お月見は何故団子を飾るの?由来を調べて季節イベントを楽しむ

8月と9月はお月見の月です。お月見とは何か、由来はどういうものか、団子を飾る理由は何かなどについて紹介します。

Sponsored Links

お月見とは?

お月見団子由来
お月見は、日本では旧暦8月15日から16日の夜と、旧暦9月13日から14日の夜に行われますが、一般的には8月15日と9月13日のお月見が多いようです。

旧暦の8月15日は、中秋の名月、十五夜、芋名月などと呼ばれ、団子や餅、ススキ、サトイモなどをお供えして、月を鑑賞することが通常のパターンです。

旧暦8月の中秋に対して、旧暦の7月は初秋、旧暦の9月は晩秋になります。9月13日は、十三夜、後の月、栗名月と呼ばれ、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。

今でも、十五夜も十三夜も、縁側に月見台を用意して、月見団子と秋の七草である、ふじばかま、おみなえし、つた、萩、ききょう、なでしこ、すすき、をかざり、収穫物を供えるという、本格的なお月見の行事を実施する家も地方にはあります。

十五夜をしたら十三夜も両方しなければならないとされている地方もあり、片方だけの月見をするのは、片見月と呼ばれて、災いが来るということで、嫌う風習もあるようです。

十三夜の風習は中国にはなく、日本独自のものです。

由来

お月見は、奈良時代から平安時代のはじめ頃に、中国から伝わってきたと言われており、かなり古い時代に伝わった風習です。

その後に秋の収穫祭と結びつき、収穫に感謝する意味を持つ行事になります。満月に豊作を祈願して、団子やススキ、サトイモなどを備えるようになったのです。

月見団子の数は、地方によっては、十五夜には15個、十三夜には13個を積み上げることが決まっているところもあるようです。

しかし、他にも説があり、満月の数ということで12個を供えるとしているところもあります。その場合、平年は12個ですが、閏年は13個になります。

お月見の由来で中国の有力な説の一つは、里芋にまつわるものです。昔の中国では、月見の日に里芋を食べる習慣があり、お月見の日が収穫祭であったと言われています。そして、中国では次第に宮廷行事としてお月見が行われるようになります。

日本に伝わってからは、貴族たちの間で、直接月を見るのではなく、船に乗って水面にうつる月を楽しみながら歌を詠む舟遊びが流行していたようです。

ススキは、切り口が鋭いことから魔除けになり、お月見で供えたススキを家の軒先に吊るしておくと1年間病気をしないという言い伝えがある所もあり、すぐに捨てずに庭やベランダや軒先に差したり吊るしたりして、しばらく残しておく場合もあるようです。

中秋の名月に飛行機通過

団子を飾る理由

当初は、里芋などの芋類と豆類が月に対してのお供え物でした。その後、米を使って月に似せた丸い形の団子もお供えするようになりました。

団子を山の形に盛ることも意味があり、団子の先端が霊界に通じると考えられ、団子により収穫の感謝の気持ちを月に伝えていたと考えられます。

お月見は収穫を祝う行事で、平安時代から既にお月見が行われていたことが、古い文献を調べると記述されています。

団子の他に、サトイモや豆もお供えして、収穫に感謝する気持ちでお月見をすることをオススメします。

Sponsored Links

体験談

今はお月見の風習はありませんが、幼少時に地方に住んでいた時は、お月見の風習があり、立派な台の上に、団子や芋類、豆類が並べられ、ススキなども飾ってあった記憶があります。

日本の行事や伝統が残されるとすれば、地方であり、都会では忘れ去られている気がします。

まとめ

団子 お月見
十五夜に収穫に感謝しながら団子を楽しむ風習は、日本ならではの味わい深さがあります。

行事として仰々しくは出来ないにしても、せめて団子などを用意して、十五夜の季節を感じながら、中秋の名月を鑑賞したいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ