軽油をガソリン車に入れたらどうなる?車両炎上の可能性はあるのか!

最近は、バスやトラックなどだけでなく、自家用車の軽油車も多くなってきつつあります。

軽油とは、軽油とガソリンの違い、間違えて入れてしまった場合の対処法、車両炎上の可能性はあるのかどうかなどについて紹介します。


Sponsored Links

軽油とは?

軽油とガソリン車の違い
軽油とは、原油から精製される石油製品の一種で、ディーゼルエンジンの燃料として使用されるので、ディーゼル燃料とも呼ばれます。

原油の蒸留の沸点範囲が180から350°C程度の石油製品で、主成分は炭素数が10から20程度のアルカンです。本来無職ですが、出荷前に精製会社により異なりますが、エメラルドグリーンなどに着色されます。

大型車を中心とする自動車や鉄道車両、船舶用のディーゼル燃料が日本の軽油の消費量の約95%を」占めますが、建設機械や農業機械の燃料、窯業や鉄鋼用の燃料などにも使用されています。

軽油は、高出力で燃費が良いので、負荷の大きいバスやトラック等に向いており、ガソリンより税金が安いメリットもあります。

西ヨーロッパでは、日本や北米に比べると、ガソリンに対する価格的なメリットがなく、車両価格もガソリン車を上回るにもかかわらず、自家用車のディーゼルエンジン搭載車両の割合が高い傾向があります。また、引火・爆発の危険性が低いために洗車や軍用車両にも使われています。

軽油とガソリンの違い

ガソリンも軽油も元は同じ石油です。違いは、蒸留して作られる時の採取温度の違いです。

ガソリンは、石油を熱して30°Cから230°Cの間で発生する蒸気から採取され軽油は180°Cから350°Cの間で発生する蒸気から採取されるので、ガソリンは低い温度で蒸発して常温常圧でもよく燃えるのに対して、軽油はより高温高圧の場合によく燃える特性を持っているという違いがあります。

軽油は、高温高圧での特性は優れているが、低音に弱いと言われています。そこで、季節ごとに軽油の成分が変えられており、約5種類の軽油が販売されています。

間違えて入れてしまった場合の対処法

ガソリン車に軽油を入れると、次第にノッキングと黒煙が激しくなってきて、力も落ちて最終的にはエンジンが停止します。

早めに気づいてエンジンを停止すれば、プラグのみの交換で済みますが、気付かずに重症になってしまうと、ヘッドを分解して、抜き取りと洗浄が必要な事態になります。

軽油社にガソリンを入れると、次第にノッキングと白煙が激しくなってきて、力が落ちてきて最終的にはエンジンが停止します。

こちらのケースは、ガソリン車に軽油を入れた時とは違い、潤滑不足によって燃料ポンプと噴射ノズルが破損し、酷い時はヘッドにヒビが入りますので、非常に高額の修理費用が発生する可能性があります。


Sponsored Links

車両炎上の可能性はあるの?

ロックバンドの犬神サアカス團の車が、ガソリンスタンで給油していて、レギュラーと軽油を間違えて入れられて、炎上して火事になったことがあり、話題になっています。

犬神サアカス團が2015年5月に、大阪市阿倍野区のライブハウスでライブを行うために、高速道路に乗って大阪に向かっていて、サービスエリアのガソリンスタンドで、レギュラーガソリンの給油を頼んだところ、手違いがあり軽油を入れられたということです。

犬神サアカス團の機材車が炎上中の写真が掲載されていますが、煙だらけで激しく燃えていることがわかります。幸い、無事に鎮火して怪我人もいなかったということです。

ごく最近の事例で、レギュラーガソリンと軽油を間違えて入れると、炎上することがあるということが証明されました。

犬神サアカス團

まとめ

ガソリンと軽油車の違い
日本でも、西ヨーロッパのように、自家用車のディーゼルエンジン搭載車両が増えてきたことで、ガソリン車と軽油社の区別がしにくくなってきたことや、セルフの給油スタンドが多くなってきて、給油に慣れていない人も給油することなどで、ガソリンと軽油の給油を間違える危険性が高まってきています。

危険な車両トラブルや事故に繋がりますので、給油の際は充分な注意をして給油したいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ