睡眠の質を高める方法はあるの?意識する事で質を高める事は可能!

ぐっすり眠れた朝は本当に気持ちいいもの。

質の高い睡眠は健康にはかかせません。睡眠の質を高め、快適な眠りを手に入れましょう。


Sponsored Links

質の高い睡眠とは?

睡眠の質を高める
人は一晩にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。浅い眠りのレム睡眠と脳が深く眠っているノンレム睡眠をバランスよく繰り返すのが質の高い睡眠です。ノンレム睡眠時には体の組織の修復を行う成長ホルモンが分泌されています。

脳を深く休ませて体を元気にするためにはこのノンレム睡眠が欠かせません。寝てから3時間が勝負の時間です。この時間にいかに熟睡できるかが睡眠の質を決めます。

どのような状態なら質の高い睡眠といえるかというと

  • すぐに寝つけること。布団に入っていつまでも眠れないとだんだん焦ってきます。 焦りながら寝ても質の高い睡眠は得られません。
  • 一度寝たら夜中に目覚めることなく朝までぐっすり。
  • 朝、気持ちよく目覚めることが出来る。
  • 昼間元気に活動できる。昼間眠くてしょうがないのはぐっすり眠れていない証拠です。
熟睡中

意識して睡眠の質を高める方法

寝る2時間前から寝る準備を始めます。

スマホやパソコンのディスプレイから出る光は睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を抑えてしまうので、少なくとも1時間前には電源を切るようにします。

お風呂は2時間ぐらい前までにすませます。ぬるめのお風呂に入って血行を良くします。入浴で一回上がった体温(深部体温)は寝るまでに徐々に下がっていきます。

人は体温が下がると眠くなるようにできており、熟睡できる準備が整うのです。飲み物はカフェインを避けて、ハーブティーやホットミルクを少量飲むことをおすすめします。

寝室は寝る専用にしてスマホや飲食物の持ち込みをやめた方がいいです。寝室=寝るところというイメージができると入眠しやすくなります。わざわざパジャマに着替えない人も多いようですが、パジャマに着替えるとさあ寝ようという気持ちがオンになります。お部屋も暗くしておいて準備万端に。

気持ちも体もリラックスできる方法を見つけましょう。軽い体操や好きな音楽などは効果抜群です。自分なりの入眠儀式を習慣化すると、すんなりと心地よい睡眠に入っていく事ができます。


Sponsored Links

質の高い睡眠のメリット

脳の活性化
脳の老化を防ぎ脳を若々しく保ちます。判断力、集中力、記憶力もアップします。

疲労回復
睡眠時にしか分泌されない大事なホルモンがあります。深い熟睡状態に大量に放出される成長ホルモンで体の疲労回復を促進します。

免疫力を高める
免疫力は熟睡中に作られます。病原菌と闘う力をもらえるのです。新陳代謝もよくなりガンの予防効果にもなります。体だけでなくお肌の代謝(ターンオーバー)もよくなり美肌づくりに役立ちます。

ダイエット効果
質の高い睡眠をとると脂肪が燃焼し、カロリーも消費しそれだけでダイエット効果があります。もしも睡眠時間が短いと、食欲を抑えるホルモンが少なくなり、食欲を増進させてしまい肥満になる傾向があります。

ストレス解消
熟睡すると嫌な記憶は早く忘れることができ、ストレスに疲れた脳を休ませることができます。脳がリフレッシュすると前向きな気持ちになることができます。

まとめ

質を高める睡眠
質の高い睡眠をとるためには意識して色々な工夫をしてみることが必要だということがわかりました。特に大事なのはリラックスできる環境を整える事です。

熟睡できない人はパジャマだけでなく、布団などの寝室環境を一度見直してみてはいかがでしょうか?また寝る前になにげなくやっている行動にも注意を向けてみると、

質の高い睡眠を得るためのヒントが隠されているかもしれません。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ