アデノウイルスの原因と症状は?感染すると危険はあるの

夏になると幼稚園や小学校で流行するプール熱。プールの水を経由して感染する病気で、高熱や扁桃腺の腫れなどを伴う、いわゆる夏風邪のような症状を発症する感染症です。

この夏の子供達に広く流行する感染症の原因は「アデノウイルス」という数多くある風邪の原因ウイルスの一つで、このアデノウイルスは子供から大人まで幅広い年代に様々な病気をもたらす、危険なウイルスなのです。


Sponsored Links

アデノウイルスとは?

アデノウイルス原因
アデノウイルスは、インフルエンザウイルスのように風邪を引き起こす原因ウイルスの一つですが、冬に流行するのインフルエンザと違って夏に猛威を振るうのがアデノウイルス。「プール熱」や「はやり目」と一般に呼ばれている病気の原因となっています。

プール熱は咽頭結膜熱、はやり目は流行性角結膜炎と呼ばれ、その他にも扁桃腺の炎症、胃腸炎、膀胱炎など、主に粘膜や気管支系に感染しやすく様々な症状を引き起こすのがアデノウイルスです。

原因

インフルエンザとは違って、アデノウイルスによる感染症が大流行するのは主に夏。では、なぜアデノウイルスは夏に流行をするのでしょうか。

アデノウイルスに感染した場合に見られる症状はのどの腫れや熱など、一見インフルエンザに似た症状があらわれるために、市販の風邪薬や抗生物質を飲んで風邪を治そうとしますが、実はアデノウイルスには抗生物質が効かず、さらに特効薬になるような薬はありません。

なので、病院や薬局で抗生物質や薬を飲んで症状を治そうとしてもなかなか回復が見られず、プールなど介してウイルスに感染する機会も多く、夏バテによる体力の消耗もあり、アデノウイルス感染による熱や扁桃腺の腫れが長引いてしまう原因なのです。

胃腸炎による下痢・嘔吐について

症状

アデノウイルスに感染した場合に見られる症状には実にさまざまなものがあります。症状が発症するまでの潜伏期間は3~5日間。特徴的な症状は以下の4つ。

扁桃腺の腫れ
のどの痛みや違和感が数日続いたあと、高熱が3~7日間程度続きます。冬に引く風邪と症状が似ているため、風邪と勘違いしやすいですが、風邪薬や抗生物質の効果が薄いのが特徴です。

胃腸炎や嘔吐、下痢症
胃の不調や下痢が3日以上続きます。夏場の下痢は食あたりやお腹の冷えと勘違いしやすいですが、アデノウイルスに感染した場合は胃の痛みや下痢に加え、吐き気が伴います。

流行性結膜炎
一般的にはやり目と呼ばれ、目が充血し、目やにが増え、微熱が続きます。学校のプールの水などを介して、子供の間に爆発的に流行します。はやり目と診断された場合、2~7日間程度の登校禁止となります

膀胱炎
尿を作る腎臓が炎症を起こし、排尿時に違和感や痛みを感じたり、残尿感を強く感じます。放置しておくと尿に血が混じる血尿が出ます。

どの症状も軽く見られがちですが、のどの腫れは重症化すると肺炎に、胃腸炎や下痢は腸炎に、結膜炎は角膜炎、膀胱炎は腎盂炎にと、病状を軽くみて長期化した症状が悪化してしまうことが多く、気が付くと入院が必要なレベルまでに症状が進んでしまいがちです

感染すると危険?

アデノウイルスには約51種類もの型があり、それぞれ違った症状を引き起こします。しかも一般的な抗生物質や風邪薬が効かないので、対処療法か自然治癒力での回復を待つしかありません。大人から子供まで体力が落ちてしまう夏場に流行するので、治りにくく重症化に繋がりやすいのです。

夏風邪っぽい症状が出たからといって、個人で薬を購入して治そうとするより、病院に行ってアデノウイルスに感染していないかの検査をしてもらいましょう。


Sponsored Links

治療法

アデノウイルスは咳きやツバ、鼻水、便などによって飛沫感染をします。

小学生や中学生のお子様のいる家庭では、子供の持ち込んだプール熱やはやり目のアデノウイルスに大人が感染してしまうケースもあるので、子供の体のケアをした後は、うがいや手洗いをしっかりして、二次感染を防ぎましょう。

また、一般的な抗生物質や風邪薬が効きにくく特効薬がありません。一番の治療法は自分の免疫力を回復すること。

熱やのどが痛む場合は、脱水症状を防ぐためにまめな水分補給を心がけます。食事による栄養の摂取も大切ですので、食欲がない時でも口当たりの良いものを少しずつ、複数回に分けて摂るのもおすすめ。

下痢や腹痛がある場合は、冷たい飲み物で水分補給すると胃が緊張してしまうので、温かい飲み物と食事を摂りましょう。

まとめ

原因 アデノウイルス
アデノウイルスは最も流行するのは湿度も気温も最も高い真夏。

特効薬が無い症状ばかりなので、日頃からの体力維持が一番の予防法になります。また、アデノウイルスに感染した場合、約3週間~一ケ月程度の期間、体内にウイルスが残っています。

のどの痛みや下痢などが治ったからと油断せずに、しっかりと体調管理を続けましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ