猫熱中症の原因と症状はコレ!対策を調べて大切な家族を守る!

猫は比較的暑さに強いといわれていますが、人間と同じように猫も熱中症になる危険があります。猫が暑い時期に快適にすごせるように配慮してあげたいですね。

お留守番をさせるにしても、連れて歩くにしても対策は必要です。それぞれのケースで対策を立ててみました。


Sponsored Links

猫の熱中症とは?

猫熱中症
体内に熱がこもってしまい、外にうまく熱を逃がすことが出来なくなってしまった状態です。その結果体温が急激にあがり、体温調節ができなくなってしまうのです。

人間のように汗をかいて体温をさげることができないので、ハァハァという呼吸法で体温を下げようとしますがそれにも限界があります。肥満気味の猫、高齢の猫、子猫などは特になりやすいので十分注意が必要です。

熱中症に注意!

猫の熱中症とはどんな症状を起こすの?

口を開けてハァハァ苦しそうに息をします。目が真っ赤になり、よだれをダラダラたらすようになります。ぐったりしたり、吐いたり、下痢をしたり、けいれんを起こして意識を失ってしまうこともあります。最悪の場合はショック死してしまうこともあるのです。

原因

暑い所に長時間いることが原因です。 エアコンの効かない部屋や狭いゲージに長時間とじこめられていると熱中症になってしまいます。

たとえば、強い日差しのあたる部屋で涼しい場所に移動することができない、水も飲めないとなったら危険な状態です。

お外にいる猫は自分で涼しい場所を見つけて自由に移動していますが、おうちの中にいる猫はそれが出来ないので人間が配慮してあげなくてはいけません。

車の中も同様です。短時間だからといってエアコンをかけずに車内に放置するとあっというまに車内の温度が上がり、危険な状態になってしまいます。窓をあけていても温度は上昇していきます。


Sponsored Links

対策

お留守番させるときはエアコンを
暑い時期に猫を部屋においてお出かけするときは、エアコンをつけてあげましょう。温度は29度から30度ぐらいが理想的です。湿度が高いのが苦手なのでできれば除湿をしてあげるといいですね。でも万一エアコンが故障してしまったらあっというまに部屋の温度が上昇してしまいます。その時のために他のお部屋を自由に行き来できるようにしてあげましょう。ドアは猫が通れる幅ぐらいあけておいてください。もし簡単にドアが閉まってしまうようであればストッパーで止めておいてあげて下さい。

タイルの冷たい所が好きな猫もいます。もしそうならお風呂場を開放してあげるか、もしくはひんやりした場所を一つ用意してください。もしお風呂場ならお水はかならず抜いて、危険のないようにすることが必要です。

カーテンはしめて、直射日光があたらないようにすることも大事です。またお水をたっぷり用意してあげましょう。もしこぼしてしまったらお水が飲めなくなってしまうのであちこちにお水を置いてあげましょう。

車で連れて歩くときは温度に注意
車の中は温度が上がりやすいので十分注意が必要です。適温は20度ぐらいです。車内放置は絶対厳禁です。窓を開けていても換気は十分ではありませんしエアコンをつけていたとしても万が一エアコンが止まってしまうこともありえます。どうしても食事などで車からおりたい時は動物と一緒に入れるレストランに入るか、もしくは誰かが車に残るようにするのがベストです。

また、キャリーバックにいれて連れ歩くときは少しだけ大きめのキャリーバックにいれてあげましょう。猫はどちらかというと狭い所が好きなのであまり大きすぎるキャリーバックでない方がいいですね。少し大きいぐらいがちょうどいいです。

通気性のあるものを選んであげて。ふだんからキャリーバックに入る習慣があるとお出かけするのが楽です。初めて閉じ込められた猫は興奮してあばれるので、ますます熱がこもってしまいます。

時々中の様子を見てあげて、暑そうなら冷たいタオルで体をふいてあげましょう。保冷剤をいれてあげるのもいいですね。

まとめ

熱中症 猫
猫の目線に立って快適に過ごせるよう見直してみることが大事な事で熱中症は正しい知識があれば防げます。いつもと様子が違うなと思ったらすぐ病院につれていくようにして下さい。

特にぐったりしていて元気がなかったら、体を冷やして水分を十分にあげてできるだけ早く病院に連れて行きましょう。

迅速な措置が命を守ります。猫は大切な家族の一員。いつまでも可愛がってあげたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ