台風窓対策はコレ!恐怖の暴風雨はこの方法で防ぐ

台風の発生は、以前は決まった時期でしたが、最近は時期が早まってきています。

台風の恐怖、台風に対して窓対策は必要か、窓対策の具体的な方法、対策することで安心できることなどにつきまして紹介します。


Sponsored Links

台風の恐怖

台風窓対策
近年、地球の温暖化によると思われる異常気象が地球規模で起こっています。日本においても、ゲリラ豪雨や大雪などとともに、巨大台風の接近が起こっています。

国連で開かれている気候サミットでも、温暖化対策が話し合われています。

温暖化が進むと心配なのが、スーパー台風です。スーパー台風は、米軍合同台風警報センターが定めている基準による、1分の平均が最大風速65メートル以上の台風のことです。

台風は、熱帯の海で発生しますが、海面温度の上昇とともに水蒸気の量が増え、放出エネルギーも大きくなります。地球温暖化が進めば、スーパー台風が発生しやすくなります。

世界では、2005年のアメリカ南部のカトリーナや2013年のフィリピンのハイエンが、どちらも風速65メートル以上のスーパー台風でした。

日本でも、風速75メートルを越えるスーパー台風である1959年の伊勢湾台風と1961年の第2室戸台風が、上陸しました。

スーパー台風に襲われると、屋根が吹き飛び、樹木が倒れ、車も横転します。また、窓ガラスが割れるとそこから風が吹き込み、内部が破壊される恐怖があります。

高潮による海水の流入も大きな被害をもたらす恐ろしい現象で、警戒が必要です。

台風窓対策は必要?

台風の対策でも、窓が割れて風が吹き込むことによって起こる被害が甚大なので、特に力を入れた窓対策が必要です。台風に対する窓の対策は、窓が割れることを防止することと、窓が割れた時の被害を最小限にすることがあります。

台風の風により窓ガラスが割れると、まず割れたガラスが部屋中に散乱します。そして、窓ガラスが割れた窓から風が吹き込み、室内の軽いものが飛ぶことにより、人の怪我に繋がったり室内の備品を傷つけたりします。

また、割れた窓からの雨の浸水によって部屋が水浸しになり、家電などが全部ダメになる可能性があります。


Sponsored Links

窓対策具体的な方法

窓ガラスが割れることを防止するには、防風ネットを購入することと、雨戸を閉めることが考えられます。

割れることを防ぐ対策をこうじても、割れることがありますので、ガラスが割れた時に被害を減らすことも考える必要があります。

窓ガラスが割れた時の被害を減らす対策は、まずはダンボールを室内から貼ることです。ダンボールを貼ることで、ガラスの補強と防音の効果が期待出来ます。ダンボールは、窓ガラスのサイズに切り、布テープでガラスに貼り付けて、カーテンもダンボールに貼り付けます。

窓ガラスを割らないためには、庭やベランダに窓ガラスを割るようなものがないかどうかの確認をします。風だけで割れることは少なく、物が当たって割れることが多いからです。

小石や物干し台などの割れる原因になるものを取り除いておく必要があります。サッシが強度の強いものかどうかをチェックすることや、ガラスにフィルムを貼ることも有効だと思います。

[台風・地震対策]窓ガラス飛散防止フィルム実証テスト

対策することで安心出来ること

1995年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災、2012年の茨城県つくば市の竜巻などでは、ガラス被害が多発しております。

自然災害が多い日本では、地震や台風、竜巻などに強い窓ガラスの対策に最優先で取り組む必要があります。

地震対策用の合わせガラスは、ガラスが丈夫で破れにくい中間膜に密着していて、破損しても窓から落ちにくいために、怪我を防ぐことが出来ます。

一方、普通の一枚ガラスは、割れると破片が刃物のようになり、飛び散ると二次災害につながる可能性が高くなります。窓ガラスが割れやすいことは、盗難など防犯上も不用心です。

台風のほか、地震や防犯対策からも、合わせガラスにすれば安心できると思います。

まとめ

台風窓対策
地球温暖化により、スーパー台風の発生が見込まれるようになりました。窓ガラスが割れると、風と水の侵入により甚大な被害を受ける可能性があります。

当面はダンボールなどで防衛することですが、防犯上からも合わせガラスなど割れにくい窓ガラスがオススメです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ