肌荒れを改善する方法は?原因や症状を学び美肌効果!

高級な化粧水を使ったり、保湿を売りにしている化粧品を使ってもなかなか肌荒れが改善しない。空気が乾燥する冬だけでなく、温かい季節になっても肌がカサカサしてしまう。

一生懸命に肌のケアをしているつもりでも、どうして肌荒れが改善しないのでしょう。肌荒れの原因は実はあなたの生活の中に隠れているかもしれないのです。


Sponsored Links

肌荒れの原因

肌荒れ改善
なかなか治らない肌荒れには複数の原因が重なり合っているケースが多くあります。

肌荒れの原因(1)間違った洗顔
肌をゴシゴシとこすらずに泡のクッションでやさしく洗顔をすることが肌に良い。という情報はみなさんご存知かと思いますが、乾燥肌を招いてしまう洗顔のNG行為は他にもたくさんあるのです。
・シャワーを顔に当てる
シャワーを直接顔に当てるのは気持ちが良いので、ついやりがちですが、シャワーの水圧は意外と刺激が強く、温かいお湯は脱脂力が強いので、肌の油分を奪う原因になります。
・洗顔後にタオルで顔を拭く
洗顔後にタオルで顔を拭くときに、タオルと上下に動かしてゴシゴシと水分を拭き取ると洗顔後の敏感な肌に細かい傷がついてしまいます。タオルを使うときは肌を押さえるようにそっと肌をやさしく当てるようにしましょう。

肌荒れの原因(2)間違った肌ケア
洗顔後は化粧水や美容液でうるおいを補給しますが、やり方次第では肌荒れの原因となってしまいます。
・シートマスクや美容液パックを規定時間を越えて貼り続ける
シートマスクやパックはついつい長時間貼っておいたほうが、潤いがしっかりと届くような気がします。しかし長時間シートを貼ったままでいると、シート自体が体温で温かくなり逆に肌の水分を奪って蒸発させてしまう恐れがあります。
・化粧水などを肌に使う前に、手を洗わない
手のひらを使って、化粧水をつける時に手を洗っていますか?お肌のケアをするまでの間に、テーブルを触ったりドアノブを触ったりと手や指は日常生活の中でも雑菌が付きやすい場所。カサついた肌に雑菌が入り込むと炎症を起こしかねませんので肌ケアの前には一度手を洗うように心掛けましょう。

肌荒れにオススメ免疫力アップつや肌スムージー

症状

肌荒れは乾燥による肌のつっぱりや痒みをもたらしますが、乾燥は長期化、慢性化するとさまざまな症状を招きます。

肌荒れとは肌の水分量が低下して、角質層が剥がれることによって、ほこりや紫外線などの刺激が真皮層に侵入するため、痒みや炎症を起こします。

肌荒れによる痒みはどうしても指で引っ掻いたりしてしまうため、爪や手から雑菌が入り込み炎症を起こし始めます。

炎症を起こすと肌が赤くなり始め、その炎症を治すために浸透液(膿のようなもの)が出てきて肌のバリア機能を回復させようとしますが、ここまで肌荒れが進むとアトピー性皮膚炎と呼ばれる慢性化しやすい皮膚炎になってしまいます。


Sponsored Links

改善方法

なかなか治りにくい肌荒れを改善する基本は2つ「体の中からの改善」と「肌の外側からの改善」。

体の中からの改善とは「食生活」と「便秘の解消」です。
肌のバリア機能と潤いをアップさせるには食べ物が大きく関わってきます。肌荒れに良い食べ物はビタミンB2やB6を含む、鶏もも肉、キャベツ、レバー、青魚、手羽先などの食品。肌の水分量をアップするビタミンAを含む、かぼちゃ、にんじん、うなぎなどの食品。これらの食品を意識的に摂取することで、肌にも栄養が行き届き、水分量が自然とアップできます。

また、便秘が長引くと老廃物や毒素が体内に留まることで肌にも毒素が流れこんでしまいます。日常的に便秘気味の人は食物繊維をたくさん摂取して便秘の解消をすることも大切です。

肌の外側からの改善とは「顔まわりの清潔を保つこと」です。
肌荒れで刺激に弱くなった肌にとって、ほこりや紫外線、肌の摩擦、全てがダメージとなります。枕やシーツなどの汚れは寝返りの度に肌に付着しますので、寝具の清潔を保つことは肌荒れ改善には欠かせません。

また、ヘアスタイルによっては髪の毛先がチクチクと肌に傷をつけてしまいますので、頬やフェイスラインに毛先が触れない髪型を心掛けましょう。

まとめ

改善 肌荒れ
一年中肌荒れに悩まされているというときには、原因は乾燥以外にも複数重なり合っているものです。

化粧水や美容液、パックなどのケアも大切ですが、毎日の食生活や身の回りのケアが改善に繋がっています。便秘の改善や食事からのビタミン摂取で、体の中からキレイになることが美肌への第一歩と憶えましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ