夏の胃痛は冬とは違うの?暑い時期の痛い原因と対策を探る!

「胃が痛い!」という場面は、あらゆる場所に現れますよね。緊張した時、人前で恥をかいた時、身体が冷えすぎた時、もちろん、食べ過ぎや飲み過ぎの時も、胃がシクシク痛みます。

そんな時、あなたはどう対処されますか?とりあえずは胃薬を飲んで、その場をやり過ごしておく、というのが、一般的な対処法ですが夏の胃痛には、思いがけない原因が潜んでいるのを知っていましたか?早速、チェックしてみましょう。


Sponsored Links

胃痛の原因

夏胃痛
まずは、胃痛の原因を探ってみましょう。

胃痛の根本的な原因は「胃」という臓器が「臓器の中で最も危険と隣り合わせの臓器」だということからきています。「危険と隣り合わせの臓器?」と不思議に思われるかもしれませんが、胃の働きからみてみましょう。

胃の中に食べ物が入ってくると、胃の粘膜に無数に分布している分泌腺から胃酸が分泌されます。げっぷをしたり、吐いたりした時に、酸っぱいものが出てきたことがありますよね。

あれが胃酸です。塩酸と同じ性質があるので、胃の中の食べ物を酸性に保ち、殺菌して腐敗を防ぎます。次に、消化が始まりますが、消化酵素のペプシンがタンパク質を分解します。消化されたものが十二指腸に移動すると、消化活動は終わります。

この一連の消化活動の中に、危険なものがあるのに気が付きましたか?
それは「胃液」と「消化酵素ペプシン」の二つなのです。胃液の酸性度は「強酸性」なので、もし指などにかかると、皮膚が溶けてしまいます。そしてタンパク質を分解する消化酵素のペプシンも肉を溶かす作用があります。

そんな作業が、筋肉の塊である胃の内部でおこなわれているのに、なぜ、胃は解けないのでしょう。

まず胃壁が粘膜に覆われて、胃液が付かないようにしているからです。さらに、胃液を中和する成分も作り出しています。それでも胃壁に傷がつき易いので、細胞増殖を活発にする物質を常に出して、胃壁の損傷をなるべく少なくするようにしているのです。

つまり、「胃」という臓器は、身体に栄養を取り込むためにタンパク質を分解しながら、自身のタンパク質を保護している臓器なのです。この絶妙なバランスが、「危険と隣り合わせ」ということになります。

ですから、緊張したりして、副交感神経のバランスが崩れてしまうと、この防御作用に異変が起こり、胃壁が溶けて、「胃が痛い~」という症状が発症してしまうのです。

夏と冬の胃痛に違いはあるの?

季節による胃痛の原因の違いは、夏は暑さにより身体全身が疲れ、それと共に胃も疲れてバランスを崩す、冬は、寒さのせいで胃の働きが弱り、痛みを感じる、というものでしたが、最近、夏の胃痛に別の原因が出てきました。それは、冷たい食材と冷えた環境のせいです。

冬場、寒さのせいで胃がシクシク痛んでも、温かいお茶やホットミルクなどを飲むと、胃がじんわり温まって、痛みが治まります。

それは、胃の冷えを解消したからです。ところが、夏場は外気温が高いため、どうしても冷たいものばかり摂りがちです。

冷たいものが体内に入ってきて脳は快適さを感じますが、内臓は大変なんです。身体が冷えすぎると、体温を36℃に戻さないといけません。

そのためには、いつも以上に活動して熱量を発生しなければなりません。35℃の外を歩いて汗をビッショリかいてから、28℃の室内に入り、急に汗が引き、そこにキンキンに冷えたビールが入ってくるので、今度は体温を上げないといけない~こんな生活を続けていれば、胃が音を上げるのも、うなずけますね。

Sponsored Links

対策

そこで、夏の胃痛を防ぐためのいちばんの対策は「冷たいものを摂り過ぎない」ということになります。これは、夏バテ予防にもなります。胃の不調は、食欲を落とし、食欲が無くなれば体力も無くなる、という悪循環を招くからです。

「胃が弱ってきたなぁ~」と感じたら、温かいハーブティーがおススメです。胃の血行をよくしてくれます。また、メロン、パイナップル、桃なども胃に優しいフルーツです。冷たい野菜スープや冷たいカレーなども、食欲を回復してくれます。

こうしてみると、ジュースやアイスでなくても、冷やかさを感じる食材はたくさんありますので、一工夫してみましょう。

まとめ

胃痛 夏
最近、「文明の発達のおかげ」ではなく「文明の発達のせい」で、今までは見られなかった身体の変調が現れるようになってきました。

その原因の根底にあるのは「冷え」です。冷えすぎた部屋、冷たい食べ物の摂り過ぎが、様々な体調不良の引き金になっています。季節にそぐわない環境を作ってしまうことが、長い間、その季節に合うように工夫しながら生きてきた人の身体を壊してしまうのです。

今年の夏は、ちょっと冷房の部屋から出て、冷たいものを摂り過ぎないようにして、胃を労わってあげましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ