梅雨時期に除湿機の効果は本当にあるの?置く場所や使い方でカビから守る!

梅雨の時期は、部屋の中の湿気が気になります。梅雨時期に除湿機の効果は本当にあるのか、置く場所はどこがいいのか、どのような使い方をすればカビを防ぐことが出来るのかなどにつきまして紹介します。


Sponsored Links

除湿機とは?

除湿機 効果
除湿機は、室内の除湿に使用される空気の調和設備です。湿気が多く汗が乾きにくい時の人の不快指数を下げるためや、衣類の乾燥などにも使用されます。

除湿機は、冷却コイルを使用するタイプや化学的な吸湿作用を利用するもの等があります。

冷却方式は、冷凍器によって露点温度以下に冷却して除湿を行うもので、圧縮方式は、圧縮機で家液を圧縮することによって除湿を行います。

吸着方式は、水分を吸着しやすい個体に空気を通過させる事により除湿を行い、吸収方式は、水分を吸収しやすい液体に空気を接触させることによって除湿を行うものです。

家庭用の家電としての除湿機は、冷却方式の直膨コイル方式に相当するコンプレッサー式と、吸着方式のうちのハニカムローター回転式に相当する、ゼオライト(デシカント)式があります。また、コンプレッサーとデシカントを組み合わせたハイブリッド式もあります。

除湿機能だけでなく加湿機能を併せ持つものは、温度調和機と呼び、冷暖房機能まで併せ持っている場合には、エアーコンディショナーに分類されます。

上手な使い方

除湿機のタイプでゼオライト式は、吸湿剤のゼオライトで吸着し、底に温風を当てて水に変え除湿します。もう一つのタイプのコンプレッサー式は、クーラーのように湿った空気を結露させることで湿気を取り除きます。

コンプレッサー式は、室温15度以下では使いにくく、大きくて重く運転音がうるさいというデメリットがありますので、衣類の乾燥の為に普段使うのであれば、必要な場所に持って行けるサイズで、寒くても除湿できるゼオライト式がオススメです。

部屋で洗濯物を干して乾燥させる時の、除湿機の上手な使い方は、出来るだけ風が効果的に洗濯物に当たるようにすることがポイントです。

除湿機は、室内で発散した湿気を回収しますので、効率のよい使い方は、出来るだけ狭い環境で、洗濯物の真下から風が当たるように使うことです。そして、洗濯物全体に風が通ることが、部屋干しの洗濯物を早く乾かすコツです。

梅雨の時期は洗濯物が乾きにくく、部屋干しすると匂いも発生するものですが、そんな時に除湿機を使用すれば、熱は出さずに水分のみを取るので、衣類を傷めずに短時間で乾かすことが出来ます。

洗濯物だけでなく、カビやぬめりに悩まされるキッチンや浴室にも除湿機が重宝です。見落とされがちな玄関や下駄箱にも除湿機を使えば、嫌な匂いから開放されます。

加湿器vs除湿機

Sponsored Links

効果ある置き場所

洗濯物は、一つ一つの間隔をあけてほすことと、窓を開けることや、換気扇を回すこと、扇風機で風をあてることなどで、乾きやすくなります。除湿機を使い除湿機能を高めたい場合は、部屋を閉めきった方が効果的だと思います。

部屋全体の除湿をする時は、除湿機を部屋の中央に置き、押入れなどを除湿したい時や、キッチン、浴室、下駄箱など、その場所の近くに置くのが効果的だと思います。

扇風機を一緒に回すと室内の空気の流れも出来ます。また、洗濯物を置く場所も、部屋の隅より部屋の中央に近い場所に置いたほうが、乾きのためには効果的です。更に、ある程度の間隔をおいて、洗濯物の長さや暑さも交互にすることにより、乾きが早くなります。

除湿機は、どのような方式のものでも、運転すると室温が2度以上上がりますので、そうなることを考えて、干す場所を決めることが宜しいと思います。

まとめ

効果 除湿機
梅雨の時期は、洗濯物が乾きにくく、カビの発生なども気になります。部屋干しの場合には、除湿機なども有効に活用して、洗濯物を早く乾かすことなどで、ジメジメした梅雨を乗り切りたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ