読書感想文の書き方にコツはあるの?小学生夏休み定番の宿題を解決!

夏休み・冬休みの宿題の定番である読書&感想文ですが、これが意外と苦手だという子どもさんが多いようです。「感想文を書かなければならない」というのが、プレッシャーになり、本来の目的である「読書を楽しむ」ことができないためでしょう。

結果として、「本を読む」ということに手がつかない、もしくは、本を選べないという状態になっているのではないでしょうか。

これは、「読書感想文」を提出する意味を、子どもにしっかり伝えない学校側にも問題があると思います。

「本を読む」ことで、先人の経験を追体験できること、ファンタジー物語のワクワク感、歴史とその背景を知るなど、さまざまな知識を得ることができます。

「読書は楽しい」ということをまず教えなければなりません。そして、すべての学問の基本は国語力にあり、国語力を養うためには文章の読解力と疑問に思ったことを調べる力、そして自分の思いを人に伝える力を身につけなければなりません。

このような「読書感想文」を書かせる目的が、子どもとその親に伝わっていないのではないでしょうか。


Sponsored Links

読書感想文とは?

読書感想文の書き方
読書感想文とは読んで字のごとく、「本を読んで、自分が感じたこと、思ったことを、文章にする」ことです。

基本的には、楽しい・面白いと思ったこと、もっと知りたいと思ったこと、自分で考えてみたその本の続きなどを文章にします。

疑問に感じて、自分で調べてみたことなどを書くとよりベターです。

書き方のコツ

まずは本選びです。自分(子ども)が楽しく読めそうな本を2~3冊ほど、図書館から借りましょう。

読みはじめたら予想に反して面白くなかった…、ということもありますので、買うよりも図書館で借りることをおすすめします。

図書が指定されている場合もできれば、図書館で借りたいものです。手元に置いておきたい1冊でしたら、どうぞ購入してください。

読書のペースは個人差がありますので、マイペースで行きましょう。

ここからは、読書感想文作成のコツになりますが、読書を中断するときには、面白かったところ、共感できたところ、わからなかったところ(続きを読むとわかるかも?)などをメモしておきましょう。


Sponsored Links

上手に書く為に意識する事

読書感想文はあくまでも「感想」なので、自分の思いを書きましょう。よくみかけるのが、感想文のほとんどがその本の「あらすじ」で最後に「面白かったです」というパターン。これでは、あまり良い読書感想文とは言えません。

前述したように、途中、途中で「面白かったところ」「共感できるところ」「わからなかったところ」をメモしておくと、「何が面白かったのか」「どこに共感できたのか」「なぜわからなかったのか」等を、具体的に文章の一部を参照して自分の思いを書くことができます。

このように、感想のパーツをたくさん集めて、最後に感想文としてまとめます。読みやすい感想文としては、3~4部の構成とすると読みやすくなります。

例えば、「1.はじめに(本の紹介・あらすじ)」「2.面白かった(共感した)ところ」「3.疑問に感じたこと(自分で調べたこと)」「4.まとめ(読後どのように行動したいか等)」という感じです。

賞もとれる読書感想文の書き方

読書感想文マル秘テクニック

『1時間で作成可能!読書感想文、わたしのマル秘テクニック』を公開しましょう。本文は読みません。本のまえがきとあとがき、書評・ブックレビューから、良いところだけを取り出して、前述の3~4部構成にまとめるだけで、あら不思議。読書感想文の完成です。

学校の先生も、本のあらすじは憶えていても、まえがき・あとがきまでは憶えていません。この作戦で読書感想文はすべて乗り切りました。図書の推薦文を参考にしたときは、当然、高評価でした(笑)

ただし、ネットからの丸写しは辞めましょう。すぐバレます。

まとめ

コツ 読書感想文
読書感想文=本のあらすじと勘違いしたようなものがよくあります。全くダメとは言いませんが、それではオリジナリティが足りません。せっかく読書感想文を書くのでしたら、本を読んで感じた自分の思いを表現したいものです。

接続詞でつないだ長文は、主語と述語が曖昧になり、何が言いたいのかわからない文章になりやすいです。一つ一つの文章は短めにして、主語と述語がきちんとつながるように気をつけると、さらに読みやすい感想文になりますよ。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ