敬老の日はいつ?由来と歴史を調べ感謝の気持ちでお祝い!

敬老の日がいつなのかについては、現在は9月の第3月曜日ですが、当初の9月15日と定めていたことを、途中で現在の形に変更した経緯があります。

そこで今回は、敬老の日とはどういう日か、歴史や由来はどのような内容なのか、対象になるのは何歳以上の年齢なのか、などについての紹介をします。


Sponsored Links

敬老の日とは?

敬老の日
敬老の日は、多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うことを趣旨とする日本の国民の祝日であり、敬老の日がいつかは、9月の第3月曜日と決められています。

2002年までは、毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2001年の祝日法の改正におけるハッピーマンデー制度の実施によりまして、2003年からは9月の第3月曜日になりました。

しかし、2003年は、9月の第3月曜日が偶然9月15日だったので、敬老の日が9月15日でない月日になったのは、2004年の9月20日が最初です。

敬老の日を第3月曜日に移すにあたっては、当時存命であった提唱者から遺憾の意が表明された他にも、高齢者団体から反発が相次いだので、2001年に老人福祉法第5条を改正して、9月15日を老人の日、9月15日から1週間を老人週間と定めました。


Sponsored Links

歴史

敬老の日は、兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が1947年に提唱した、としよりの日が始まりです。

老人を大切にして、年寄りの知恵を借りて村作りをしようと、農閑期の時で気候も穏やかな9月中旬の15日をとしよりの日と決めて、従来から敬老会を開いていました。

このとしよりの日が、1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、やがて全国に広がることになりました。

その後、としよりという表現は良くないということで改められ、1964年に老人の日と改称されて、翌年に野間谷村からの政府への何度もの働きかけもあり、国民の祝日である敬老の日が制定されました。

敬老の日の祝い膳

由来と対象年齢

最初に9月15日をとしよりの日としたのは、ひとつは593年の9月15日に聖徳太子が大阪の四天王寺に身寄りのない老人を救う為の施設の、悲田院を設立した日にちなみ定めたとする説があり、他には元正天皇が717年に年号を養老として高齢者に贈り物をした日にちなみ定めたとする説や、欽明天皇が養老の滝に御幸した日登する説などがありますが、いずれにしても9月15日を年寄りの日にしたと言われています。

高齢者とは何歳からを指すのかということですが、国連の世界保健機関(WHO)では、

65歳以上の人を高齢者と定めており、老人福祉法の法令においても、65歳以上かどうかによって判別する例が多く見られます。これらのことから、65歳以上が高齢者と考えることが一般的で、敬老の日を祝う対象年齢は65歳以上とすることが妥当だと思われます。

ただ、平均寿命が80歳以上に伸びて来ている現状を考えると、65歳以上という年齢で高齢者と断定するのは、あまり実態に合っていない気もします。実際は、70歳以上か75歳以上くらいが、高齢者と呼ぶに相応しいかもしれません。

一般的には、老人という定義は個人により考え方が違うので、何歳からとは限定できないという意見もありますので、各個人の気持ちを尊重することも大切だと思います。

まとめ

としよりの日
歴史はその時代の人間の伝統の継承ですが、膨大な歴史も、個々の人間が創意工夫を重ねて子孫にその成果を受け継いでいくことで成り立ってきましたし、これからも親から子供へ、子供から孫へとバトンが受け継がれていきます。

老人を敬うことだけでなく、高齢者が長年にわたり積み重ねてきた豊富なノウハウをしっかり受け継ぐという意味でも、意義深い敬老の日を大切にしたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ