レギュラーガソリンとハイオクの違いは?メリットとデメリットを調べる

ガソリンは、車で毎日のように使う燃料なので、性能や価格が気になります。ガソリンとは何か、レギュラーの特徴は、ハイオクの特徴は、各ガソリンのメリットとデメリットは何かについて紹介します。


Sponsored Links

ガソリンとは?

レギュラーガソリンとハイオクの違い
ガソリンは自動車用として最も多く消費され、ガソリンスタンドで販売されています。JISのK2202によって規格化されていて、冬の低い温度の時にもエンジンが始動することや、夏の高い温度でもガソリンが気化して吹き出す現象のパーコレーションを起こさないことや、腐食性がないことなどが要求されています。

日本のガソリンは、最も多く消費されているのがレギュラーガソリンです。他の国でも、経由・灯油との識別や区別のために着色されていますが、日本のガソリンはオレンジ色に着色するように定められています。

レギュラー特徴

日本のガソリンで最も多く消費されているのがレギュラーガソリンで、ガソリン、レギュラー、ノーマルガソリンなどとも呼ばれます。

レギュラーとハイオクの違いはオクタン価の違いで、レギュラーの場合のオクタン価は90から96になっています。

オクタンは、ガソリンに含まれる物質で、炭素と水素の化合物の炭化水素です。

炭化水素は極めて燃焼しやすい物質で、オクタンの価はガソリンの中に含まれるイソオクタンを基準にしています。

イソオクタンが安定して燃焼するので、ガソリンに含まれるイソオクタンの割合が大きいほうがオクタン価の高いガソリンで、逆に耐ノッキング性能の低いオクタン系の物質がガソリン中に含まれるとオクタン価が低くなります。


Sponsored Links

ハイオクガソリンの特徴

ハイオクとは、レギュラーガソリンより高いオクタン価を持つガソリンのことで、高オクタン価ガソリン、プレミアムガソリンなどとも呼ばれます。

ガソリンスタンドでは、それぞれの石油会社によって、独自の商品名が付いていています。

高オクタン価というのは、石油燃料を内燃機関で燃やした時に、ノッキングと呼ばれる障害を起こしにくい、アンチノッキング性の度合いが高いことを示しています。

ハイオクのガソリンの場合、オクタン価は96以上なければならない決まりがあります。スタンドで販売されているハイオクのガソリンは、オクタン価が98から100のものがほとんどです。

セルフのガソリンスタンドの使い方

各ガソリンのメリットとデメリット

ハイオクとレギュラーのガソリンは、ハイオクのガソリンがオクタン価100前後であるのに対して、レギュラーのガソリンのオクタン価は90から96くらいであり、オクタン価で差があります。

ハイオクのガソリンの方が、アンチノッキング性などで優れており、より車の性能を引き出すので、パワフルで快適な運転が楽しむことができると言われております。坂道などで比較すると、パワーの差がはっきりすると言われています。

ただ、レギュラーのガソリン仕様の車にハイオクのガソリンを入れても、性能や燃費が向上するとは一概に言えないと思われます。

基本的に、レギュラーのガソリン仕様の車はレギュラーのガソリンを入れた時に最適のパフォーマンスを発揮するように設計されているので、ハイオクを入れたら、性能が上がるどころか、調子が悪くなり燃費も下がる可能性があります。

逆に、ハイオクの仕様車にレギュラーを入れても、レギュラーを入れた時の点火セッティングが行われているので、実害がないようになっています。

いずれにしても、ハイオク車もレギュラー車も、指定燃料を入れるのが無難のようです。

まとめ

レギュラーガソリンとハイオクの違い
ガソリンは、使用目的によって、ハイオクを入れるかレギュラーを入れるかに分かれます。

車も、はじめからハイオク仕様の車とレギュラー仕様の車に分かれています。それぞれの車の使い方でガソリンも使い分けて、最適なドライブを楽しみたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ