お盆の由来と歴史!お供えには意味があるの?

7月と8月は、お盆の時期になります。お盆とは何か、由来はどういうものか、歴史は、お供え物はどういう意味があるのかなどについて紹介します。

Sponsored Links

お盆とは?

お盆由来
お盆には、新のお盆と旧のお盆がありまして、それぞれ期間が異なります。

東京都や一部の地域では7月がお盆の時期になり、地方では8月にお盆を迎えるところがほとんどです。新のお盆は、7月13日から16日がお盆の期間となり、一般的なお盆休みとなる旧のお盆は、8月13日から16日までがお盆の期間になります。

2015年の、月遅れのお盆とも言われる旧のお盆は、8月13日(木)が盆入りとも呼ばれる迎え日、8月14日(金)が中日、8月16日(日)が盆明けとも呼ばれる送り日となります。

一方新のお盆は、7月13日(月)が盆入りと呼ばれる迎え日、7月14日(火)が中日、7月16日(木)が盆明けと呼ばれる送り日となります。

8月15日と7月15日につきましては、地域の風習などにより8月15日と7月15日の捉え方が違ってきます。

16日に送り火をするのであれば、8月15日、7月15日はお盆の中日になります。

15日に送り火をするのであれば、8月15日、7月15日はお盆の送り日になります。

送り火は、15日か16日のどちらかの夕方に火を焚くことになります。

由来

日本のお盆は、正式名称を盂蘭盆会と言いますが、仏教に神道の祖先崇拝や豊作への感謝する儀礼などの様々な風習が組み合わせられて形作られたものと考えられます。

お盆休みの週間は、奉公人が主人に休暇をもらって里帰りをする藪入りが起源であるとする説や、仏教で地獄の看守も休みを取る閻魔の賽日がお盆の時期と関連があるとする説などがあります。

お盆の風習は、長崎の精霊流しや京都の五山の送り火が有名ですが、盆踊りも、昔お盆の期間に踊りながら念仏を唱えていた仏教の行事が由来であると言われています。

お盆の「送り火」を、実際にやってみた!

歴史

日本では、朝廷で推古天皇の時代の606年に斎会を設けたのが初めてとされ、斉明天皇の時代の657年に飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたことが伝わっております。

江戸時代以前のお盆の行事は、武家、貴族、僧侶、宮廷の上層階級で催されていて、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。

江戸時代には、庶民の間にも仏壇やお盆の行事が普及し、ローソクが大量生産されるようになったこともあり、提灯がお盆に用いられることが一般的になりました。

盆と正月という言葉もあるように、日本人にとってお盆は大切な行事と考えられています。

江戸時代は、お盆と正月に奉公人が休みをとって実家に帰ることが許される時期で、この時期を藪入りと呼んでいました。

13歳14歳頃から丁稚奉公に出ている職人や商人が、例年藪入りには主人から衣類を整えられ、小遣いをもらって親許に帰ることが出来ました。

この時期は、他家に嫁いだ女性が実家に戻れる時期でもあり、自分が自分の家の先祖都の繋がりを確認する大切な行事でもありました。

お供え物の意味

お盆のお供え物は、ご先祖様が帰ってきた時におもてなしをするという意味があります。お盆のお供えは、五供と言われる香、明かり、花、水、食べ物の5種類をお供えします。

五供にはそれぞれ意味があり、香は線香の香りで、心身を浄化する意味があり、明かりは、ご先祖様の場所を明るくする意味があります。

花は、仏様にもご先祖様にも喜んでもらえますし、水は心が現れる意味があります。食べ物は、私達が普段食べている物を出し、同じものをお供えすることで、ご先祖様との繋がりを確認する意味があります。

線香の煙は香食と言って、ご先祖様にはご馳走だと言われております。

Sponsored Links

体験談

実家が地方なので、旧暦の8月のお盆の経験があります。

家の前での迎え火から始まるお盆の行事は、地方では当たり前にどこの家でも行われていた記憶があります。夏の暑い折に、心に残る思い出として忘れられないものです。

お盆の時期にご先祖様を迎える風習は、日本の大事な行事としていつまでも大切に残していきたいものだと感じます。

お供え物として、少し高級な線香と蝋燭をお供えすることも気が利いています。

まとめ

由来 お盆
お盆の風習は、日本人にとっては、正月と同様に大切なものです。

お盆の期間にご先祖様を供養するのが、人として大事なことだと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ