ハチに刺された時の対処法はコレ!痛みや腫れ特徴を理解して対策する

キャンプに登山、海水浴などアウトドアへ出掛ける機会の増える季節になると、必ず話題になるのが「ハチ」に刺された被害のニュースです。

遠足やハイキングに出掛けた子供達が集団でスズメバチに襲われたりと大人が同伴していても、ハチの被害は防ぐことが出来ません。

ハチに刺されていますと最悪の場合、死に至る危険もあります。ハチに刺された時の対処法をしっかりと身につけて、万が一の事態にも対応できる知識を学びましょう。


Sponsored Links

ハチに刺された時の対処法

ハチ 対処法
ハチに刺された場合、一番初めにするべきことは「さらなるハチの攻撃被害を防ぐこと」です。

刺して来たハチはまだ近くに飛んでいるのか、ハチの巣は近くにあるのか、ハチが集団で襲ってきているのか…ハチは危険を感じると仲間を呼んで集団で攻撃をしてくる習性がありますので、静かにゆっくりと刺された場所から立ち去るか、近くの建物の中など、まずはハチの来ない安全な場所まで、静かに移動することが大切です。

ハチの襲ってこない安全な場所に避難したら、応急処置を始めます。刺されたハチの種類によっては、患部にハチの針が残ったままになる場合があります。

針が長めに残っている場合は、ピンセットや刺抜きのようなもので引き抜くか、道具が無い場合は、指でつまんで引き抜きましょう。次に刺された患部を水でよく洗い流します。患部は指などでこすらず、水の勢いだけで洗うようにしましょう。

その後、患部の毒を吸い出します。吸い出すといっても「口をつけて吸い出すのはNG」。口にハチの毒が入ってしまうので、患部の毒を体外に出すには、毒を吸い出す専用の吸引器(ポイズンリムーバー)を使うか、患部周辺をつまんで、傷口からハチの毒を絞りだしましょう。

毒を絞りだしたら、患部をもう一度清潔な水で洗い流し、腫れ周辺の患部を冷やします。

一般的な虫刺されの薬があれば、患部に塗ります。抗ヒスタミン系、ステロイド系などの表記がしてある虫さされ軟膏だとなお良いでしょう。

応急処置が終わったら、痛みが引いて来ていても必ず医療機関を受診しましょう。

特に、過去にハチに刺されたことがある人は、刺されてから時間を置いて症状が表れる場合もありますので、皮膚科などでしっかりと処置を受けることをおすすめします。

ポイズンリムーバー

痛みは?腫れ具合は?

ハチに刺された場合に出る、痛みや症状には「ハチの毒そのものによる腫れ、痛み」と「ハチの毒に対するアレルギー症状」に分かれます。それぞれ症状の違いを見分けるポイントは以下の通りです。

ハチの毒そのものによる腫れ、痛み
刺された場所の周辺がぷっくりと腫れて痛みを持ちます。痛みや痒みが数時間から1日、2日続きます。
腫れが引いた後も患部周辺の皮膚が固く、しこりのようなものが残りますが、こちらも3日程度でなくなります。

ハチの毒に対するアレルギー症状
ハチの毒に対するアレルギー症状はアナフィラキシーショックと呼ばれ、ハチの毒に対するショック症状が全身に現れる為、最悪の場合、命の危険に晒されます。

ハチに刺されてから、呼吸困難、脈の乱れ、吐き気、しびれ、体に力が入らないなどの症状が見られたり、痒みやじんましんが患部以外の全身に現れた場合は、応急処置を行いながら、救急車を呼ぶなどして一秒でも早く医療機関に移動しましょう。

アナフィラキシーショックはハチに刺された回数が2回以上の人が発症するもので、ハチに刺された人の約10%程度の人に起こりうるアレルギーです。今まで何度か刺されても発症しなかったという人でも、刺される度にアナフィラキシーショックを起こすリスクは高まりますので充分に注意が必要です。


Sponsored Links

刺されない方法はあるの?

ハチに刺されないようにするためには「ハチを怒らせない、近付かない」ことが大切。

ハチは黒い色を追いかける習性があるので、白や明るい色の帽子や服を着ること。出来れば、長袖や長ズボンなど肌の露出を減らすものおすすめです。

また、ハチは匂いにも敏感なので、香水や化粧品の匂いに過剰に反応することもありますので女性は特に注意しましょう。

そして、なんといってもハチの巣を見かけたら、近付かないこと。ハチが巣を作りやすい木の下などで、大声や大音量の音楽を流さないこと。

自分の近くにハチが現れたら、慌てずにゆっくりと姿勢を低くして、その場を離れること。とにかく、ハチを刺激しないこと、かかわらないことが最大の防衛策なのです。

まとめ

対処法 ハチ
楽しいはずのアウトドアのはずが命の危険に晒されてしまうかもしれない、ハチの恐怖。小さな子供たちは特に楽しさのあまり、無意識にハチを興奮させてしまう可能性もあります。

大人である私たちが、周囲にハチの巣などがないかを確認し、虫刺され用軟膏を常備するなど、刺された場合の対処をしっかりと学んで、アウトドアライフの危険を回避しましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ