食後はなぜ眠くなるの?原因と対策は?眠気をスッキリする方法!

不眠症のため、毎晩、睡眠導入剤にお世話になっています。決して眠気がないわけではありません。むしろ、常時、眠い状態ですが、なぜかぐっすり眠れません。

もちろん、昼食後は激しい睡魔に襲われますので、デスクの前で目をつむっています。でも、眠れません。運動不足か?


Sponsored Links

眠くなる原因

食後眠くなる理由
不眠症のため、睡眠に関してはそれなりに勉強していますので、軽く講釈を垂れましょう。人間の体内時計は1日25時間が1サイクルになっているそうです。これは時計なし、日光なしの生活を長期間続けた実験結果により、判明しています。1日24時間なのに、なぜか体内時計は1時間ずれています。不思議ですね。

ヒトはこのズレをどのように修正しているかといいますと、「日光を浴びる」ことで、リセットしています。曇り空でも太陽光のパワーは十分です。問題ありません。そして、陽の光を浴びた約15時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され、自然と入眠して行くのが普通のヒトです。わたしは普通ではないようなので、薬に頼るしかありません。これが、夜、眠くなりメカニズムです。

では、日中腕も食後に眠くなるのは、どうしてでしょうか?原因は2つ考えられます。ひとつは、食べものを消化するために胃に血液が集中し、脳に十分な血液が回らなくなるケースです。そして、もうひとつは食事中の炭水化物により上昇しすぎた血糖値を、身体がインシュリンを分泌して下げようとして発生する、低血糖状態のケースです。

ザックリとまとめてしまいますと、「食事量が多すぎる」か「炭水化物の摂取し過ぎ」、またはその両方が原因で、食後に眠くなると言えます。

食後の眠気を抑えるためには!

基本的な対策は、昔から言われているように、食事を「腹八分目」に抑えることが、もっとも効果的です。総食事量・炭水化物量の両方を抑えることができます。言うのは簡単ですよね。実は、わたしもできません。なぜなら「早食い」だからです。

人間は食事を取り始めてから、満腹中枢を刺激し始めるまでに、タイムラグがあります。ですので、食べ過ぎる前に満腹感を感じるように、食事はゆっくり食べるように心がけています。

時間をかせぐため1口30回噛むようにしていますが、3食とも孤食なのであまり時間が稼げません。満腹感を感じるまで食べ続け、確実に食べ過ぎます。食事は、できれば、誰かと会話しながら取るようにしたいものです。

食べ過ぎが不可避でしたら、炭水化物の量を減らすだけでも、食後の眠気対策には効果があります。野菜、タンパク質を多めにし、高タンパク・低カロリーな食事がおすすめです。

加えて、食べる順番も野菜・肉・魚類・炭水化物の順で食べて行くと、炭水化物の摂り過ぎ防止に効果があります。ついでに、ダイエットにも効果的です。


Sponsored Links

眠気をスッキリする方法!

根本的な対策は食事量と炭水化物量のコントロールですが、思うようにできない方のために、食後の眠気対策を紹介しましょう。

睡魔が襲ってくるのは、大体食後5~10分後くらいです。その時間帯から、ゆっくり散歩すると良いですよ。身体を動かすことで、血流が活性化します。ただし、疲れるような運動は逆効果。疲労感でさらに眠くなります。気をつけましょう。

季節的に外に出るのは億劫だということもあるでしょう。そういう場合は、食後にコーヒーなどでカフェインを摂取して、一眠りしてみてください。

「カフェインを摂ったら眠れない!」という方もいると思いますが、カフェインが効き始めるのは、摂取してから20~30分後です。一眠りして起きたころにちょうど効き始めます。午後の仕事開始時にはアタマスッキリになっています。ご安心を。

わたしのように「コーヒーがキライ」という方もいらっしゃると思います。そんなあなたには、食後の睡魔にまかせて仮眠して、起きたら冷たい水で顔を洗うのがおすすめです。

冷水で瞬間的には目覚めますが、効果が持続しないのが欠点です。その他には、眠気を払うツボ押しもいいですよ。

食後の眠気対策 陰都のツボ

まとめ

食後眠気解消
日々、忙殺され慢性的な睡眠不足に陥っている現代人が、食後に眠くなるのは当然と言えるでしょう。

眠いときは眠るというのが、もっとも効果的ですが、仕事やらなにやらでそうそう寝てもいられません。そういうときは、食事の質と量をコントロールし、炭水化物と食事総量の摂り過ぎに気をつけましょう。

基本は、ゆっくり食べることと、腹八分目に抑えることです。それが、難しいんですが…。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ