七五三女の子はいつやるの?正しい知識で成長を祝う!

かわいいお嬢さんが誕生して、お宮参り、桃の節句、そして、何よりも、お父さん、お母さんが首を長くして待っているのが、「七五三」ではないですか?

「えっ!?なぜって?」 だって「七五三」の時、女の子は、王女様にも、お姫様にもなることができるからです。

そう~、女の子を持つご両親は、素敵な晴着をきた愛娘の姿を、一度は見てみたいと思っていますから~

でもちょっと待ってください。「七五三」の本当の意味ってご存知ですか?何歳の時にすればいいのですか?
そんな疑問にお答えします。

Sponsored Links

七五三、女の子と男の子の違い

七五三女の子
そもそも「七五三」とは、何なのでしょうか?

いろいろな説がありますが、いちばん有力な説は、江戸時代の「犬公方(いぬくぼう)」と呼ばれた五代将軍徳川綱吉が、自分の長男の健康を願って神社へお参りしたのが始まり、と言われており、それ以来、子どもの健康な成長を願って神社に参拝する行事となりました。

「七五三」の言葉が、七歳、五歳、三歳を表す言葉であることはご存知でしょうが、では、それぞれの年齢に行われる儀式については、どうでしょうか?低い方の年齢から説明してみましょう。

三歳「髪置きの儀
江戸時代三歳までの子供は髪を剃っていましたが、三歳になり髪 を伸ばし始めるという儀式で、男女ともに行います。

五歳「袴着の儀」
男子が五歳になり、袴の着用を始めるという儀式です。男子のみ。

七歳「帯解きの儀」
女子が七歳になり、これまで来ていた帯が着物についていた衣類に替わって、大人と同じような帯を使い始めるという儀式です。女子のみ。

ですから、これらの年齢に達したお子さんを、それぞれの年齢の儀式に従ってお祝いするというのが「七五三」ということになります。

女の子はいつ?

ということで、女の子の場合は、三歳と七歳が「七五三」を行う年齢だと言えます。江戸時代から伝わる行事なので、もともとこの年齢は「数え年」(誕生した時を1歳とし、それからお正月が来るたびに1歳を足していく)で考えられていましたが、最近では満年齢で行う方も出てきています。

ご両親や、双方のおじいちゃん、おばあちゃんの意見も聞きながら、どちらでするかを決めていけばよいでしょう。

準備はいつ頃からやるの?

女の子の成人式の着物の予約は、もう1年前から始まっていることを知っている方もいるでしょうが、実は、「七五三」の晴着、特に七歳の時の女の子の晴着の予約も、人気のある所では、1年前から始まっている所もあります。

もちろん、夏が過ぎたぐらいに予約しても、まったく晴着が残っていない、ということはありませんが、やはり、かわいい人気のある柄などは、先に無くなっていきますので、早めに予約しておくことが大切です。

ただ、お参りする当日に、着付けをして、写真を撮って、それからお参りをして-となると、お子さんは日ごろ着なれていない晴着を着ているので、移動などがちょっと大変かもしれませんね。

結婚式のように、前撮りしてくれる写真館もありますので、そこは相談してみましょう。主役のお子さんの負担にならないようなスケジュールを組むことが肝心です。きれいな晴着を着せて、連れて回ったために、本人が疲れイヤな思い出の「七五三」になることは、絶対避けなければなりません。

Sponsored Links

体験談

我が家の娘も、夫の実家のしきたりで「七五三」では無く「七草祝い」でした。もちろん、他の「七五三」のお子さんのように、晴着を着せましたが、何とそれは、夫の母、つまり義母が縫ったもので、それを夫の姉が「七草祝い」の時に着て、それからその娘、義母からは孫にあたる子が着て、そしてわが娘に回ってきたものでした。

「他のを借りたい~」と言いたかった私でしたが、当の娘がその着物を気に入ってしまい、それを持って写真館に行きました。
そこで、着付けをされて、化粧をされて、髪もアップにされて、娘はまるで別人に!和傘を傾けて、微笑む姿なぞ「芸能界も夢じゃない?!」という親バカぶりの私でしたが、ふと横を見ると、夫が涙目で(夫は最後まで涙なんか流してない、と言い張っていましたが~)、娘の姿を見ているではありませんか!

「まだ、6歳の娘の晴れ着姿みて、感動してたら、結婚式ではどうすんのよ!」と、心ひそかに思ったものでした。

まとめ

女の子七五三
お嬢さんを持つ家族にとってはこの「七五三」は、成人式に次ぐビッグイベントだと思います。

親も子供と一緒に七五三を一緒に楽しみましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ