さんさ踊り!2015年の日程と時間は?見どころも紹介!

8月の東北は、短い夏を惜しむお祭りで賑わいます。かつては“青森ねぶた祭り”“秋田竿灯祭り”“仙台七夕祭り”が東北三大祭りと言われていましたが、近年は、“山形花笠祭り”と岩手県盛岡市の「さんさ踊り」を加えて「東北五大祭り」と呼ばれています。

別に、福島県を仲間外れにするつもりはありません。“郡山市うめね祭り”“福島市わらじ祭り”“相馬追分”などを加えた「東北六大祭り」と呼称する場合もあります。むしろ、首都圏に近い福島の方が有利です。がんばれ福島!

Sponsored Links

どんなお祭り?

さんさ踊り 2015年
「盛岡さんさ踊り」は、会社仲間、学校などの有志によるチーム参加が基本です。各チームは太鼓・笛・踊り手で構成し、盛岡市の中央通りをパレード形式で踊りながら行進します。

中でも、一つの祭りに参加する太鼓数(1万個オーバー)は、ギネスブックにも認定され、世界一を誇ります。太鼓は各自が身に付ける形のため、参加チームが年々増加するにつれ、太鼓数も増加の一歩をたどっています。それに伴いお祭りの規模も、日程を増加するほど拡大中です。

最終日は、各チームの太鼓だけが参加する、圧巻の“世界一の太鼓パレード”が観覧できます。その後、自由参加の大輪踊りが行われ、個人参加もOK。飛び入り大歓迎です。

観るだけでは飽き足らないという、アクティブなあなたは、最終日まで観覧しましょう。〆のお食事は、盛岡名物、わんこそば、冷麺。

歴史

南部藩の時代から盛岡近郊で多彩で伝統的な「さんさ踊り」が行われていましたが、1978年に統合し観光イベント化され、現在の「盛岡さんさ踊り」の形になりました。札幌の「よさこい・ソーラン祭り」と並んで、比較的新しいお祭りです。

主催者・地元マスメディアのPRにより年々知名度が上昇し、2007年に世界一の太鼓祭りとしてギネス認定を受けブレイクしました。

開催場所・問い合わせ先

「盛岡さんさ踊り」の開催場所は、盛岡市中央通りです。お問い合せは、“盛岡さんさ踊り実行委員会”TEL:019-624-5880へお願いします。

なお、本祭開催前日、お昼からJR盛岡駅前で行われる前夜祭は、盛岡商工会議所青年部催事委員会の主催です。前夜祭では、「さんさ踊り」の講習会も行われます。こちらのお問い合せは、盛岡商工会議所TEL:019-624-5880までどうぞ。

日程・時間

「盛岡さんさ踊り」は東北五大祭りの口火を切る8月1日~4日の開催です。「さんさパレード」は18時スタート、輪踊りは20時半ころから始まります。

パレードの順番などの詳細は、“盛岡さんさ踊り実行委員会”TEL:019-624-5880で確認できます。

規模

2014年は、観客136万人、参加団体260弱、34,500人と過去最多を記録しました。

天候に恵まれてこともありますが、今年も多数の参加者、来客が予想されます。宿泊・交通の予約はお早めに、どうぞ。

Sponsored Links

見どころ

 
「さんさ踊り」は、魅せる・参加するところが、見どころの一つ。中でも、最終日に行われる「世界一の太鼓パレード」が最大の見どころと言えるでしょう。

盛岡さんさ踊りギネスに挑戦

会場へのアクセス

会場の盛岡県庁前の中央通りへは、JR東北新幹線の盛岡駅が直近です。東京駅からの所要時間は2時間少々。

自動車でご来場の際は、東北自動車道盛岡インターチェンジから約5km(10分弱)です。

会場周辺は交通規制がありますので、駐車場は事前に確かめておきましょう。

まとめ

さんさ踊り 2015年
「盛岡さんさ踊り」は、比較的歴史の浅い新しいお祭りで、参加チーム・参加者ともに増加中です。今後、さらに大規模になっていくと予想され、予約が困難になるかもしれません。

「世界一の太鼓パレード」を観に行くのでしたら、今のうちがチャンスです。今年の夏の予定が未定のあなたは、是非、「さんさ踊り」へ。涼しい東北で、お待ちしてます。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ