二重あごの原因は?特徴と効果のある解消法はコレ!

久しぶりに撮った自分の写真を見たら、だらしなく映った二重あごが…。

日常生活ではなかなか気が付かない二重あごなどの顔まわりのたるみ。写真を撮られる時などにアゴを引いて映ったつもりが逆に二重アゴを強調してしまい、がっかりするなんて話がよくあります。

二重あごというと顔まわりが太ったことが原因と思われがちですが、二重あごの原因は肥満以外の要素も関わっているって、ご存知ですか?老けてみられる、だらしなく見られてしまう二重あごの原因と解消法をマスターして、スッキリ小顔をゲットしてみませんか。


Sponsored Links

二重あごとは?

二重あご原因
一般的に「二重あご」と呼ばれるものの正体は実は「顔周りのたるみ」。

あごの下に脂肪が付いているだけではなく、フェイスライン全体の皮膚を持ち上げる力の低下によるたるみが、あご下に集中して集まってしまった結果、あごと首の間にたっぷりとした脂肪が目立つのです。

原因

二重あごはいくつもの原因が重なり合って出来ています。

二重あごの原因(1)皮膚と筋肉のたるみ
年齢を重ねると体の筋力が低下するのと同じように、フェイスラインの筋力も低下します。日頃から無表情でいたり、やわらかい食べ物ばかり食べる生活で噛む回数の減少、顔まわりの筋力が低下し、皮膚や脂肪を支えられずにたるみが発生します。

二重あごの原因(2)姿勢の悪さ、猫背
テレビやスマートフォンを見ているとき、気が付いたら首を前に突き出し、背中が丸くなっていませんか?首を前に突き出す姿勢は、あご周りの皮膚を常に引っぱり伸ばし、楽な姿勢をとることで、あご周りの筋力も低下しやすく、二重あごを加速させてしまいます。

二重あごの原因(3)肥満による血行不良
やはり肥満も二重あごの原因です。あごまわりに皮下脂肪が増えると、見た目の厚さが増すだけでなく、首周りの血行も悪くなり、体温の低下やリンパの流れを邪魔するので、脂肪の燃焼が低下するという悪循環を招きます。

二重顎解消フェイスエクササイズ

特徴

二重あごは垂れ下がった皮膚が、初対面の人にだらしない印象を与えやすく、特に女性にとっては老け顔にみられやすいというデメリットもあります。

ダイエットなどで皮下脂肪を減らすことに成功しても、皮膚のたるみもセットで解消しないと垂れ下がったまま残りますので、体重を減らすだけでは解決しないのが、二重あごの厄介なところです。

なりやすい人?

実は意外な人が「二重あごになりやすい人」って知っていますか?それは「下あごが小さい」「あごがシャープな小顔」の人。

小顔は人はやせ型の人が多く、たるみや肥満とは無縁のような印象ですが、あごの骨が小さい人は口の開き方が小さく、噛む力が弱くなってしまいがち。

つまり、顔の筋肉を動かす力が弱いので皮膚のたるみが起こりやすいのです。さらにあごがシャープな分、たるんだ皮膚が見えやすくなってしまうので、余計に二重あごが目立ってしまうのです。

効果ある解消法

二重あごを解消するなら、真っ先におすすめしたいのが「あご周辺の筋肉を鍛えること」。

短時間で出来て、道具は一切必要ない、二重あご解消エクササイズをご紹介します!


Sponsored Links

・今すぐ出来る!二重あご解消エクササイズ
  • (1)背筋を伸ばし、天井を見るように顔をあげます。
  • (2)顔は上を向けたまま、顔全体の筋肉を使うようなイメージで
    「ま」→「い」→「う」の順でゆっくり声を出します。
  • (3)最後の「う」を言う時にくちびるを突き出したまま「う~」と伸ばすイメージで「う」の口を5秒キープします。

この(1)~(3)を一日5セット、時間はいつでも良いのでトライしてみましょう。

早ければ2週間ほどであご周りの引き締まった感じを実感できます。

最初は頬の筋肉や、口周りに疲れを感じるかもしれませんが、それは顔の表情筋がゆるんでいる証拠なのです。

まとめ

原因 二重あご
女性の大敵、二重あごは肥満以外にも、普段のだらけた生活がたるみに繋がってしまいます。

運動が苦手な人や、三日坊主になりがちな人も、お風呂やトイレに入ったら、このエクササイズを一回やる。などのマイルールを作ってみると意外に続けられるかもしれませんね。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ