アロエ効果!有効成分が評価される理由と正しい摂り方は?

ドラッグストアなどに行くと、いろいろなアロエ製品が並んでいますよね。アロエ乳液、アロエ化粧水、アロエリップクリームに、アロエハンドクリーム、果ては、アロエヨーグルトにアロエジュース。

この商品の並び方をみても、アロエがとても健康に良さそうなのはわかりますが、では、一体、どんな成分が有効なのでしょうか?探ってみましょう。


Sponsored Links

アロエとは?

アロエ効果
アロエとは、アロエ属の多肉植物の総称で、その種類は300種以上がありますが、日本で多く生育しているのは、キダチアロエとアロエベラです。

キダチアロエは、栽培されているのか、自生なのかはわかりませんが、よく民家の庭先などでみられます。株分けすることでどんどん増えていきますので、育てやすいものです。アロエベラは、アロエの中でも最も大きなもので、キダチアロエの10倍ほどの大きさになるものもあります。

寒さに弱いため、日本では沖縄地方でしか育つことができませんので、本土で育てるときは、温かい環境が必要となります。

有効成分が評価される理由

アロエは昔から「医者いらず」と言われ、家庭でもよく使われてきました。では、どういう成分が評価されてきているのでしょうか?

アロエに含まれる主な成分のひとつに、ゼリー質の葉肉に含まれる多糖体があります。これは、たくさんの糖がつながったもので、そのためさまざまな働きをします。
また他にも、胃の調子を整える作用を持つアロエモジン、消毒・殺菌作用を持つアロエチン、比較的緩やかな下剤の作用を持つアロイン、腫瘍が出来るのを抑える作用を持つアロミチンやアロエウルシンなどがあります。また、各種のビタミン類やカリウム、鉄分なども含まれています。

これらをみても、アロエが昔から「家庭の常備薬」のひとつとして重宝されてきた理由がわかりますね。

アロエ効果

では、どのような効果があるのか、具体的にみていきましょう。

腸の働きを整える
アロエに含まれるアロインという成分が、腸内の水分量を増やすことで、ぜん動運動が活発になり、便通を促します。腸内の善玉菌を増やす役割を持っていますので、最近注目され始めている「腸内フローラ」を健全な状態に保つことが出来ます。

胃の健康を保つ
先述のアロインと共にアロエモジンという成分が胃液の分泌を促進するため、消化の働きが活発になり、胃もたれなどの胃の不調を防ぎます。また、アロエウルシンには、胃酸で傷ついた胃壁の傷などの表面を覆い、痛みを和らげる作用もあります。

肌の調子を整える
アロエのエキスを肌に塗ると、肌のコラーゲン量を増やし、また肌の水分量を適切な状態に近づけてくれるので、美肌効果が期待されます。また、食用として摂っても、肌のコラーゲン量が増えるという効果がみられるので、アロエを身体の内からと外から摂ることは、効果的です。

肌を白くする
アロエの成分のひとつであるアロエシンは、ビタミンCと同様の美白効果があります。これは、メラニン色素の元になるチロシナーゼの働きを抑制するためです。また、肌の細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進するので、出来てしまったメラニン色素を外に追い出すことができ、今あるしみ・そばかすも消す効果があります。

軽いやけどなどの傷を治す
アロエの葉肉のゼリー状の部分には、皮膚の軽いやけどや、虫さされのただれなどを治すサルチル酸やベレクチンというが含まれています。これらが炎症を抑え、ビタミンCや多糖体が皮膚の細胞を活性化して、皮膚の再生と修復に働き掛けることで、炎症が治まるのです。


Sponsored Links

正しい摂り方

以上、アロエの効果をみてきました。あまりにも万能薬なので、すぐにでも庭のアロエを切ってきて、摂取したいところですが、気をつけなければならない点もあります。

妊婦さんは摂取しないこと
キエダアロエに含まれる成分に子宮を収縮させるものがあるので、万が一の事を考えて、妊娠中は摂取を避けた方がよいでしょう。

胃の症状によってキダチアロエかアロエベラかを選ぶこと
アロエベラは、出過ぎる胃酸を抑える効果がありますので、胃酸過多や胃潰瘍などの人には効果がありますが、キエダアロエは、胃酸の分泌を促進するので、禁物です。胃酸欠乏症、胃下垂などの人に適しています。

これらの事を踏まえて、以下のような摂り方をしてみましょう。

キエダアロエは、葉肉の部分が少なく、葉に苦み成分が含まれているため、生で食べるのには抵抗があります。葉を、2,3センチ幅に切って、はちみつレモンと一緒につけたり、梅酒のようにアルコールと氷砂糖とつけて、アロエ酒にして飲むと良いでしょう。

アロエベラの場合は、葉肉のゼリー状の部分がたくさんあるので、葉を剥いて、小さく切り、ヨーグルトやサラダに混ぜたり、ミキサーでジュースにしても良いでしょう。

葉肉をそのまま摂ることもよいですが、それには庭先にアロエが生育していないといけません。アロエを育てられない環境の人は、パウダー状になったものや錠剤になったものも市販されていますので、それらを活用すれば、手間もかからず手軽に摂取出来ます。

まとめ

効果 アロエ
私もアロエは、虫さされの時に重宝していましたが、他にもこんなにたくさんの効果があると知り、ビックリしています。

サプリメント全盛期の現代、いろいろな効果を願って、ついつい何種類ものサプリメントに手を出してしまいがちですが、アロエがひとつあれば、何種類もの効果が期待でき、経済的にも助かります。

早速、園芸店にアロエを探しに行ってみましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ