お盆のお供えに花を送る場合の決まり事はあるの?

お盆のお供えを何にしようか迷うことも多いと思います。

そこで今回は、お盆のお供えに適している花はどのようなものか、花を贈るタイミングは何時がいいのか、花以外で喜ばれるお供えの贈り物はどのようなものかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

お盆のお供えに適している花は?

お盆 お供え 花
最初に、お供えの花の色ですが、全て白い花でなければならないのか、それとも色を入れても良いのかですが、現在はどちらでも良いのですが、ご霊前かご仏前かにより変わります。

亡くなってから49日以前はご霊前、49日以後はご仏前と言われます。ご霊前である49日前までは、白上がりという、全て白い花を使ったお供え花を供えます。

最近は、全て白を使うということにあまり厳密ではなくなり、白を基調に淡い紫やクリーム、グリーンなども入れることもあります。

コチョウランは非常に高級な花とされており、アレンジメントに入れる時もありますが、その場合は値段が15,000円以上になる商品が多くなります。

ユリは香りが良く花持ちもいいので、お供え花として贈る方も多くなっています。

トルコキキョウは茎に何本も花が付いていてボリュームが出る花なので、洋風のお供え花に使われます。デルフィニュームは、色がついたお供えの花として貴重であり重宝されます。

カスミソウもお供えによく使用される花で、アレンジメントでソフトな感じが出ます。

花を贈るタイミングは?

お盆にお供えの花を贈るタイミングは、お盆前日が適切なタイミングです。お盆は地域により時期が異なるので、届ける前に時期を確認することが必要です。

ご仏前として自宅へお届けする場合は、5,000円から10,000円くらいの花束やアレンジメントに、故人を偲ぶメッセージを添えたりしますと、気持ちが伝わります。

法要にお届けする場合は、15,000円くらいの供花台の付いたアレンジメントに名札を立てて、お盆に入る前日にお届けするのが宜しいと思います。

花以外で喜ばれるお供えの贈り物は?

花以外のお供え物の贈り物は、お菓子、線香、果物などが喜ばれるようです。

お菓子は、和菓子のセットやクッキーの詰め合わせ、野菜果物チップスなどがあります。

線香は、自分の身を清めるためや、仏様の食事という意味の他に、線香の香煙を通じて仏様とお話することであるとも言われており、お供えの贈り物として最適のものです。

深みのある伽藍に白檀・生薬系香料のスティックのものや、長く愛されてきた伝統的な香りのものなど、色々なセットが揃っています。

季節の果物の他、フルーツゼリーなども、お供えとして相応しいと思います。

お供え物は、仏式の場合、果物(フルーツ)やお菓子など、故人が好んだ食べ物や、線香や蝋燭を贈ることが出来ますが、肉や魚などの生ものは贈り物に適していません。お供え物には、水引を使用して、かけ紙に御供、御霊前と書き、下段に名前を書きます。

神式の場合、果物やお菓子、お酒、食べ物等をお供えします。線香、蝋燭は適しません。キリスト教は、基本的には生花のみと言われています。

お盆のお供えにおすすめ!

Sponsored Links

体験談

お盆のお供え物として、お花の他に、高級な線香と蝋燭のセットを送り、喜ばれたことがあります。デパートなどで、普段使用しているものとは異なる線香と蝋燭のセットが購入できますので、お供え物として試してみたら如何でしょうか。

香りが通常のものと違って、素晴らしいので、亡くなった故人の霊を慰めるには相応しい贈り物ではないかと思います。

まとめ

花お盆お供え
お盆の御供は、色々なしきたりや作法も大事ですが、お供えする人の気持が最も大切だと思います。亡くなった故人を忍び、心からのご供養をする際の御供ですので、故人が好きだったお供え物などを、気持ちを込めてお供えすることが宜しいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ