自動車税を滞納するとデメリットはあるの?正しい知識で誠実な国民に!

自動車税は、日常生活の経費としては高額で負担になります。

自動車税とは、支払い方法は、クレジット払いは可能なのかどうか、滞納した場合のデメリットなどにつきまして紹介します。


Sponsored Links

自動車税とは?

自動車税滞納
自動車税は、地方税法に基づいた道路運送車両法の規定により、登録された自動車の置き場のある都道府県から、所有者に課される普通税の税金です。

自動車税は、車検税とは異なり、車検を受けるかどうかに関係なく納税義務があります。また、駐車場に置いたままでも、道路運行税ではないので納税義務があります。

自動車が信販会社のローンで売買される場合は、買主が所有者とみなされて自動車税を納付することになります。

税率は、自家用、営業用、特殊な用途などに区分されて、総排気量、総積載量、乗車の定員などに応じて定められていますが事業用や特殊な用途の8ナンバー車が低い税額であるのに対して、自家用は高額です。

支払い方法

自動車税の支払いは、毎年4月の時と車の購入の時の2つのケースがあります。

毎年4月の時は、納税通知が4月1日現在の車の所有者に送付され、4月の下旬から5月の上旬頃までに届きます。その納税通知で指定された金融機関やコンビニエンスストアなどで、納税期限の5月末までに自動車税を支払います。

自動車税の納税通知書には自動車納税証明書がついており、自動車の車検の際に使用しますので、大事に保管しておくことが必要です。

新車の購入時や中古車の購入時にも、自動車税を支払うことが必要です。

支払いは、自動車の登録の時に、登録月の翌月から年度末の3月までの分を残りの月数に応じて支払います。

自動車税のキャンペーンキャラク

クレジット払いは可能なの?

自動車税が、クレジット払い可能かどうかは、住んでいる地域によって差がありますので、住んでいる地域の支払い条件を確認する必要があります。

自動車税の他に、水道料金などの公共料金や固定資産税などの税金が、クレジットカードで支払うことが出来るようになったところもありますが、地域によってはクレジットカードでの支払いが不可能なところもありますので、注意が必要です。

まずは、自分が住んでいる自治体でクレジットカードでの支払いを取り扱っているかどうかしらべてみることが必要です。

一般的には、クレジットカードでの支払いを取り扱っている自治体が、まだまだ少ないのが現状です。

Sponsored Links

滞納した場合のデメリット

自動車税を滞納した場合は都道府県によって対応が違いますが、およそ2年か3年滞納が続くと、財産の差し押さえになります。

自動車税の利用目的は道路整備のためという大義名分はありますが、実際に道路整備に利用されているのは30%程度で、約70%は福利厚生施設や公園、交番や消防署、地方公務員の無駄遣いという自動車と無関係な所で使われ、批判を浴びている面もあります。

自動車税を滞納した場合のデメリットは、まず車検に必要な書類が整わず、車検が受けられなくなるために、公道を運転できなくなる可能性が出てきます。

また、車を売る時も自動車納税証明書が必要ですので、売却出来なくなる恐れがあります。

自動車税を滞納したままにすると、督促状が届き、県税を徴収する担当課の職員からの連絡や訪問があり、差し押さえ通知書が届き、財産が差し押さえられます。

まとめ

滞納 自動車税
自動車税は、基本的にはきちんと支払うべきものだと思います。しかし、自動車税という名前通りの自動車に関係することに使わずに、無関係なことに使用することは、いかがなものかと言わざるを得ません。

自動車の所有者に高い税金を設定して、最終的に差し押さえなどの強制的な措置をするのであれば、使用目的などを明確にして、税金の正しい運用をすることが前提であると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ