廃車費用がもったいない!お得な車の処分方法はあるの?

車は、公共の交通機関などに比べると、足として便利なものですので、一度使うとなかなか手放すことは困難です。しかし、古くなって修理代が掛かり過ぎる状態になってきますと、廃車も考えてしまいます。

車を廃車にする理由は何か、通常の廃車費用はいくらかかるか、お得な処分方法はあるのかなどを紹介します。


Sponsored Links

車を廃車する理由

廃車費用
車を廃車にする理由は、長く使用してきて車が古くなってきたからということが最も多いと思います。車が古くなると、次々に部品が消耗してきますので、その度に修理をしなければならず、修理代が高くなってきて、廃車にしようと思う所有者が多いと考えられます。

ちょうど車検のタイミングで廃車にするケースもよくあると思います。車検代は一時的に高い金額がかかりますので、古くなったこともあり、車検の前に廃車にするケースです。

その他に、事故や災害などで乗れなくなってしまったという場合もあります。通常の走行をするには困難な事故や災害の影響があり、廃車にする場合です。

また、事故などとも関連がありますが、破損や故障の修理代が高額の為に廃車にしてしまう場合などがあります。

通常の廃車費用

廃車のためにかかる費用は、新しく制定されました法律による自動車リサイクル料と解体に要する解体費用と廃車の手続きの抹消登録費用の3つになります。

自動車リサイクル料は、2005年1月から自動車リサイクル法がはじまり、自動車メーカーや輸入業者にシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取やリサイクルを義務付けています。処理費用はリサイクル料として車の所有者が負担することになっています。

リサイクル料金の相場価格は、国産の軽から大型車まで、8千円から2万円程になります。

解体料金は、解体業者へ依頼した場合は1万円程度が相場の価格です。スクラップの鉄くずは値段がつきますので、業者によっては無料だったり、お金になったりします。
自分で解体業者に持ち込めば費用が発生しませんが、自宅からの引取をお願いする場合は、解体費用にプラスアルファが必要になり、どうしても2~3万円はかかります。

抹消登録費用は車を抹消登録する時の手続き料で、自分で手続を行う場合は検査登録印紙代の350円だけです。その際、車検証、ナンバープレート、印鑑登録証明証が必要です。

スターレット譲り受け~廃車までの記録

Sponsored Links

お得な処分方法

廃車に関わる費用と各種書類作成の手間を考えると、ディーラーや買い取り業者に依頼した方が得ですし、手間暇がかからないので疲れない方法です。

買い取ってもらう場合は、廃車に関する手続きを代行してもらえることが一番のメリットです。また、どんなに古くなった車でも売れますし、無料で査定を依頼することができますので、査定をしてもらうことをおすすめします。

査定で、予想以上の価格がつくこともあり、単なる下取りや廃車にするよりもお得な処分方法だと思います。
中古車の一括査定サイトを活用するのも、効果的な良い方法です。

たとえ衝突事故の車でも、状態によっては購入先があり、値段がつく可能性があります。

一括査定サイトは、最大10社から見積もりがもらえる「かんたん車査定ガイド」や155社の中古車買い取り業者と提携している「ズバッと車買取比較」、リクルートが運営している「カーセンサー」などがあり、いずれもネットで無料査定を行っていますので、気軽に査定をすることが出来ます。

まとめ

費用廃車
車の廃車は、金額的にはそれほど高額ではありませんので、自分で行うこともひとつの方法ですが、手続き等に要する手間暇を考えますと、買い取り業者に代行してもらうことが簡単だと思います。

また、一括サイトを活用して、出来るだけ有利な金額で引き取ってもらうことが効果的な方法だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ