部屋の臭いを消す方法!犬の消臭に効果あるのはコレ!

犬を飼っているお宅やペットショップに入った時に独特の動物臭を感じることがあります。

自宅にいる時は鼻が慣れてしまっているので、あまり自覚が無い室内犬の臭いですが、ペットを飼っているお部屋には必ず動物特有の臭いが付いています。

飼い主さんはきれいに掃除をしているつもりでも、来客の方に「犬臭い…」なんて指摘をされてしまう前に臭いの原因と消臭方法をしっかりと学んでいきましょう。


Sponsored Links



臭いの原因

部屋の臭いを消す方法
きれいに掃除が行き届いているようにみえるお部屋でも、犬の臭いの発生源をしっかりと理解しておかなければ消臭は出来ません。

犬自体はきれいに見えても、よだれや食べこぼしと付けたまま、トイレをしたままの脚で部屋中を歩きまわるのですから、当然その汚れが部屋のあちこちに付いてしまいます。

さらに犬のトイレは人間のトイレと違って水でキレイに流すことができません。ペットシーツやトイレ容器自体についたおしっこは糞の臭いは、すぐに片付けてもお部屋全体に広がっているのです。

犬の臭いの原因は「犬自体が発する臭い」「犬のトイレの臭い」「家具やカーペットに染み付いた臭い」と複数あり、これらを一つ一つに対策をする必要があるのです。


Sponsored Links

臭いを消す方法

お部屋に付いた犬の動物臭を消すには、まず犬自体から発する臭いを減らしてみましょう。
室内犬を飼っているお宅ではワンちゃんをシャンプーするのは当たり前かもしれませんが、特に臭いが溜まりやすいのが、犬の顔のシワや、足の付け根部分、垂れ耳の内側。これらの部分はシャンプー後の湿気が溜まりやすく、拭き忘れた水分が体温で温めれらて、臭いニオイの元となります。シャンプー後は、飼い主さんの手でしっかりとタオルドライをしてあげると臭いも軽減します。

次に、必ず対策したいのが犬のトイレの臭いです。
トイレシート代を節約するために、ワンちゃんがおしっこを数回分を済ますまでシートを変えないという人もいますが、これはトイレの臭いを部屋全体の空気に長時間さらしていることになるので、カーペットや壁紙にもトイレの臭いが染み付いてしまいます。犬の臭いを少しでも減らしたいなら、シート代をケチらずにトイレをするごとに新しいシーツに交換しましょう。シーツを捨てるゴミ箱なども、フタつきの臭いが漏れないゴミ箱がおすすめです。また、ワンちゃんの脚におしっこがついたままで部屋の中を歩き回ると、臭いの元を部屋中に運ぶことになりますので、トイレの度にワンちゃんの脚を拭いてあげるのも効果的。

最後に、一番やっかいなのが家具やカーペットに染み付いた臭い。
ワンちゃんお気に入りの毛布やクッションなどは、よだれなどが染み込んでいます。自宅で洗えるサイズのものは定期的に洗濯をしましょう。お部屋の床にカーペットやラグを敷いている場合はワンちゃんの毛が絡みついたり、汚れを洗うことが困難なので、安めのカーペットを敷いて定期的に買い換えるか、思い切ってカーペットを辞めてしまうのもいいでしょう。ソファーなどを使用している場合もカバーをかけて定期的にカバーを洗う、革製のソファーに変えるなど、とにかくマメに洗濯をするか、汚れの付きにくい素材のインテリアを選ぶのも臭いを軽減するポイントです。

ペットにおしっこされたカーペットの消臭方法

臭い解消の効果

お部屋についた犬の臭いを消すためにはとにかく清潔を保つことがポイントですが、これにはうれしい相乗効果があります。

まず、ワンちゃんのシャンプーやタオルドライをしっかりする事で、犬がかかりやすい皮膚炎や耳垂れなどの異常に早く気付くことが出来ます。

また、トイレシートを毎回交換することで、オシッコの異常にも気付きやすいので消化器系や排泄系のトラブルも早期発見が出来るので、こまめな臭い対策がワンちゃんの健康チェックにもつながっていくのです。

まとめ

犬消臭
お部屋に染み付いた犬の臭いをズバリと指摘されると、飼い主さんの心も傷ついてしまいますよね。

でも、日頃から犬のボディケアをこまめに行って、お部屋のインテリアを臭いの付きにくい素材に変えたり、洗える素材を選んでおけば、犬の臭いはだいぶ軽減できます。

さらに、最近は消臭機能の付いた空気清浄機などもお手頃な価格で販売されていますので、興味のあるかたは空気清浄機の導入もいいでしょう。

犬の臭いは芳香剤などのキツい香りで誤魔化すより、清潔を保つのが一番。

まずは手軽に出来る対策から始めて、ワンちゃんも飼い主さんも気持ちよくお客様を迎えられる部屋を目指しましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ