七五三男の子はいつやるの?正しい知識で成長を祝う!

男の子のお子さんが誕生した後、お宮参り、餅ふみ、端午の節句と子ども時代にいろいろなイベントがありますが、その中でもメインイベントとなるのは、何と言っても「七五三」ではないですか?

でも、やるのは、三歳、五歳、七歳?満年齢?数え年?いろいろ考えると、訳がわからなくなってきました。そこで今回は、男のこの七五三にフォーカスしてみます。

Sponsored Links

七五三とは?

七五三男の子
まず、そもそも「七五三」とは、どういう行事なのでしょうか?

その始まりは、江戸時代の五代将軍徳川綱吉の長男の健康を祈願したこと、と言われる説が有力です。現在では11月15日に、三歳、五歳、七歳のお子さんの成長を祝って、神社等にお参りする行事として行われています。

江戸時代から始まった行事ですので、本来は「数え年」(生まれた時点を1歳として、お正月が来るたびに1歳足していく)で行うものでしたが、今では満年齢でも行われます。

また、それぞれの年齢での謂われもあります。

三歳~「髪置きの儀」
江戸時代、三歳までは髪を剃っていたので、それを終了し、これから髪を伸ばし始めるという儀式。男の子、女の子、両方で行う。

五歳~「袴儀」 
男の子が袴を着始めるという儀式。男の子のみ行う。

七歳~「帯解きの儀」
女の子が、大人と同じ、幅の広い帯を使い始めるという儀式。女の子のみ行う。

さらに、「七五三」のため神社にお参りした際に、欠かせないアイテムとなっているのが「千歳あめ」です。

これも、江戸時代から伝わるものですが、鶴や亀、松竹梅などの縁起の良い図柄が書かれた袋に、紅白のそれぞれの色で着色された細く長い飴が入っており、親が子供の長寿を願うものとされています。

男の子はいつ?

以上から、男の子が「七五三」を行うのは、三歳と五歳の時になりますが、地域によっては、五歳しか行わない場所もあるので、五歳の時だけするか、三歳の時もするかは、夫婦間や、それぞれのご両親(おじいちゃん、おばあちゃん)と話し合って決めた方が、のちのちトラブルの元にならなくていいと思います。

準備はいつ頃からやるの?

まずは、家族みんなでお参りできる日を決めて、そこからいろいろな準備にかかるのが良いと思います。神社へのお参り以外に「七五三」に関してやりたいこと、例えば、紋付き袴を着ての写真撮影、親族を招いてのお食事会、逆におじいちゃん、おばあちゃん宅の訪問などをしたい場合は、写真館や食事会場の予約等、早めにしていた方が、会場が無いとか、日程が合わない等のトラブルに巻き込まれずに済むと思います。

また、紋付き袴をレンタルする際には、早い所では、1年前からの予約を受け付けているところもありますので、チェックしておきましょう。

Sponsored Links

体験談

私は七歳の時、「七五三」をしてもらいましたが、夫の実家では「七草祝い」をするということで、我が家の男の子3人とも、数え年の七歳の時の1月7日に「七草祝い」をしました。そう、1月7日の「七草」と言えば「七草がゆ」を食べる日で有名ですよね。

夫の実家の辺りでは、その日に、神社に家族でお参りをして、そして七軒の知り合いの家に、重箱を持って行って、ご飯茶わん一杯分ぐらいずつの七草がゆをいただき、それを帰ってから食べるというしきたりがあったのです。

三番目の子どもまでは実家の近くに住んでいたので、お願いする7軒のお宅を探すのも問題はなかったでしたが、末っ子が「七草祝い」をする時は、夫の転勤で家族みんなで与論島に住んでおり、そこで「七草がゆ」を作っていただくお宅を7軒見つけるのは、ちょっと大変でした。でも、最後の7軒目の方が、七草がゆだけではなく、すごいご馳走を作って待っていてくださって、とても感謝した覚えがあります。

「七五三」とは全く関係なしの余談でした。

まとめ

男の子七五三
最近はお子さんの数も少なくなり、ご両親ばかりでなく、双方の祖父母も招いてのビッグイベントとして、「七五三」を行う家庭もありますので、その際には早めの準備が必要となりますが、基本的には、お子さんの無事な成長を祝うものですので、大切な家庭行事の一つとして行うのが良いでしょう。

また、11月15日という日付にこだわらず、この前後で、家族みんなが顔を揃えられる日を選ぶことも大切です。

家族で「大きくなったね~」とお子さんをお祝いしてあげることが、いちばんですね。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ