夏の腹痛は冬とは違うの?暑い時期の痛い原因と対策を探る!

ついさっきトイレに行ったばかりなのに、突然我慢できないくらい急激な腹痛が…

「最近暑いから、ちょっと冷たいものを飲みすぎたかな?」なんて反省しながらトイレに駆け込む人もいるかと思います。

しかしこの夏に起こる腹痛や下痢は長引きやすく、必要以上に体力を消耗してしまいます。いつもの夏バテだからと軽く考えずに、夏の腹痛と下痢の対策を学んでみましょう。


Sponsored Links

腹痛の原因

夏の腹痛
夏になると頻繁に下痢になる、電車や冷房の効いた建物に入ると急にお腹が痛くなる。夏の突然の腹痛は誰しも一度は体験したことがあるでしょう。

この夏場の急激な腹痛の原因は「冷え」にあります。意外なことに真夏の生活や食事は体を芯から冷やすような環境に囲まれているのです。

夏の冷えの2大原因は「冷房」と「水あたり」。

特に夏場は家庭でも、電車内でもクーラー、オフィスビルやデパートでもしっかりと冷房が効いています。

しかも薄着のまま一日中過ごすため、冷風に肌を直接さらすことになります。体が冷えた状態が続くと全身の血行が悪くなります、すると当然胃腸の血行も悪くなり、消化する力も低下して慢性的な下痢の原因となります。

そして、もう一つの原因水あたりは氷入りの冷たいドリンクやお茶、水の飲みすぎで胃や腸が冷えて消化能力の低下を招きます。また、夏は食中毒の原因菌が繁殖しやすく、弱った胃腸で痛んだ食べ物を食べた結果、急激な腹痛や下痢を招きます。


Sponsored Links

夏と冬の腹痛に違いはあるの?

冷えといえば、夏より冬のほうが気温が低いので、冬に起こる下痢も冷えが原因かと思われますが、冬の下痢の多くは「感染性胃腸炎」と呼ばれるウイルス性の胃腸風邪で、ロタウイルスやノロウイルスといった感染力が強く少量のウイルスが体内に入っただけで発症し、嘔吐や発熱、激しい下痢など、重い症状が特徴です。

一方、夏の腹痛は冷えや水あたりなどで「胃腸の機能が低下したこと」によって起こる腹痛です。しかし、ちょっと調子が悪い程度だと軽く考えてしまいがちなので症状が長期化しやすいのです。

腹痛、下痢になったときの応急処置法

対策

夏特有の冷えによる腹痛には、カイロや腹巻などを使ってお腹まわりの保温を心がけます。

また、冷房の効いたオフィスなどで長時間過ごす場合には、ひざ掛けやカーディガンなどを活用して、冷えた風が直接肌に当たらないようにしてみましょう。

夏の冷えは女性だけはなく、男性も必要以上に体を冷やしてしまいがちですので、夏場は下痢が続くという男性は体を冷やしすぎていないか、一度環境を見直してみみることをおすすめします。

また、冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎは水あたりを起こし、胃腸の動きを低下させてしまうので、水分補給の際はときどき温かい飲み物をゆっくり飲んでみたり、あえて常温のドリンクを飲むなどして胃腸の負担にならないように心がけましょう。

そして、夏に特に注意したいのが食中毒による腹痛や下痢です。
スーパーなどで食品を購入した後は、食材をすぐに冷蔵庫へ入れる、生ものは極力避け、肉や魚は火を通してから食べるようにしましょう。

食中毒が原因の急性の下痢は、下痢止めなど薬を使って無理に下痢を止めようとせずに、腸内に溜まっている食中毒菌を早く体外に排出できるようにしてあげましょう。

下痢は特に脱水症状を引き起こしやすいので、スポーツドリンクをお湯で割ったものなどで水分補給するのも良いでしょう。

まとめ

腹痛夏
冷たいものの取りすぎは良くないと分っていても、夏の腹痛や下痢はなかなか避けては通れません。

万が一、腹痛に襲われたときはお腹周りを締め付けている衣服をゆるめて、腹部を温めると痛みが和らぐこともあります。

突然の腹痛も対策が分っているだけで、気持ちが焦らずに対処できます。それでも痛みや下痢回復しないときには、早めに病院で診察を受けましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ