急性胃腸炎の原因は?ストレスは関係あるの?症状や対策を調べる!

急性胃腸炎は、嘔吐や下痢の症状に突然おそわれる病気です。

急性胃腸炎とはどういう病気か、原因や症状は、ストレスは関係あるのか、対策はどうすればよいのなどにつきまして紹介します。


Sponsored Links

急性胃腸炎とは?

急性胃腸炎
急性胃腸炎は、胃炎の症状である嘔吐と、腸炎の症状である下痢におそわれる病気で、急性で発症する特徴があります。

ほとんどが感染性の胃腸炎で、中でもウイルス性のものが圧倒的に多いのですが、一部に細菌性のものや原虫によるものなどがあります。化学物質やアレルギーなども関係します。

感染経路は、食品などからが最も多いケースですが、感染経路が不明な場合もあります。海外旅行などで、現地の食べ物や飲水で感染することもありますし、ペットなどから感染する場合もあります。

原因

急性胃腸炎の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因の一つです。間食などのとり過ぎなどによる食べ過ぎや飲み過ぎは、胃への負担が大きくなり、症状が悪化する原因になります。

細菌も、原因の一つと考えられます。細菌の種類は、サルモネラや腸炎ビブリオ、カンピロバクターやO-157などです。これらは食べ物が痛む夏場に多く、食べ物管理が必要です。

ウイルスが原因の場合は、主なウイルスがノロウイルス、ロタウイルスで、冬の季節に起こりやすく、免疫や抵抗の弱い子供がかかりやすい傾向があります。

薬や薬物が原因となることもあり、非ステロイド系消炎や鎮痛剤ステロイド剤、抗癌剤などが急性胃腸炎の原因になりやすいと言われています。

症状

下痢や血便、嘔吐などが主な症状で、発熱や腹痛や倦怠感の症状が出ることもあります。

症状が出る頻度は、患者の年齢や病原体の種類によって変わり、個人差が大きいことが急性胃腸炎の特徴です。また、症状がどのくらい続くかも、個人によって異なります。

細菌性の場合は、嘔吐や下痢の症状の他に、重症化してくると血液が混入したり膿性の下痢便が出たりして、発熱や腹痛も伴って、血圧の低下や意識障害などのショック症状を引き起こす場合もあります。ウイルス性の便は、水様性の下痢便が特徴になっています。

菊川怜は急性胃腸炎

ストレスは関係あるの?

ストレスも過度のストレスの場合は、急性胃腸炎と関係してきます。

人間の脳は、ストレスを受けると脳に刺激が送られ、刺激が自律神経から消化管に移動し、胃が働きます。ただし、過度なストレスを受けると、胃の働きが活発になりすぎて、胃酸が必要以上に出る結果となり、胃の粘膜が荒れるという状況になってしまいます。

対策

まず、体から不要なものを輩出するために、充分な水分補給をすることが必要です。何回にも分けて、かなりの量の水分を、いかに効率的に補給できるかが重要です。

次に、急性胃腸炎は消化器官の炎症なので、消化しにくい食べ物を取り胃を働かせることは極力止めて、水分補給だけにするか、消化器官に負担のかからない食事が適切です。

症状が安定してきても、外部からのストレスを受けると、治るのが遅くなることや、病状が悪化してしまう恐れがありますので、ストレスをかけない注意が必要です。


Sponsored Links

体験談

若い頃に、暴飲暴食で急性胃腸炎のような症状になったことは、何度もあります。その時は、食べ物を制限して、水だけの安静状態をしばらく続けました。

幸い、悪性の急性胃腸炎ではなかったようで、いずれの場合も、節制や治療のおかげで、やがて通常の健康な状態に戻ることが出来ました。

しかし、高齢の今では、若い時の病気に対する抵抗力等が衰えていると思われますので、暴飲暴食を避けて、むしろ健康に良い物を積極的に摂取しまして、健全な生活習慣による病気の予防を心がけております。

まとめ

対策 急性胃腸炎
突然の腹痛に襲われましたら、急性胃腸炎を疑うことも必要なことです。また、ストレスからの発症もありますので、過度のストレスは避けたいものです。

急性胃腸炎は、かからないように予防することが大切ですが、かかった時は適切な処置をして、充分な静養を心がけることが良いと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ