ダイエット成功後リバウンドしない方法はコレ! 成功を無駄にしない

「ダイエット成功!!」素晴らしい響きですね~

実は、私自身、ダイエットに成功したことはありません。なかなか、長続きしないこともあるのですが、2、3キロ痩せたら、「なぁんだ、痩せれるじゃん!」と安心してやめてしまうので、自然と元に戻ってしまうのです。

ですから、そんな私が、ダイエット成功後の記事を書くのも変な話ですが、ダイエットを成功に導く一助として、今日は「リバウンド」について記事を書きたいと思います。


Sponsored Links

ダイエット後のリバウンドとは?

ダイエットリバウンド
ダイエットをやめると、体重がダイエット前や悪くすると、それ以上に戻ってしまうことを「リバウンド」と言います。

もとは英単語ですが、「リ」は「再び」の意味で「バウンド」は「弾む・跳ね返る」という意味なので、その意味からも「リバウンド」というのは、とてもマイナスな感じですね~

ではなぜ、一生懸命頑張って減らした体重が、やめた途端、元に戻ってしまうのでしょうか?

リバウンドの原因

リバウンドの原因には、そのダイエットの方法にあります。

「えっ~、もしかして私のダイエット方法、間違ってるの?」とがっかりしないでも大丈夫です。今後のダイエットに生かしていけばいいのです。

ではまず、「なぜ、ダイエットが必要なほど太ってしまったか?」に焦点を当てます。もちろん、みなさんご存知でしょうが、その原因は、カロリーの摂り過ぎと運動不足ですよね。

人は別に特別な運動をしなくても、生活するだけでカロリーを消費します。これを「基礎代謝」と言いますが、血気盛んな(?)若者の時には高く、だんだんと年齢を重ねてくると少なくなってきます。

ですから、「若い時、全然運動しなくても太らなかったのに、今は、すぐに太る」というのは、基礎代謝が下がってきているからです。その上に、スイーツだの焼肉だのと、摂取カロリーが増えると、体内に脂肪が蓄積されてしまうのです。

そのため、始めるダイエット。手っ取り早いのが、食事制限。カロリーの低いものを食べたり、置き換えたり、あるいはプチ断食とかもありますね。

体内に入ってくるカロリーが減るので、身体に溜まった脂肪を使い、当然、体重は減ってきます。でも、やめると太りだす。それは、基礎代謝が低いままなのだから当たり前です。

それに食事制限は長くは続けられません。吹き出物が出たり、体調を崩したり、私の知り合いにはみんなの面前で倒れた人もいました。というわけで、やめてしまうと、飢餓状態に置かれた身体が、どんどん脂肪を吸収して、リバウンドを起こしてしまうのです。

では次に、ちょっとお金がかかるけど、サプリメントダイエット。実は私も、トマト何とかだの、しょうが何とかだの、サプリメントを飲んでみましたが、私には効果がありませんでした。

でも、効果があった方。そのサプリメントによって、カロリーを燃焼しやすい体質に変わったのなら、リバウンドの可能性も低いですが、サプリメントの効果によって、カロリーを燃焼しているのなら、やめたら元に戻るのは当然ですね。

じゃあ、他に道は無いので、運動をしましょう。ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、ジム、水泳など、いろいろの運動系ダイエットがありますが、ここで気を付けて欲しいのが、「この運動でどれだけのカロリーを消費するか」ということではなく「どれだけ筋肉がつくか」という点です。

ここでやっと登場した「筋肉」。これがリバウンドしないためのキーワードです。脂肪が多い身体は、自分でも重たく、なかなか運動に適していません。ですから日常生活でも動くのが億劫ですが、筋肉がついてくると、この運動機能も増加し身体も動きやすくなるので、基礎代謝が上がり、さらに運動を続けることで太りにくい体質に変えていくことが出来るのです。

ですから、「食事などからのカロリー摂取に気を付けながら運動することで、内臓脂肪等が減り、身体の筋肉も太くなることで、代謝効率が良くなる」というのが「リバウンドしない身体になる」ための条件となるのです。


Sponsored Links

リバウンドのリスク

ここで「リバウンドしても、またダイエットすれば大丈夫じゃない?」という方もいるかもしれませんが、たび重なるリバウンドには、恐ろしいものがあるのをご存知ですか?

食事制限などのダイエット方法をすると、「ホメオスタシス」という身体のエネルギー消費量を減らす機能が働き始めます。

入ってくるカロリーが少ないので、使うカロリーも少なくしようという、身体の自然な防御反応なのですが、何度もダイエットを繰り返すうちに、このホメオスタシス機能がますます強力に働くようになります。ですから、ダイエットとリバウンドの繰り返しが、痩せにくい体質を作ってしまうのです。

リバウンドをしない方法

 
「1か月で8キロ減!」などと、CMなどでもありますが、上記の「ホメオスタシス」機能は、1か月に体重の5%以上減ると、最大限に働き出します。

ですから、「1か月に8キロ」痩せてもいい人は、体重160キロ以上の人になります。短期間で急激な減量は、かえって痩せにくくなるので、やめましょう。

また、運動を伴わない、いわば不健康なダイエットは、身体の健康も損ないますので、自分にあった運動を、着実に続けていくことで、リバウンドしない健康な身体を作っていきましょう。

まとめ

リバウンドダイエット
過激な食事制限とサプリメントなどでダイエットに成功しても、お肌はボロボロ、顔色は悪くて、身体もフラフラ、では何の意味もありませんね。

溜めこんだ脂肪を消費し、筋肉に変え、代謝も良くなるようなダイエットをおこなえば、たとえ、体重的にはそんなに減らなくても、ウエストや二の腕などが引き締まってくるので、メリハリのある、健康体を維持できると思います。

さぁ、私も挑戦!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ