが、飼い主が猫自身の毛の手入れにブラッシングを加えれば、体臭が気になることは少ないと思います。

体が強く臭ったりしたら、怪我など体の異常が考えられるので動物病院に相談すべきです。

特に、肛門腺には分泌物が溜まりやすく、溜まると肛門の周りが臭うことがありますので、定期的に手入れをします。また、歯に歯石が付着していると口臭の原因になりますので、自宅で歯磨きの手入れを行うことや、動物病院で歯石を除去することも必要です。

猫トイレの臭いを抑えるためには、トイレ容器や猫砂の素材を選ぶことが大切です。また、体臭や排泄物の臭いを抑える成分が配合されたフードを選ぶことも効果的です。

また、排泄物をこまめに捨てることや、部屋の換気も臭いの軽減になります。

猫を初めて見る子猫

臭い解消の効果

猫の臭い解消の対策は、蓋付きのトイレを使用して、蓋に消臭剤を使用することと、砂にも消臭剤を混ぜるのが効果的です。
ペット用のスプレーや空気清浄機も、用意しておけば便利です。

猫の排泄物をそのままにして溜め込むと臭いの原因になりますので、排泄したらすぐに掃除をして始末をすることが臭いを発生させないためには必要です。

掃除の際は臭いが残らないように丁寧に行い、色の変わる砂が使用する上で便利です。砂の全交換や、トイレの洗浄と除菌なども早めに、出来れば1月以内に行うのが効果的です。


Sponsored Links

体験談

猫を飼っていた家が、地方の広い敷地を持つ家でしたので、何匹かの猫については、抱いたり触ったりした時に臭いが気になった経験はありません。

むしろ、やはり飼っていた何匹かの犬などの臭いと比べると、殆ど臭わない動物だという印象があります。

ただ、都会の狭い家で飼う場合は、猫自体はあまり臭わないでしょうが、部屋で排泄する場合は、排泄物の臭いが充満して強烈に臭うだろうと思います。

まとめ

部屋 猫 匂い
猫は、あまりベタベタしない動物で、優雅な仕草は部屋のアクセサリーにもなるペットです。ただ、部屋で大半の時間を過ごし、排泄も行うとなると、強烈な臭いを覚悟しないと、飼うことは不可能です。

猫の手入れをまめに行い、排泄の砂を早めに交換することや換気を頻繁に行うことなどの工夫が、来客などに備えるためにも必要なことです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ